GLAY・TAKURO、ソロアルバムオフィシャルインタビューと特典絵柄を公開

TAKURO

GLAYのTAKUROが12月14日にリリースする、3rdソロアルバム『The Sound Of Life』に向けたオフィシャルインタビューが公開された。
今作は全曲ピアノで作曲を行い、初の試みとなるヒーリングミュージック集となっている。
今、TAKURO自身が一番求めていた音楽は、激しいロックではなく、心癒されるミュージックであり、何故彼が今作を作り上げたか、このインタビューからは紐解く事ができる。

合わせてCDの先着予約購入特典の絵柄もオフィシャルホームページで公開されているので、是非そちらも合わせてチェックしてもらいたい。

■■TAKURO オフィシャルインタビュー
https://www.glay.co.jp/feature/TSOL#interview

■アルバム『The Sound Of Life』誕生のきっかけ
2月24日、コロナ禍に追い打ちを掛けるようにして起こった、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻。きっと皆さんも同じだと思うんですが、沈んでいた僕は、自分の気持ちを上げてくれるような、「今、欲しい」と思える音楽を求めてピアノに向かいました。血が流れているところに絆創膏や包帯を巻くようなイメージで、「このメロディーだと傷が癒えそうだ」とか「止血可能だ」とか、心の中で判断しながら。すると、メロディーが生まれるたびに自分が元気になっていき、癒やされていくのを実感したんです。世の中の煩わしいことを忘れるぐらい無我夢中で楽しんで集中して、作曲は4日で終わりました。ピアノだけでアルバム全体の曲づくりをしたのは初めてで、ギターのようには弾けないから不自由ではあるけれど、それが楽しかったし、自由でもあった。奇跡の4日間でした。

■ヒーリング・ミュージックの大家、ジョン・ギルティンとの出会い
作曲したデータを、ロスの知り合いに紹介してもらったジョン・ギルティンに送り、やり取りを重ねていきました。キーボーディスト、作曲家として早くから活躍していたジョンは、‘80年代には中島みゆきさんを中心としたニューミュージックの方々と関わりを持っていて、日本での全国ツアーやレコーディング経験も豊富。ここ10年来はヒーリング・ミュージックの世界に主戦場を置くグラミー賞受賞アーティストであり、商業的なポップミュージックの向こう側にある壮大な音楽世界を知っている、大先輩ですよね。ジョンが送り返してくれるサウンドには、ピアノだけじゃなくて雨音や虫の鳴き声といった環境音が加えられていて、届くたびに作品の方向性が定まっていって。「自分の今一番聴きたい音楽は、これかもしれない」と思えたんです。これまでの僕のソロ2作『Journey without a map』と『Journey without a map Ⅱ』はジャズやブルースがテーマでしたが、今作はそれとは全く違う。自分の心の根本の部分にある辛さみたいなものが「慰めを欲しがっていたんだな」と、出来上がって改めて感じています。

■ナイロンギターへの挑戦、“時間”という概念
最初はギターを入れるつもりは一切なく、今回はあくまでも作曲家として関わっていこうと考えていたんですが、ジョンが「お前も弾いたほうがいいよ。ナイロンなんかいいんじゃないか?」と言うんです。それで急遽ギターセンターに行って買ったナイロンギターを弾いています。プレイの拙さ、未熟な部分が露わになってしまうことに尻込みしたけど、結果的に入れて良かったな、新しい扉をジョンが開いてくれたな、と感謝しています。レコーディングにしても、GLAYとは違ってクリックを一切使わなかったから、ジョンのグルーヴに合わせていくのは大変で。追い越したり逆に遅れたりしてズレるのを繰り返すうちに、ふと「それで何がダメなんだ?」と思い至って。“時間”というのは人間がつくった概念で、自然というものは決まった時間、テンポでは動かないですよね。今回はそういった自然に身を委ねる、素直になるのもいいんじゃないか?と。自由とは何か? 不自由とは何か?を改めて考える貴重な経験にもなりました。 

■ロスのミュージシャンたちとの出会い
「Red Sky」は、リード曲でありながら、このヒーリング・アルバムの中では異質な曲かもしれません。曲を書き始めたばかりの頃に抱いていた無力感、焦燥感、憤りが色濃く出ているから、心掻き毟られるようなメロディーの運びになっているんですよね。ロスで撮影したこの曲のミュージックビデオには、ジョンと、やはりグラミー賞受賞アーティストであるチェリストのEru(Matsumoto)ちゃんも参加してくれています。彼女とは共通の知人を介して親交はあったんですが、今回のアルバムに参加してもらえないか?というオファーを快諾していただけて。レコーディングでは、その圧倒的な才能に畏怖を感じました。ジョンが呼んでくれたベーシストのLe(Leland Sklar)さんも、‘60年代から活躍していて、僕の好きなジェームス・テイラーのアルバムに参加していたような本当にすごいアーティスト。年齢は70代後半だったはずですが、出てくるアイディアは若いし、生き生きとしていて。ロスはミュージシャンの土壌が肥えていて本当に層が厚いので、そういった自分の将来の指針となるような存在にも出会えるのがうれしいですね。

■戦場に送り出した、帰らぬ家族を待ち続けて
インストゥルメンタル作品ですが、1曲だけ、「In the Twilight of Life(featuring Donna De Lory)」は、メロディーをつくったら同時に歌詞も出てきてしまったので、「歌う必要があるのかな?」と。ジョンに相談したら知り合いのシンガーを何人か紹介してくれて、その中で僕のイメージに圧倒的に合うのがDonnaの歌声でした。この曲の主人公は、自分の家族を戦場に送り出す側の人物。送り出した後、報せのある無しに関わらず、帰ってこなかった人の話も当時たくさん本で読んでいたんです。そういった、戦時に身を置いた人たちのその後の人生だとか、全てを表現してくれる人としてDonnaはピッタリだった。彼女はいろいろな経験をしてきて、いろいろな顔を持つシンガーだから、歌詞の意味も理解してくれた上で更に深い物語を与えてくれました。キャリアの浅い人だったら満足できなかったかもしれないですね。

