ノエル・ギャラガー、ブロンディのために楽曲を書いたものの提供しなかった理由を語る

ノエル・ギャラガーは最新作『フー・ビルト・ザ・ムーン?』に収録された“She Taught Me How To Fly”についてブロンディの影響を受けた楽曲であることを明かし、なぜブロンディに楽曲を提供するに至らなかったかについて語っている。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは昨年11月にサード・アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』をリリースしている。

ノエル・ギャラガーは今回、米「ナショナル・パブリック・ラジオ」のインタヴューに応じ、最新作に収録された“She Taught Me How To Fly”について「ブロンディのスピリット」を持った楽曲であることを明かし、楽曲をどのように制作したかについて語っている。

「ブロンディのための曲をどうすれば書けるかというとね」とノエル・ギャラガーはブロンディを彷彿とさせる楽曲を書き上げた経緯について語っている。「毎朝、仕事に出かける前にブロンディのベスト盤を聴いていると、突如として空から降りてくるんだよ。自分で口ずさんでいると、『デボラ・ハリーが歌ってるのが聴こえる。クレム(・バーグ)がドラムを叩いているのも聴こえるし、『トップ・オブ・ザ・ポップス』に出演してる彼らの姿が浮かんでくる』って思い始めるんだ」

インタヴュアーからどうしてそれをブロンディに提供しなかったのかと訊かれると、ノエル・ギャラガーは次のように答えている。「曲が本当に素晴らしかったからだよ。ブロンディには渡せなかったというね。まあまあの曲っていうだけなら、いつだってデビーに電話をかけるよ」

ブロンディは以前、過去にノエル・ギャラガーに曲を書いてもらえないかアプローチを試みたことがあることを明かしている。

ブロンディのドラマーであるクレム・バーグは昨年、BBCに対して「数年前にノエル・ギャラガーに曲を書いてもらえないかアプローチしたことがある」ことを明かしており、ノエル・ギャラガーからはブロンディのヒット曲「“Hanging On The Telephone”と交換しよう」と言われたことを明かしている。

関連NEWS

  1. ノエル・ギャラガー、オアシス時代に使用した大量の機材を売りに出すことに

  2. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、2020年にロンドンで大規模な屋外ライヴを開催することを発表

  3. LEWIS CAPALDI、Noel Gallagher

    LEWIS CAPALDI、Noel Gallagherとのコラボレーションの可能性について語る

  4. oasis

    Noel Gallagher、Liam Gallagherは「Wonderwall」を嫌いだったと語る

  5. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、EU離脱について発言したことでナチスと呼ばれるようになったと語る

  6. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、トニー・ブレア元首相に対する現在の見解を語る

  7. ノエル・ギャラガー、ギターを弾くようになったきっかけについて語る

  8. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、2021年までニュー・アルバムをリリースすることはないと語る

  9. ノエル・ギャラガー、オアシスのロックの殿堂入りについて自身の見解を明かす

  10. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、ギタリストという立場に戻って参加したいバンドの名前を挙げる

  11. Noel Gallagher、Liam Gallagher

    Noel Gallagher、Liam Gallagherと間違えられても腹は立たないと語る

  12. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、得意なことはマリファナを吸うこととサッカーを語ることだけと語る

  13. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、イギリスで放送されるドキュメンタリー番組のトレイラーが公開

  14. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、自身の葬儀でかけてほしい3曲を明かす

  15. ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る