ニール・ヤング、レコード会社が自身のハイレゾ音楽プレイヤー「PONO」を殺したと主張

ニール・ヤングは2014年に自身が手がけたダウンロード・ストアと連動したハイレゾの音楽プレイヤー「PONO」について、事業が軌道に乗らなかったのはレコード会社のせいだと主張している。

ニール・ヤングは2014年、クラウドファンディングで620万ドル(約6億8千万円)の資金を調達して、ダウンロード・ストアと連動したハイレゾ音楽プレイヤーである「PONO」をスタートさせていた。

ニール・ヤングは当時、「音楽のサウンドを救うため」に同サービスを立ち上げたものの、ニッチな事業であったこともあり「PONO」は彼が想定していたほど軌道には乗らず、2016年7月にダウンロード・ストアは閉鎖されている。

ニール・ヤングは今回、「PONO」が軌道に乗らなかったことについて、レコード会社が値段を高騰させたためだと批判している。

「レコード会社が『PONO』を殺したんだ。MP3プレイヤー用のハイレゾ音源の2倍から3倍の金額を要求することによってね」とニール・ヤングは『シカゴ・トリビューン』紙に語っている。「誰が3倍の値段を払うっていうんだろうね?」

「僕の考えとしては、あらゆる音楽は同じ値段であるべきなんだ」とニール・ヤングは続けている。「(ハイレゾの)ファイルを転送するのに余分にコストはかからないんだよ。今はストリーミングの時代で、そういう(認証されていない共有ファイルを使う)問題なんか起こらないっていうのに。ストリーミングできるのに、コピーを欲しいと思う人なんかいないわけだからね」

「レコード会社が、普通の音楽の3倍もの値段をハイレゾに要求して、ハイレゾの音楽を殺したんだ」とニール・ヤングは主張している。「今まで経験した中でも最も馬鹿げたことだよ」

『シカゴ・トリビューン』紙に掲載されたニール・ヤングのインタヴューの全文はこちらから。

http://www.chicagotribune.com/entertainment/music/la-et-ms-neil-young-archives-online-20180214-story.html

ニール・ヤングは昨年、「PONO」に続く新たなストリーミング・サービス、「Xストリーム」を立ち上げることを発表している。ニール・ヤングはシンガポールの企業「オラストリーム」と共同で、「完全なハイレゾ再生」を実現する「帯域幅に順応して変動するストリーミング・サービス」を立ち上げることを発表している。

ニール・ヤングは、「PONO」のコミュニティー・ページで以下のように声明を発表している。「自分は今でもリーズナブルな価格で可能な限り最高の音楽を提供できる場を作り出したいと考えているんだ。これが成功に終わるかは分からないけど、これは依然として自分たちにとって重要な使命なんだ」

「今回のダウンロード・サイトを立ち上げようと別の企業にも協力を仰いだんだ。ただ、事業に取り掛かっていくに連れて、改めて同じような事業を立ち上げることがいかに難しいことか、いかに高額なコストが経営には必要かっていうことを実感したんだ」とニール・ヤングは綴っている

ニール・ヤングは続けて「『PONO』のオンライン・ストアを復活させるだけじゃ不十分」であるとした上で、「PONOには熱狂的な利用者」もいたことは事実ではあるものの、高額のコストを正当化できるわけではないと語っている。「ハイレゾに関して言えば、レコード産業は依然として崩壊してるよ」

関連NEWS

  1. Bob DylanとNeil Young

    Bob DylanとNeil Young、25年ぶりにステージで共演

  2. Neil Young

    Neil Young、Bob Dylanの“The Times They Are a Changin”のカヴァー音源が公開

  3. Neil Young

    Neil Young、音質についての自身の考えを綴った新たな書籍を刊行することが明らかに

  4. Neil Young

    Neil Young、大統領候補のバーニー・サンダースのために演奏した映像が公開

  5. Neil Young

    Neil Young、ドナルド・トランプ大統領を批判する歌詞で“Lookin’ for a Leader”を披露

  6. Neil Young

    Neil Young、セッションでBob Dylanの“The Times They Are A-Changin”をカヴァー

  7. Neil Young

    Neil Young、1980年代にレコーディングした音源をアルバムとしてリリースすることに

  8. ニール・ヤング、50年以上に及ぶキャリアを網羅した音源をオンラインで無料にて公開

  9. ベックとジェニー・ルイス、ニール・ヤングの“Harvest Moon”を満月の空の下でカヴァー

  10. ニール・ヤング、“Powderfinger”のミュージック・ビデオを公開

  11. Neil Young

    Neil Young、大統領選に間に合う形で米国市民権を取得したことを報告

  12. Neil Young

    Neil Young、1973年に収録された新たなライヴ盤のリリースが決定&1曲の音源が公開

  13. Neil Young

    Neil Young、50年間連れ添ったElliot Robertsに追悼の意を表明

  14. Neil Young

    Neil Young、アメリカ国民に対して希望を訴えかけるメッセージを公開

  15. Neil YoungとBob Dylan

    Neil YoungとBob Dylan、アイルランド公演も行うことを発表

  1. Eric Clapton

    Eric Clapton、2019年のクロスロード・フェスの模様が複数形態でリ…

    2020.09.30

  2. BUMP OF CHICKEN

    BUMP OF CHICKEN 新曲「アカシア」がテーマソングを務める ポケモン…

    2020.09.29

  3. Foo Fighters

    Foo Fighters、25周年を記念したマーチャンダイズをさらに販売する…

    2020.09.29

  4. Hudson Mohawke

    Hudson Mohawke、民主党のジョー・バイデン候補の選挙活動動画に楽…

    2020.09.29

  5. Romy

    The XXのRomy、ソロ・デビュー・シングル“Lifetime”をリリース

    2020.09.29

  6. Zayn Malik

    元One DirectionのZayn Malik、女児が生まれて父親に

    2020.09.29

  7. 米米CLUB

    米米CLUB史上初! オリジナル米「米米米 KOME KOME MAI」限定発売

    2020.09.29

  8. Cardi BやLizzoら、ブリオナ・テイラーを銃撃した警官が殺人の罪を…

    2020.09.29

  9. Nine Inch Nails

    Nine Inch Nails、「PANDEMIC 2020」と題した新たな公式マーチャン…

    2020.09.29

  10. Metallica

    Metallica、MLBのジャイアンツ戦前にアメリカ国家を演奏した映像が…

    2020.09.29

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01