Taylor Swift、作品を作れば作るほどプレッシャーは少なくなると語る

Taylor Swift

テイラー・スウィフトは新たなインタヴューでソングライティングがやりやすくなっていることについて口を開き、より自立したプロセスになったことで新しいアイディアに取り組みやすくなったことに気づいたと語っている。

テイラー・スウィフトは『ヴァラエティ』誌の毎年恒例企画「ディレクターズ・オン・ディレクターズ」でイギリス人映像作家&劇作家のマーティン・マクドナー(『ハングメン』、『イニシェリン島の精霊』)と対談している。

両者は『レッド(テイラーズ・バージョン)』に合わせて公開されたテイラー・スウィフトが監督を手掛けた“All Too Well”のショート・フィルムについて語り、テイラー・スウィフトは「これまでミュージック・ビデオで扱ってきたのとは違う形にする」のが最初の目的だったと述べている。

「これまで起用していなかったリナ・ヤンを新たに撮影監督に起用したいと思いました。35mmフィルムで撮りたくて、セイディ・シンクとディラン・オブライエンを念頭に置いて書いたんです」

その後、話題はテイラー・スウィフトが出演してきた映像作品へと移り、自身のミュージック・ビデオや2009年にカメオ出演した2本の映画『ジョナス・ブラザーズ ザ・コンサート 3D』、『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』、そして2010年に俳優として出演した『バレンタインデー』を振り返っている。最も直近の出演作はクリスチャン・ベイル、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンと共演した『アムステルダム』となっている。

俳優としてのキャリアは監督としての活動にも影響を与えているかとマーティン・マクドナーに訊かれると、テイラー・スウィフトは次のように答えている。「シンガーとしての仕事のあらゆる側面が監督としての在り方に影響を与えています。自分も時々、非常に短期間で映画に出演しましたが、気持ちよくやってほしいなとは思っています。モニターを観られるようにしてほしいとか、設定について知りたいとか、それはできるようにしてあげたいと思います」

「自分たちがどんな物語を語っているのか分かると、それは役に立つと思うのです。脚本も分からず、誰も物語の筋も知らないものにも参加したことがありますが、自分の関わっているプロジェクトを秘密にしておきたいのと同じくらい、一緒に作っている人を信頼して、なぜ重要だと思うのかを伝えなければいけないとも思います」

本日33歳を迎えたテイラー・スウィフトは22歳の時に『レッド』をリリースしているが、過去10年間におけるソングライティングの進化について訊かれると、テイラー・スウィフトは次のように説明している。「今はクリエイティヴ面でより自由さを感じています。これまでよりも速いペースでアルバムを作れていて、それは作品を作れば作るほど、プレッシャーが少なくなるところがあるんだと思っています」

「自分としては今はそういう時期ですね。みんな、それぞれで、5年ごとにアルバムを作って、それが素晴らしく、うまくいく人もいる。そういう在り方も尊敬しています。でも、自分としては今はより作っているほうが満足しています」

テイラー・スウィフトはクリエイティヴなプロジェクトのために日々のスケジュールを割り振ることはないとして、自身のアイディアは「許可を取らずに押し通す類のもの」だと語っている。そのため、曲作りのプロセスはあらかじめ決められた一つの方法を適用することはないとテイラー・スウィフトは説明している。「歌詞が既にあるメロディーの断片が浮かぶこともあれば、言葉があって、それを書き残して、後で使うこともあります」

「ピアノのところに行って録音して、思い出すというメロディーもあります。でも、書けば書くほど、アイディアが出てくるのです。今はそんな感じです」

先日、テイラー・スウィフトはサーチライト・ピクチャーズで長編映画を監督することが明らかになっている。テイラー・スウィフトは映画のためにオリジナルの脚本を書いたとのことで、プロットや登場人物などの詳細は明らかになっていない。

サーチライト・ピクチャーズの取締役であるデヴィッド・グリーンバウムとマシュー・グリーンフィールドは次のように述べている。「テイラー・スウィフトは一世一代のアーティストにしてストーリーテラーです。彼女が新たなクリエイティヴの旅路へと踏み出すのにあたってコラボレーションできることは純粋な喜びにして特権です」

関連NEWS

  1. Taylor Swift

    Taylor Swift、今年のレコード・ストア・デイで全世界のアンバサダーを務めることに

  2. Taylor Swift

    Taylor Swift、大学進学への資金を援助した学生が感謝の気持ちを語る

  3. Ed Sheeran、Taylor Swift

    Ed Sheeran、Taylor Swiftの再録盤のためにヴォーカルをレコーディングする映像を公開

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、新作『Midnights』の全曲のトラックリストを公開

  5. Taylor Swift

    Taylor Swift、33歳の誕生日をスタジオで過ごしたことが明らかに

  6. Taylor Swift

    Taylor Swift、テネシー州のトルネードの被害者を支援するために100万ドルを寄付

  7. Taylor Swift

    Taylor Swift、『レッド』の再録盤のリリースが1週間前倒しされることに

  8. Taylor Swift

    Taylor Swift、ファンの婚約パーティーでサプライズのパフォーマンスを披露

  9. St. Vincent

    St. Vincent、Taylor Swiftに料理を教えてもらった逸話を語る

  10. Taylor Swift

    Taylor Swift、30歳になる心境をインスタグラムで語る

  11. Taylor Swift

    Taylor Swift、過去音源の権利をスクーター・ブラウンが売却したことに言及

  12. Taylor Swift

    Taylor Swift、映画『キャッツ』の撮影で大量のプレゼントを配っていることが明らかに

  13. Taylor Swift

    Taylor Swift、「Anti-Hero」と「Bejeweled」の日本語字幕付きビデオが公開

  14. Taylor Swift

    Taylor Swift、『Speak Now』再録盤のトラックリストを公開

  15. Taylor Swift

    Taylor Swift、TikTokで初めての投稿を行ったことが明らかに

  1. London Grammar

    London Grammar、来たる新作より新曲「Kind Of Man」の音源が公開

    2024.05.23

  2. Chicago

    Chicago、9月に大阪で単独来日公演の開催が決定

    2024.05.23

  3. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  4. Lady Gaga

    Lady Gagaのコンサートフィルム「GAGA CHROMATICA BALL」がU-NEXTに…

    2024.05.23

  5. 歴代級ヒット!ファン・ジョンミン×チョン・ウソン『ソウルの春』ポ…

    2024.05.23

  6. Katy Perry

    Katy Perry、ソーシャル・メディアのプロフィール画像を変更して新…

    2024.05.23

  7. Slash

    Slash、ブルース作『Orgy Of The Damned』の全曲解説が公開

    2024.05.23

  8. Bon Jovi

    Bon Jovi、来たる新作よりニュー・シングル「Living Proof」の音源…

    2024.05.23

  9. プリンス ビューティフル・ストレンジ

    『プリンス ビューティフル・ストレンジ』著名人コメント到着

    2024.05.23

  10. ブリーディング・ラブ はじまりの旅

    ユアン・マクレガー親子共演の感動作『ブリーディング・ラ…

    2024.05.23

  1. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13