ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂入り式典でクラシック・ラインナップで再結成することに

ボン・ジョヴィは4月に開催されるロックの殿堂入り式典でアレック・ジョン・サッチ、リッチー・サンボラといったクラシック・ラインナップで再結成してパフォーマンスを行う予定だという。

バンドは4月14日にクリーヴランドで開催される式典で「数曲」を演奏する予定だという。

ベーシストのアレック・ジョン・サッチはバンドを1994年に脱退しており、ギタリストのリッチー・サンボラは2013年にバンドを脱退しているが、2人は共に一度だけ、ジョン・ボン・ジョヴィ、ティコ・トーレス、デヴィッド・ブライアンといったバンドメイトと共演している。

ドラマーのティコ・トーレスは米『ビルボード』誌に次のように語っている。「アレックと電話で話したんだけどさ、素晴らしかったよ。僕らはグループとして一時期、一緒に旅を共にしていたわけでね。もう一度やってみるのは素晴らしいことだと思うんだ。僕らのためだけじゃなく、ファンのためにもね。昔の友人と一緒になると、そこには深い感情が生まれることになると思うしね」

ボン・ジョヴィは1983年に結成され、これまで13枚のオリジナル・アルバムをリリースしている。ジョン・ボン・ジョヴィ、ティコ・トーレス、デヴィッド・ブライアンらは2016年リリースの最新作『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』のツアーを現在行っている。

バンドは最新作『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』に2曲の新曲“When We Were Us”と“Walls”を追加したものを先日リリースしている。デヴィッド・ブライアンは“When We Were Us”についてロックの殿堂入りに影響を受けた曲だと述べている。

昨年12月、ジョン・ボン・ジョヴィはバンドのロックの殿堂入りについて「すごく喜んでるし、本当にほっとしたし、恐縮だよね」と述べている。

今年のロックの殿堂入りはレディオヘッド、ケイト・ブッシュ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、デペッシュ・モード、ユーリズミックス、LLクールJ、ジューダス・プリーストらの殿堂入りが見送られている。ジョン・ボン・ジョヴィは「ノミネートされた全員が殿堂入りすべきだね」と語っている。

関連NEWS

  1. ボン・ジョヴィ、来日公演を記念して特製ポータブル・レコードプレーヤーの販売が決定

  2. Bruce SpringsteenとBon Jovi

    Bruce SpringsteenとBon Jovi、マスク着用を呼びかける運動に参加

  3. David Bryan

    Bon JoviのキーボーディストであるDavid Bryan、新型コロナウイルスで陽性

  4. Bon Jovi

    Richie Sambora、家族のためにBon Joviを脱退したことを振り返る

  5. Bon Jovi

    Jon Bon Jovi、当初は“Livin’ on a Prayer”をお蔵入りにしようとしていたと明かす

  6. Bon Jovi

    Bon Jovi、来たる新作より新曲“American Reckoning”が公開

  7. ボン・ジョヴィ、大規模なヨーロッパ・ツアーの日程を発表

  8. Bon Jovi

    Bon Jovi、ヘンリー王子と共にレコーディングした“Unbroken”のビデオが公開

  9. Richie Sambora

    元Bon JoviのRichie Sambora、Bon Joviへの復帰について語る

  10. Bon Jovi

    Bon Jovi、5月リリースの新作より新曲“Limitless”が公開

  11. ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂入り式典でクラシック・ラインナップでの再結成が実現

  12. Bon Jovi

    Bon Jovi、イスラエル公演から“We Don’t Run”のライヴ映像が公開

  13. Bon Jovi

    Bon Jovi、かつてドナルド・トランプ元大統領から受けた嫌がらせを振り返る

  14. Bruce Springsteen

    Bruce Springsteenら、新型コロナ慈善番組が4/23に配信

  15. Bon Jovi

    Bon Jovi、延期されていた新作の新たな発売日が決定&“Do What You Can”の音源が公開