フー・ファイターズ、ジョン・レノンとヴァン・ヘイレンをマッシュアップした動画を公開

フー・ファイターズは、ジョン・レノンとヴァン・ヘイレンをマッシュアップしたパフォーマンス動画を公開している。

フー・ファイターズはツアーのためのリハーサルからツイッターで彼らのパフォーマンス動画を公開している。

このパフォーマンスはジョン・レノンの“Imagine”の音楽に乗せてヴァン・ヘイレンの“Jump”のリリックを歌うものとなっている。

デイヴ・グロールはツイッターにその動画を投稿し、次のように述べている。「夏のツアーのために練習をすることがこんなにも気分のいいことだと思ったことは今までないよ。そちらでみんなに会えればと思うよ。(その時までに俺は歌詞を覚えるから。誓うよ)インスピレーションを与えてくれたマイティー・マイクに感謝を(そう、あとヘイレンとレノンにもね)」

フー・ファイターズは現在、南アメリカでツアーを行っているが、その後アメリカで公演を行い、6月にヨーロッパとイギリスでツアーが始まることになっている。

先日、フー・ファイターズはヨーロッパ・ツアーのサポートアクトについて公表しており、ウルフ・アリス、ザ・キルズ、スレイヴス、そしてフランク・カーター・アンド・ザ・ラトルスネイクといったアーティストが参加する予定となっている。

フー・ファイターズは先日のブリット・アウォーズ2018の最優秀インターナショナル・グループ賞を受賞しており、授賞式のパフォーマンスではステージの上に家のセットを作って“The Sky Is A Neighbourhood”のパフォーマンスを行っている。

最優秀インターナショナル・グループ賞をトッテナム・ホットスパーのサッカー選手、ハリー・ケインとカミラ・カベロから受け取る際、デイヴ・グロールは次のように語っている。「この賞に本当に感謝しているよ。俺たちにとってはすごく大きな意味があるんだ。というのも、UKに来てから、もう20数年が経つからね。この場所を第二の故郷のように思ってるんだ」

「みなさんは世界でも最高の観客だよ。バンドであることを教えてくれた。だから、この賞に本当に感謝しているんだ」

RECOMMEND NEWS

  1. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ノエル&リアム・ギャラガーについて語る

  2. デイヴ・グロール、ニルヴァーナでソングライティングを担当しなかった理由を明かす

  3. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、娘と共にアデルの“When We Were Young”をカヴァー

  4. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、娘のバンドのライヴを鑑賞

  5. デイヴ・グロール、カート・コバーンが亡くなった時期の自身を振り返る

  6. リック・アストリー、フー・ファイターズとのサマソニでのコラボについて舞台裏を語る

  7. フー・ファイターズ、ブリット・アウォーズ2018授賞式でのパフォーマンス映像が公開

  8. フーファイのデイヴ・グロール、23分に及ぶソロ曲の制作を追ったドキュメンタリーのトレイラー映像が公開

  9. フー・ファイターズ、キッスのメイクをしたファンが圧巻のギター・ソロを披露する映像がオンラインに

  10. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、バンドのサウンドが変わり映えしないという批判に答える

  11. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、1人で全パートをレコーディングした23分の楽曲“Play”のビデオが公開

  12. リアム・ギャラガー、フー・ファイターズのフェスティバルでクラウドサーフを披露

  13. フー・ファイターズ、本日リリースの新作のメイキング・アニメーション映像が公開に

  14. フー・ファイターズ、自身のフェスティバル「CAL JAM」の今年のラインナップを発表

  15. フー・ファイターズ、最新作のレコーディングでのスタジオ開放主義について語る