■ソロで得たこと、GLAYに還元できるもの
『Journey without a map』『Journey without a map Ⅱ』では、ギタリストとしての表現の幅が大きく広がったし、今回は作曲家として学ぶことがとても多かったと思います。GLAYもいよいよ後半戦がスタートして、「これからいつまで、どれぐらいのパフォーマンスができるのか?」を逆算しながら考えるようになりました。ここ最近のGLAYは4者4様の広がりがあって、実験段階のプロジェクトも多く、「往年のGLAYの曲づくりをやっていれば大丈夫!」なんて思っているメンバーは一人もいません。それぞれ自分の新たな引き出しを開けて曲づくりをしているし、それをGLAYが全部飲み込めているのもまた面白いんですよね。悪食というか、胃袋がデカいというか。だから、今回のようなヒーリング・ミュージックのアプローチを僕がもしGLAYに持ち込んだとしても、たやすく飲み込まれるんじゃないかな?と思っています。

■眠れぬ夜に
音楽で戦車は止まらないし、ミサイルも止まらない。人の命も救わないけれど、何かしら人の気持ちを変えるきっかけにはなると思う。虚しいけれど、音楽というのはやっぱり、やりがいのある不思議な仕事ですよ。このアルバムに込めた僕のメッセージは、一つしかないんです。日々疲れている方々、不安を感じている方々、やるせない想いをしている方々……僕自身もそうですが、このアルバムを聴いて「眠れ!」「熟睡せぇ!」(笑)。頭の中でいろいろなことが駆け巡って眠れない夜があるとしたら、スマートフォンを遠くに置いて、これを聴けば1曲目で眠れますから。皆さんにとって癒しの塊みたいなアルバムになってくれたなら、僕としてはうれしいですね。

■■TAKURO 『The Sound Of Life』■■
配信:https://orcd.co/tsol
特設サイト:https://www.glay.co.jp/feature/TSOL

関連NEWS

  1. GLAY

    GLAY、新曲『JUST FINE』のティザー映像をYouTubeにて公開

  2. GLAY、今年も「ザ・プレミアム・モルツ」のコラボが決定!GLAY缶のデザインも公開

  3. GLAY

    GLAYがテーマ曲を担当するアプリゲーム『ブラッククローバーモバイル 魔法帝への道 The Opening of Fate』が5月25日(木)より正式サービス開始

  4. TAKURO

    GLAY・TAKURO、3rdソロアルバム発売日にTERUとのインスタライブが決定!収録曲「Red Sky」のMVも公開

  5. GLAY 観客に驚きのプレゼントも、ヒルズアリーナでスペシャルライブ開催

  6. GLAY

    GLAYが30年間で発表した全CDジャケット・MVを徹底解剖した 「GLAY CREATIVE COLLECTION 1994-2024」を5月25日発売決定

  7. GLAY

    GLAY、最新シングルに収録される110分におよぶ特典映像のダイジェストを公開

  8. GLAY

    GLAY、62ndシングルでENHYPEN・JAYとのコラボレーションを発表

  9. GLAY

    GLAY「REVIEW Ⅱ〜BEST OF GLAY〜」発売日が3月11日(水)に決定

  10. GLAY

    GLAY、フリーライブに向けた謎のカウントダウンを、さらに一つ解禁

  11. GLAY

    GLAY30周年記念プロジェクト「GLAY 30th Anniversary Project sponsored by Amex」スタート

  12. GLAY

    GLAY、10月のライブツアーで新曲「Only One,Only You」を初披露することが決定

  13. GLAY、昨年開催された函館ライブのダイジェスト版配信決定

  14. GLAY

    GLAY、7月2日(火)に57thシングル『G4・Ⅴ-Democracy 2019-』発売決定

  15. GLAY

    GLAY・TAKUROソロライブ“Journey without a map 2019”羽田空港内での開催決定

  1. Paul Weller、The Beatlesの解散は「正しいタイミング」だったと語る

    2024.05.20

  2. Bon Jovi

    5月21日は「ボン・ジョヴィの日」!当日21時からYouTubeで特別番組…

    2024.05.20

  3. Bruce Springsteen

    Bruce Springsteen、コンサートのドキュメンタリー作品が配信される…

    2024.05.20

  4. Billie Eilish

    Billie Eilish、ドラマ『ハートストッパー』シーズン3のトレイラー…

    2024.05.20

  5. ニューノーマル

    チェ・ジウ7年ぶりのスクリーン復帰作!ミンホ(SHINee)、P.O(Blo…

    2024.05.20

  6. Shygirl

    Shygirl、ニュー・シングル「Encore」がMVと共に公開

    2024.05.20

  7. Chance The Rapper

    Chance The Rapper、「Together」がMVと共に公開

    2024.05.20

  8. Queen

    『QUEEN ROCK MONTREAL』が5月24日から30日に全国のIMAXで再上映さ…

    2024.05.20

  9. 氷川きよし

    氷川きよしデビュー25周年 「氷川きよしリクエストベスト」今秋発売

    2024.05.20

  10. Kings of Leon

    Kings of Leon、新作より「Ballerina Radio」を披露したライヴ映像…

    2024.05.20

  1. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  2. SUMMER

    SUMMER SONIC 2024、「Spotify RADAR:Early Noise Stage」に12組が…

    2024.05.16

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  7. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、タイムテーブルを発表

    2024.04.16

  8. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  9. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  10. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13