David Crosbyが享年81歳で逝去

David Crosby

ザ・バーズやクロスビー、スティルス&ナッシュの結成メンバーであるデヴィッド・クロスビーが亡くなった。享年81歳だった。

デヴィッド・クロスビーの妻は声明を出して、訃報を発表している。「大きな悲しみと共に長い闘病の末に愛されたデヴィッド・クロスビーが亡くなりました」

「彼は妻やソウルメイトであるヤンと息子のジャンゴにやさしく囲まれていました。彼はもう私たちと共にいませんが、彼の人間性とやさしい気持ちは私たちを導き、刺激を与え続けるでしょう。彼の栄光はその伝説的な音楽を通して生き続けるでしょう」

妻は次のように続けている。「デヴィッドを知る人々や彼の触れた人々に平穏と愛とハーモニーを。私たちは彼のことを心から惜しむことになるでしょう。今は悲しんで、深い喪失に向き合おうとしているところなので、プライバシーには御配慮いただければと思います。みなさんの愛と祈りに感謝します」

デヴィッド・クロスビーはレス・バクスターのバラディアーズなどで活動した後、1964年にロジャー・マッギン、ジーン・クラーク、クリス・ヒルマン、マイケル・クラークと共にザ・バーズを結成している。彼の在籍期間は短く、1967年にバンドを脱退している。

しかし、その間にザ・ビートルズの影響を受けた初期からサイケデリアに傾倒した時期までを経験しており、1967年の『昨日よりも若く』まで4枚のアルバムをリリースしている。デヴィッド・クロスビーはレコーディングの途中でバンドを脱退したため、通算5作目の『名うてのバード兄弟』にも参加している。

デヴィッド・クロスビーはザ・バーズの最後のアルバムとなった1973年発表の『オリジナル・バーズ』のプロデュースも手掛けている。

ザ・バーズを脱退した後、バッファロー・スプリングフィールドのスティーヴン・スティルスとホリーズのグラハム・ナッシュと共にデヴィッド・クロスビーはクロスビー、スティルス&ナッシュを結成している。3人はセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースして、1969年のグラミー賞では最優秀新人賞を受賞している。2度目のライヴが1969年のウッドストック・フェスティバルで、後にバンド名に名前が加わることになるニール・ヤングとも度々共演を果たしていた。

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング名義も含めて、クロスビー、スティルス&ナッシュは1970年発表の『デジャ・ヴ』や最後のアルバムとなった1999年発表の『ルッキング・フォワード』など、8枚のアルバムをリリースしている。

それ以外でもデヴィッド・クロスビーとグラハム・ナッシュはコラボレーションを行っており、1972年にアルバム『グラハム・ナッシュ/デヴィッド・クロスビー』をリリースしており、その後も2人でアルバムをリリースしている。

デヴィッド・クロスビーとグラハム・ナッシュはスティーヴン・スティルスやニール・ヤングの作品を含め70年代にハーモニー・ヴォーカリストとしても活動し、ジョニ・ミッチェルの“Free Man in Paris”、ジェイムス・テイラーの“Mexico”、ジャクソン・ブラウンの“The Pretender”にも参加している。

デヴィッド・クロスビーは輝かしいソロ・キャリアも送っており、1971年に発表したソロ・デビュー・アルバム『イフ・アイ・クッド・オンリー・リメンバー・マイ・ネーム』は全米トップ20・ヒットとなっている。2014年には『クロズ』で全米トップ40に入って、チャートの上位に返り咲き、2021年にはジョーン・バエズがアートワークを手掛けた最新作『フォー・フリー』をリリースしている。

2019年にはドキュメンタリー『デヴィッド・クロスビー:リメンバー・マイ・ネーム』が公開されており、本作は元『ローリング・ストーン』誌のジャーナリストで、映画『あの頃ペニー・レインと』の監督であるキャメロン・クロウが手掛け、グラミー賞の最優秀ミュージック・フィルム賞にノミネートされている。

デヴィッド・クロスビーは二度ロックの殿堂入りを果たしており、1991年にはザ・バーズで、1997年にはクロスビー、スティルス&ナッシュで殿堂入りを果たしている。

音楽以外ではデヴィッド・クロスビーは俳優としても活動しており、『ジョン・ラロケット・ショウ』や『ロザンヌ』、『エレン』といったテレビ番組にも出演している。映画では『フック』や『バックドラフト』にも出演し、1992年には新西部劇『サンダーハート』でバーテンダー役を演じている。デヴィッド・クロスビーは自身の声役で二度『シンプソンズ』にも出演している。

デヴィッド・クロスビーは政治的活動でも知られ、ベトナム戦争へのアメリカの関与に反対し、ドナルド・トランプ政権も批判していた。「父親のオフィスに一度も入れてもらったことがない8歳の子供のように感じるんだ。彼はいろんなものを壊して、書類に小便をして、チンチンを出したまま狂ったように走り回っている。それで『目にものを見せてやる』と言っているんだ」と彼は2020年に米『ローリング・ストーン』誌に語っている。

「まともじゃないだろ。そして、ニクソンよりずっと危険だ。というのも、彼は巨大なエゴを抱え、モンスターに育てられた。彼の父親は出会える人物としては最も身の毛のよだつ人物の1人にちがいない。彼にはその兆候が表れているんだ」

