ジミー・ペイジ、レッド・ツェッペリンの再結成ライヴの可能性について語る

レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジは再結成ライヴの可能性について語り、バンドがもう一度一緒にやることは「極めて難しい」と語っている。

レッド・ツェッペリンは1968年に結成され、1980年に解散している。以降、4度しか一緒にパフォーマンスを行っておらず、最後は2007年となっている。

昨年、結成50周年を記念して「ありとあらゆる驚くべきこと」が起こるとジミー・ペイジは語っており、、3月23日に『伝説のライヴ─HOW THE WEST WAS WON』のニュー・エディション盤がリリースされることが発表されている。

今回、ジミー・ペイジは『プラネット・ロック』誌に再結成ライヴの可能性について語り、50周年を記念したライヴは実現しなさそうだと語っている。

「極めて難しいと思うね」とジミー・ペイジは語っている。「事実と向き合わなきゃいけないよ。02のライヴからも10年以上が経っているんだからね。あの時は一夜限りで本気のコンサートをやってみたわけでね。言えるのは僕らがやったのは随分前だということでね。だから、更にやるのは極めて難しいと思うよ。その時は逃してしまったんだと思うんだ」

インタヴューの中でジミー・ペイジは今年さらにライヴ・アルバムがリリースされると語っており、今後10年にわたって更なる音源を公開していくことを計画しているという。

「秘密を明かすことはできないんだけどさ。でも、リリースしようと思っている別のマルチトラックの音源があるんだ」と彼は語っている。「これまで出ているものとはまったく違うんだ。『伝説のライヴ─HOW THE WEST WAS WON』や『永遠の詩(狂熱のライヴ)』と較べても違う視点なんだよね。みんなに聴いてもらえるのが楽しみだよ。リリースされるたくさんのものがあってね、いくつかリリースがあるんだよ。これらが今後10年間で出ていくと言っておきたいね。きっともっとリリースされていくものがあるよ」

一方、ロバート・プラントはジミー・ペイジと一緒に何かに取り組むかどうかは「まったく分からない」と語っている。「想像するのさえ支持できないね」

インタヴュアーがファンは今もバンドを「心の中で大切に思っている」と指摘すると、ロバート・プラントは次のように応じている。「僕もだよ。僕以上の人はいないね。でも、ひどいものにしたくないんだよ」

関連NEWS

  1. Robert Plant

    Robert Plant、アイスランドのフェスで“Immigrant Song”を23年ぶりに披露

  2. Led Zeppelin

    Led ZeppelinのJimmy Page、2019年の展望を語る

  3. Jimmy page

    Jimmy Page、ロックダウンの間は毎日ギターを弾いていたと語る

  4. Led Zeppelin、バンドの歩みを振り返るヒストリー動画の第7〜8弾が公開

  5. レッド・ツェッペリン、初の公式ヴィジュアル・ブックの更なる詳細が明らかに

  6. Robert Plant

    Robert Plant、ソロ・キャリアを振り返るアンソロジー作が発売決定

  7. Led Zeppelin

    Led Zeppelin、バンドの歩みを振り返るヒストリー動画の第3弾が公開

  8. ロバート・プラント、ツェッペリンの再結成を実現させたら自分は「売春婦」だと語る

  9. ロビー・ウィリアムス、自宅の改築を巡ってジミー・ペイジと再び争うことに

  10. Robert Plant

    Led ZeppelinのRobert Plant、新たにポッドキャストを開始することが明らかに

  11. Jimmy Page

    Led ZeppelinのJimmy Page、著書『アンソロジー』のトレイラー映像が公開

  12. JasonBohnam

    Jason Bohnam、Led Zeppelinの今後のためにプロジェクト名を変更した経緯を語る

  13. Jimmy page

    Led ZeppelinのJimmy page、新型コロナでライヴへの復帰を考えさせられたと語る

  14. ロバート・プラント、レッド・ツェッペリンを完コピする8歳の日本人少女のドラムプレイを称賛

  15. RobertPlant

    Robert Plant、John Bonhamの死後にソロ・キャリアに乗り出した当時を振り返る