ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる

有名ギター・メーカーのギブソンが倒産する可能性があると報じられている。

レス・ポールやSGといった有名ギターを製造しているギブソンはジミー・ペイジやスラッシュ、カルロス・サンタナなど、数々のギタリストに愛されているメーカーとなっている。ギブソンは100年以上前の1902年の創業となっている。

しかし、そのギブソンについて『ナッシュヴィル・ポスト』は次のように報じている。「年間10億ドル以上の収入のある、ナッシュヴィル拠点のこの楽器メーカーが直面している状況は正常とはかけ離れています。CFOのビル・ローレンスは1年を経たずして会社を離れており、6ヶ月後には3億7500万ドルの担保付き上位債が支払期日を迎えます。それに加え、2013年に借りたこの債権が7月23日までに解消されない場合、さらに1億4500万ドルの銀行ローンも支払期日を迎えるのです」

報道を受けて、ギブソンのCEOであるヘンリー・ジャスキヴィッツは『ナッシュヴィル・ビジネス・ジャーナル』に自身の計画を次のように述べている。「株や不動産といった資産、期待するほどの成功を収めていない事業を我々はマネタイズしてきています。これらの資産のマネタイズによって我々は負債を減らし、活況な事業に充てるための資金を生み出すことができます。我々の事業にとって重要なのは財政的な成功に舞い戻ることです。我々の資金繰りにおいて最高の条件を達成しなければなりません」

ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュは昨年、ギブソンの初代グローバル・ブランド・アンバサダーに就任することが決定している。

スラッシュは今後エピフォンやギブソン、ギブソン・カスタムといったブランドで新シリーズを開発していくことになるという。

関連NEWS

  1. アンダーワールド、アムステルダム公演より“King Of Snake”のライヴ映像を公開

  2. RAMMSTEIN

    RAMMSTEINのTill Lindemann、ソロ・プロジェクトより“Ach so gern”のMVが公開

  3. Bruno Major

    Bruno Major、本日24時よりパフォーマンス映像をライヴ配信することに

  4. Why Don't We

    Why Don’t We、最新シングル“Chills”のMVが公開

  5. Rex Orange County

    Rex Orange County、2020年5月に来日公演が決定

  6. アジア中のトラディショナル音楽と食とアートの秋祭! 新宿 ONE ASIA 文化祭 初開催

  7. ポール・サイモン、新作『イン・ザ・ブルー・ライト』の日本盤発売が決定

  8. アット・ザ・ドライヴ・イン、新曲3曲を収録したEPを10インチ限定でリリース

  9. locofrank

    locofrank、今ツアー2020年3/22を最後に21年連れ添ったドラムTatsuyaの脱退を発表

  10. globe 2010年発表のベストアルバムがチャート4位に急上昇

  11. ジャスティン・ビーバー、『パーパス』ツアーのグッズがZOZOTOWN限定企画で販売

  12. ベック、自身がカメオ出演した映画『ザ・サークル』について語った独占インタヴュー映像が公開

  13. 安室奈美恵ラストツアーは70万人動員へ、セトリのファン投票180万超

  14. ポール・マッカートニー、ニューヨーク公演でブルース・スプリングスティーンと共演

  15. HKT48‏田中美久、西野七瀬からの動画に号泣