2021年発表の『フォー・フリー』リリース時にデヴィッド・クロスビーは『NME』に対して80年代に音楽を制作したことが「自分を生きながらえさせる」ことになったと語っている。「僕の人生には二つの中心がある。家族と音楽だ。この歳になっても、もっと音楽を作るチャンスがあるなんて、まさに奇跡だよ。素晴らしいよね。30歳以降も生きられるなんて思っていなかった」

「これまでに経験したこと、犯した間違い、無駄にした時間、抱えた問題、それを考えると、まだ生きていることに驚いている。頭も冴えていて、幸せで、仕事をしていて、家族も仕事をしている。そして、いいアルバムを作った。それに驚いているし、すごく嬉しいよ」

今後についてライヴは「やり終えた」ものの、「あと2枚はアルバムを作りたい」とデヴィッド・クロスビーは語っていた。「自分にとっては大事なことでね。音楽を作るのが好きで、最も気に入っていることなんだ。1枚はジェイムス・テイラーとやりたくて、もう1枚はザ・ライトハウス・バンドとやりたい。既に曲を書き始めているんだ」

訃報を受けて音楽界からは追悼の声が寄せられており、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンは次のようにツイートしている。「デヴィッド・クロスビーのことを聞いて、胸を痛めているという以外、なんと言ったらいいか分からない。デヴィッドは信じられないほどの才能だった。素晴らしいシンガーで、ソングライターだった。素晴らしい人物だった。言葉を失っている。愛と慈悲をデヴィッドの家族と友人に」

関連NEWS

  1. テクノ・カルチャー

    ベルリン、テクノ・カルチャーをユネスコの無形文化遺産にしようとする活動が立ち上がることに

  2. Tom Misch

    Tom Misch、新型コロナを受けての自宅ライヴでNirvanaの“Smells Like Teen Spirit”をカヴァー

  3. Girls Aloud

    Girls Aloud、乳ガンのチャリティのために1年間で100万ポンドを集めたことが明らかに

  4. Spotify

    Spotify、ストリーミング・サービスとして初めて有料会員が2億人を突破

  5. RECORD STORE DAY

    RECORD STORE DAY、2020年のリリース一覧が明らかに

  6. Rough Trade

    Rough Trade、日本限定デザインのロゴマスクが受注生産限定で発売決定

  7. Spotify

    Spotify、全世界で最も再生された2021年のランキングが明らかに

  8. GOTOWN

    西寺郷太(NONA REEVES)、 Spotify「西寺郷太のGOTOWN Podcast」 26日配信テーマは’90s、ゲストに大山卓也

  9. NEWS

    英総選挙に向けてグライム・アーティストによる労働党応援イベントが開催されることに

  10. FKJ

    FKJ、来たるニュー・アルバムより新曲「Let’s Live」の音源が公開

  11. BravadoMask

    Bravado、海外アーティスト公式ファッションマスクを販売開始

  12. The Beatles

    Paul McCartneyの娘によるアビイ・ロード・スタジオのドキュメンタリー、トレイラー映像が公開

  13. レコード

    アメリカのアナログ盤購入者のうち50%がレコード・プレイヤーを持っていないという調査結果が明らかに

  14. JuiceWrld

    Juice WRLD、新曲“Run”の音源が公開

  15. 川崎鷹也

    川崎鷹也、メジャーオリジナルアルバムからサブリード曲「Young Song」のMV公開&先行配信スタート

  1. a flood of circle

    a flood of circle『Honey Moon Song』代々木野音ライブ映像公開

    2024.04.22

  2. 胸騒ぎ

    クリスチャン・タフドルップ監督最新作『胸騒ぎ』、違和感を抱く会…

    2024.04.22

  3. KYGO

    KYGO、Nile Rodgers&Zak Abelとのコラボとなる「For Life」がMVと…

    2024.04.22

  4. Lava La Rue

    Lava La Rue、来たるデビュー作より新曲「Humanity」がMVと共に公開

    2024.04.22

  5. Josh Freese

    Foo FightersのドラマーのJosh Freese、バンドに加入した時の心境を…

    2024.04.22

  6. Alfie Templeman

    Alfie Templeman、ニュー・シングル「Hello Lonely」がリリック・ビ…

    2024.04.22

  7. Arooj Aftab

    Arooj Aftab、来たる新作より「Raat Ki Rani」がMVと共に公開

    2024.04.22

  8. Bar Italia

    Bar Italia、5月に行われる初来日公演のサポート・アクトが決定

    2024.04.22

  9. Sia

    Sia、Paris Hiltonとのコラボとなる新曲「Fame Won’t Love You」の…

    2024.04.22

  10. 『台湾文化センター台湾映画上映会2024』開催決定

    2024.04.22

  1. DEAD POP FESTiVAL 2024、最終出演アーティスト&各日出演ステージ…

    2024.04.19

  2. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、タイムテーブルを発表

    2024.04.16

  4. JOIN ALIVE 2024、第一弾出演アーティスト発表

    2024.04.11

  5. SUMMER SONIC 2024、第3弾追加アーティストを発表

    2024.04.10

  6. METROCK

    METROCK2024 全出演アーティスト発表、第7弾出演アーティストにNEWS…

    2024.04.05

  7. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、BIG BEAT CARNIVALセッションゲストにThe Bi…

    2024.04.03

  8. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  9. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第1弾出演アーティスト発表

    2024.04.01

  10. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22