『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト、お気に入りの映画のサントラによるプレイリストを公開

『ベイビー・ドライバー』の監督であるエドガー・ライトはお気に入りの映画のサウンドトラックによるプレイリストを公開している。

プレイリストは50本の映画から選ばれており、これにはプリンスの『パープル・レイン』やビートルズの『マジカル・ミステリー・ツアー』、『ブルース・ブラザーズ』も含まれている。他にもヴァン・モリソン、ザ・ビーチ・ボーイズ、トーキング・ヘッズ、デヴィッド・ボウイ、カーリー・サイモンといったアーティストの楽曲が含まれている。

エドガー・ライトはツイッターでも全映画のリストを公開している。

「スポティファイのすばらしい方たちにお気に入り映画のプレイリストを考えてくれないかと頼まれたんんだ。そこでお気に入り映画のサウンドトラック集トップ50を作ったよ。楽しんで!」

プレイリストはこちらから。

現地時間2月14日に行われたNMEアウォーズで、『ベイビー・ドライバー』は最優秀映画賞を受賞している。

受賞に際してのビデオ・メッセージでエドガー・ライトはバナナを手に取り、地下鉄の駅で彼がどのように映画のインスピレーションを得たかについて説明している。動画ではベックもカメオ出演しており、エドガー・ライトの背後に登場する。

ビデオ・メッセージはこちらから。

昨年12月、エドガー・ライトは既に『ベイビー・ドライバー2』に着手していることを明かしており、「今こうしている間にも交渉が進んでいる」と話している。

「願わくば、少なくとも2作目は書く予定なんだ」と彼は続けている。「すごくたくさんのアイデアが浮かんでいてね。これが次の映画になるかどうかは、わからないんだけどね。実際、今ちょうど取り掛かっているところだからね。いくつかのことが進んでいてさ、いくつか新しいアイデアもあるし、これまでオファーを受けているのがどれも素晴らしいものばかりんだ」

また、エドガー・ライトは可能な限り早く次のプロジェクトに取り掛かりたいと話している。「早く仕事に戻りたいんだ、そうでないといささか制御不能だからね。でも『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』から『ベイビー・ドライバー』まで4年もかかったわけでさ。また同じように間が長いのはごめんだね。今後2年のうちに次の映画を出したいと思っているよ」

RECOMMEND NEWS

  1. 映画『ジャスティス・リーグ』のサウンドトラック、12/6に日本盤のリリースが決定

  2. イギー・ポップの映画『アメリカン・ヴァルハラ』、映像商品としてのリリースが決定

  3. ビヨンセ主演『ドリームガールズ』ディレクターズカット版、4/12に東京・大阪・名古屋・札幌のZeppで上映決定

  4. イギー・ポップがナレーションを務める映画『バンクシーを盗んだ男』、日本公開が決定

  5. クイーン、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラックのリリースが決定

  6. レディー・ガガ、初の長編映画出演作のトレイラー映像が公開

  7. ビヨンセ主演『ドリームガールズ』、Zepp上映でトークショーの開催が決定

  8. 映画『ダリダ』公開に先駆け、名曲揃いのサントラ発売

  9. エド・シーラン、ダニー・ボイルによるビートルズをテーマにした映画の撮影を行ったことが明らかに

  10. フレディ・マーキュリーの伝記映画、マイク・マイヤーズが出演交渉中と報道

  11. 映画『スパイナル・タップ』、主人公のナイジェル・タフネルのギターが新宿武蔵野館にて一般公開

  12. 映画『ベイビー・ドライバー』のサウンドトラック第2弾、4/25に発売が決定

  13. チリー・ゴンザレス、映画『黙ってピアノを弾いてくれ』の日本版予告編映像が公開

  14. フライング・ロータス、8/16に開催される『KUSO』ジャパンプレミア上映への登壇が決定

  15. フレディ・マーキュリーの伝記映画、撮影場面の写真が新たに公開