レディオヘッドの“Creep”を最も好きな世代を明らかにした調査が話題に

ジェンダーと世代別での音楽の趣味に関する新たな調査によれば、レディオヘッドの“Creep”は38歳の男性に最も人気があるという。

セス・スティーヴンス・ダヴィドヴィッツは『ニューヨーク・タイムズ』に寄稿した文章のなかで、ブルース・スプリングスティーンの『明日なき暴走』について自身は好きなのに、弟は好きじゃないと意見が別れたことから、今回の調査が始まったと説明している。

「なぜ弟と私は音楽で意見が合わないのか、データが明らかにしてくれると私は考えたのです」と彼は述べている。「特に生まれた年が自身の聴く音楽に与える影響がどれだけのものか、世代が違うと音楽に対する趣味がどれだけ異なるのか、見てみたかったのです」

セス・スティーヴンス・ダヴィドヴィッツはスポティファイのデータで年齢別に最も聴かれている楽曲を解析し、女性は13歳の時に聴いた音楽に最も強く影響を受けるとのことで、男性は14歳の時に聴いた音楽が大人になっての音楽の趣味に影響を与えるという。

今回の調査によれば、レディオヘッドの“Creep”は他の年齢やジェンダーに較べて、38歳の男性に最も人気があるという。“Creep”は38歳の男性にとって164番目に人気の曲だったが、その前後10年に生まれた世代では上位300曲にも入らなかったという。38歳の男性は“Creep”がリリースされた1993年は14歳だったことも指摘されている。

セス・スティーヴンス・ダヴィドヴィッツはザ・キュアーの“Just Like Heaven”が41歳の女性に最も人気がある曲であることを発見しており、これはリリース当時11歳になるという。また38歳の男性は1997年発表のサヴェージ・ガーデンの“Truly Madly Deeply”も、他の年齢やジェンダーに較べて好んでいるという。

「今回の調査は大人になった私たちの多くが思春期の最初の段階で魅了された楽曲から離れられないことを示しています」と彼は述べている。

調査のページはこちらから。

https://www.nytimes.com/2018/02/10/opinion/sunday/favorite-songs.html

関連NEWS

  1. Thom Yorke

    RadioheadのThom Yorke、ラグ&ボーンの新たな動画に音楽を提供

  2. レディオヘッドのジョニー・グリーンウッド、サウンドトラックから新曲が公開

  3. Johnny-Greenwood

    RadioheadのJohnny Greenwood、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のサントラが初のアナログ盤に

  4. Thom Yorke

    Thom Yorkeら、気候変動に対する取り組みについて偽善的だとする批判に反論する公開書簡を発表

  5. Thom Yorke

    Thom Yorke、初めて手がけたクラシック楽曲の音源がラジオで初放送されることが明らかに

  6. Radiohead

    Radiohead、2018年にサンパウロで行われた公演が配信

  7. レディオヘッドのトム・ヨーク、アルゼンチン公演でハプニングから“The Gloaming”をアカペラで披露

  8. Radiohead

    Radioheadら、『ジュールズ倶楽部』に出演した時の映像が公開

  9. RadioheadやThe Cure

    RadioheadやThe Cure、ロックの殿堂入り式典で紹介役を務める人物が明らかに

  10. Thom Yorke

    RadioheadのThom Yorke、Massive AttackとAll Points Eastで競演へ

  11. Radiohead

    Radiohead、BBCによる投票で『OKコンピューター』が90年代のアルバムのトップに

  12. マムフォード&サンズ、レディオヘッドの“All I Need”のカヴァーを披露

  13. レディオヘッド、映画『007』のために書いた“Spectre”をバンドとしてライヴで初披露

  14. Radiohead

    Radioheadのフィリップ・セルウェイ、ドラム・クルーが亡くなったステージ崩壊事故の審問で証言

  15. Radiohead

    RadioheadのThom Yorke、米TV番組で新曲“Plasticine Figures”を披露

  1. Billie Eilish

    Billie Eilish、10月にフィギュアが発売されることが決定

    2020.09.27

  2. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、アメリカの音楽業界における性対象化について語る

    2020.09.27

  3. Taylor Swift

    Taylor Swift、UKのレコード店にもサイン入りCDを送ったことが明ら…

    2020.09.27

  4. AC/DC

    AC/DC、新たなMVを撮影する写真がオンラインに

    2020.09.27

  5. Black Sabbath

    Black Sabbath、『パラノイド』の50周年盤が4枚組CDでリリースされ…

    2020.09.26

  6. Pantera

    Pantera、ラスト・アルバム『激鉄』の20周年記念盤がリリースされる…

    2020.09.26

  7. Whitesnake

    Whitesnake、新編成のベスト盤第2弾『ラヴ・ソングス』が11月にリリ…

    2020.09.26

  8. R.E.M.

    R.E.M.のMichael Stipe、あらためてドナルド・トランプ大統領を批判

    2020.09.26

  9. Yungblud

    Yungblud、セカンド・アルバムのリリースを発表&新曲が公開

    2020.09.26

  10. Prince

    Prince、『サイン・オブ・ザ・タイムズ』の再発盤より“I Need A Man…

    2020.09.26

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01