ニール・ヤング、レコード会社が自身のハイレゾ音楽プレイヤー「PONO」を殺したと主張

ニール・ヤングは2014年に自身が手がけたダウンロード・ストアと連動したハイレゾの音楽プレイヤー「PONO」について、事業が軌道に乗らなかったのはレコード会社のせいだと主張している。

ニール・ヤングは2014年、クラウドファンディングで620万ドル(約6億8千万円)の資金を調達して、ダウンロード・ストアと連動したハイレゾ音楽プレイヤーである「PONO」をスタートさせていた。

ニール・ヤングは当時、「音楽のサウンドを救うため」に同サービスを立ち上げたものの、ニッチな事業であったこともあり「PONO」は彼が想定していたほど軌道には乗らず、2016年7月にダウンロード・ストアは閉鎖されている。

ニール・ヤングは今回、「PONO」が軌道に乗らなかったことについて、レコード会社が値段を高騰させたためだと批判している。

「レコード会社が『PONO』を殺したんだ。MP3プレイヤー用のハイレゾ音源の2倍から3倍の金額を要求することによってね」とニール・ヤングは『シカゴ・トリビューン』紙に語っている。「誰が3倍の値段を払うっていうんだろうね?」

「僕の考えとしては、あらゆる音楽は同じ値段であるべきなんだ」とニール・ヤングは続けている。「(ハイレゾの)ファイルを転送するのに余分にコストはかからないんだよ。今はストリーミングの時代で、そういう(認証されていない共有ファイルを使う)問題なんか起こらないっていうのに。ストリーミングできるのに、コピーを欲しいと思う人なんかいないわけだからね」

「レコード会社が、普通の音楽の3倍もの値段をハイレゾに要求して、ハイレゾの音楽を殺したんだ」とニール・ヤングは主張している。「今まで経験した中でも最も馬鹿げたことだよ」

『シカゴ・トリビューン』紙に掲載されたニール・ヤングのインタヴューの全文はこちらから。

http://www.chicagotribune.com/entertainment/music/la-et-ms-neil-young-archives-online-20180214-story.html

ニール・ヤングは昨年、「PONO」に続く新たなストリーミング・サービス、「Xストリーム」を立ち上げることを発表している。ニール・ヤングはシンガポールの企業「オラストリーム」と共同で、「完全なハイレゾ再生」を実現する「帯域幅に順応して変動するストリーミング・サービス」を立ち上げることを発表している。

ニール・ヤングは、「PONO」のコミュニティー・ページで以下のように声明を発表している。「自分は今でもリーズナブルな価格で可能な限り最高の音楽を提供できる場を作り出したいと考えているんだ。これが成功に終わるかは分からないけど、これは依然として自分たちにとって重要な使命なんだ」

「今回のダウンロード・サイトを立ち上げようと別の企業にも協力を仰いだんだ。ただ、事業に取り掛かっていくに連れて、改めて同じような事業を立ち上げることがいかに難しいことか、いかに高額なコストが経営には必要かっていうことを実感したんだ」とニール・ヤングは綴っている

ニール・ヤングは続けて「『PONO』のオンライン・ストアを復活させるだけじゃ不十分」であるとした上で、「PONOには熱狂的な利用者」もいたことは事実ではあるものの、高額のコストを正当化できるわけではないと語っている。「ハイレゾに関して言えば、レコード産業は依然として崩壊してるよ」

関連NEWS

  1. ニール・ヤング、約4年ぶりとなるクレイジー・ホースとのライヴを発表

  2. Neil Young

    Neil Young、1980年代にレコーディングした音源をアルバムとしてリリースすることに

  3. Neil Young

    Neil Young、Bob Dylanとのハイド・パーク公演についてその後の状況を報告

  4. Neil Young

    Neil Young、『After The Gold Rush』の50周年盤のリリースが決定

  5. Neil Young

    Neil Young、未発表曲「Daughters」のMV公開

  6. ニール・ヤング、“Peace Trails”のミュージック・ビデオが公開

  7. Neil Young

    Neil Young 、Crazy Horseとの新作のリリースを発表&新曲のリリースを予告

  8. Neil Young

    Neil Young、自身のサイトに公開した公開書簡の中でドナルド・トランプ大統領を批判

  9. Neil Young

    Neil Young、歴史ある会場で数ヶ月のうちにツアーをやりたい自身の意向を明かす

  10. Neil Young

    Neil Young、マリファナの使用歴のために米国市民権の取得が遅れていることを明かす

  11. Neil Young

    Neil Young、米大統領選を巡って自身のサイトにおいてfacebookとgoogleによるログインを停止

  12. ニール・ヤング、50年以上に及ぶキャリアを網羅した音源をオンラインで無料にて公開

  13. Neil Young

    Neil Young、セッションでBob Dylanの“The Times They Are A-Changin”をカヴァー

  14. ボブ・ディランとニール・ヤング、来夏のハイド・パーク公演で共同ヘッドライナーを務めることに

  15. Neil Young

    Neil Young、1973年に収録された新たなライヴ盤のリリースが決定&1曲の音源が公開

  1. SHAKKAZOMBIE

    SHAKKAZOMBIEのBIG-Oに捧げるトリビュートEP『BIG-O DA ULTIMATE』…

    2021.06.16

  2. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、新型コロナウイルスへの対応についてボリス・ジョ…

    2021.06.16

  3. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、自分が兄弟ともし共作したらナイフで刺してしまう…

    2021.06.16

  4. Fear, and Loathing in Las Vegas

    Fear, and Loathing in Las Vegas、有観客で「The Animals in Scree…

    2021.06.16

  5. BiSH

    BiSH、8/29国営讃岐まんのう公園で「BiSH SPERMS 野外伝 supported…

    2021.06.15

  6. The Offspring

    The Offspring、新作の特製サイコロが当たるキャンペーンの実施が決…

    2021.06.15

  7. ブルーノート・レコード

    ブルーノート・レコード、UTとのコラボレーション・コレクションが…

    2021.06.15

  8. Original Love

    Original Love、デビュー30周年を記念して、デビュー・アルバムを3…

    2021.06.15

  9. Neil Young

    Neil Young、Crazy Horseとの新作に取り組んでいることを明かす

    2021.06.15

  10. Festivals

    イングランドの規制解除延期を受けてフェスティバル協会が声明を発表

    2021.06.15

  1. SUPERSONIC

    SUPERSONIC 2021、海外アーティストを迎えての開催を目指し9月18日(…

    2021.05.31

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、ラインナップ第2弾発表!

    2021.05.21

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

    2021.04.21

  4. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1、第3弾でThe BONEZ、Dragon Ash…

    2021.04.20

  5. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  6. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01