レディオヘッドのトム・ヨーク、謎のツイートを連投

トム・ヨークは何かの予告と思われる謎めいたツイートを連続して行っている。

レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは2014年にソロとしての最新作『トゥモローズ・モダン・ボクシーズ』をリリースしており、同作は配信サービスのビットトレントを通じて、ほとんど告知されることなくサプライズ的にリリースされた。

トム・ヨークが最近ソロでの新曲に取り組んでいることは既に知られており、昨年12月には“I Am A Rude Person”と“Saturdays”と題された新曲をライヴで披露している。

トム・ヨークは今回、ツイッターに謎めいた文章を投稿している。投稿の1つは「ガセネタ」とだけ綴られたものとなっているほか、「彼の笑顔が見えるか?」という文章も投稿されている。

「僕らの心にロックス(岩)を」ともトム・ヨークは現地時間2月22日に投稿している。トム・ヨークはまた、長年のコラボレーターであるスタンリー・ドンウッドによるものと見られるアートワークも投稿している。

『NME』ではトム・ヨークの担当者にコメントを求めている。

トム・ヨークによる一連のツイートは以下の通り。

トム・ヨークは先日、ファッション・ブランドのラグ&ボーンによるショート・フィルム「ホワイ・キャント・ウィ・ゲット・アロング」に新曲を提供している。

一方、レディオヘッドは先日、北米ツアーの日程を発表している。レディオヘッドは7月から8月にかけてアメリカとカナダを回ることが明らかになっている。

レディオヘッドは7月7日にシカゴのユナイテッド・センターで北米ツアーをスタートさせ、8月1日にフィラデルフィアのウェルズ・ファーゴ・センターでの公演でツアーを終える予定となっている。

バンドは他に、ニューヨーク、モントリオール、トロント、デトロイト、コロンバス、シンシナティ、ピッツバーグ、ボストンを回る予定となっている。

RECOMMEND NEWS

  1. レディオヘッドとハンス・ジマー、海洋ドキュメンタリー番組の音楽でコラボレーション

  2. レディオヘッドのトム・ヨーク、『サスペリア』のサントラより新曲“Volk”が公開

  3. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、最新作が『OKコンピューター』と比較されていることについて言及

  4. マック・デマルコ、ロラパルーザ・チリでレディオヘッドの“High and Dry”をカヴァー

  5. レディオヘッドの“Creep”を最も好きな世代を明らかにした調査が話題に

  6. レディオヘッドのトム・ヨーク、『サスペリア』のサントラの楽曲をさらに披露したライヴ映像が公開

  7. レディオヘッド、7月から8月にかけて北米ツアーを行うことを発表

  8. レディオヘッドのトム・ヨーク、映画『007』のために書いた“Spectre”をライヴで初披露

  9. Thom-Yorke

    RadioheadのThom Yorke、Open Againのスタジオ・セッション映像を公開

  10. トム・ヨーク、『サスペリア』のサントラ日本限定Tシャツ付きセットのTシャツ・デザインが公開

  11. レディオヘッド、未発表曲“Come To Your Senses”のフル・ライヴ音源がオンラインで公開

  12. レディオヘッドのコリン・グリーンウッド、新人のデビューEPにベースで参加

  13. レディオヘッドのトム・ヨーク、『サスペリア』のサントラより新曲“Open Again”が公開

  14. トム・ヨーク、5月から6月にかけてのヨーロッパ・ツアーを発表

  15. トム・ヨーク、南極を守る運動に提供した新曲“Hands Off The Antarctic”が公開