デヴィッド・ボウイ、ミュージカル『ラザルス』の映像がニューヨークで上映されることに

デヴィッド・ボウイによるミュージカル『ラザルス』の映像作品の特別上映がニューヨークで行われることが決定している。

『ラザルス』はデヴィッド・ボウイが亡くなる前にエンダ・ウォルシュと執筆したミュージカルで、映画版にデヴィッド・ボウイが出演した、1963年刊行のウォルター・テヴィス著『地球に落ちてきた男』にインスピレーションを受けたものとなっている。

ミュージカルは2015年末から2016年前半にわたってニューヨークで6週間上演された後、2016年11月から2017年1月にわたってロンドンのキング・クロス・シアターでも上演されている。

ミュージカルの楽曲は死後、アルバムとしてリリースされており、昨年4月にVR化もされている。

今回、このロンドン公演を撮影した映像作品が5月2日にブルックリンのキングス・シアターで上映されることが決定している。ミュージカルでは「デクスター 〜警察官は殺人鬼」で知られるマイケル・C・ホールが主役を務め、ニューヨーク公演のオリジナル・バンドが参加している。上映会は「映画とライヴ・サウンドトラックによる体験」と銘打たれている。

一方、デヴィッド・ボウイはロンドンでの伝説的ライヴ・パフォーマンスの音源を含む3アイテムが今年のレコード・ストア・デイにリリースされる。

今年は4月21日に開催されるレコード・ストア・デイだが、デヴィッド・ボウイは3枚組未発表ライヴ・アルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン’78)』がリリースされる。本作は1978年6月30日・7月1日にロンドンのアールズ・コートで開催されたライヴのパフォーマンスを収録したものとなっている。

他にも、“Let’s Dance”のデモ・バージョンをフル・レングスで収録した12インチ・シングルがリリースされるほか、1977年にアメリカでプロモーション用として配布された、『ロウ』と『ヒーローズ』の楽曲を収録したコンピレーション『ボウイ・ナウ』がリリースされる。同作が一般に流通するのは今回が初めてとなる。

関連NEWS

  1. Foo Fighters

    Foo FightersのDave Grohl、DAVID BOWIEに失せろと言われた逸話を明かす

  2. David Bowie

    David Bowieの息子のDuncan Jones、没後5年に際してメッセージを投稿

  3. デヴィッド・ボウイ、ドキュメンタリー3部作の最後となる作品の詳細が明らかに

  4. マリリン・マンソン、デヴィッド・ボウイとの対面を台無しにされたことを振り返る

  5. デヴィッド・ボウイ、ニューヨークで彼がデザインされたサブウェイ・カードが発売に

  6. Peter Frampton

    Peter Frampton、David Bowieに命を救われた体験を振り返る

  7. David Bowie

    David Bowie、38年前に身に着けていたスカーフをめぐる逸話が明らかに

  8. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、伝記映画『スターダスト』の初となる映像が公開

  9. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、“Let’s Dance”のビデオの舞台となったパブが売りに出されることに

  10. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、ストリーミング限定EPより“Nuts”の音源が公開

  11. デヴィッド・ボウイ、映画『ラビリンス/魔王の迷宮』の舞台化の構想が明らかに

  12. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、1997年の『アースリング』ツアーのライヴ音源が配信開始

  13. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、スパイダーズ・フロム・マーズのドラマーが当時の薬物事情について語る

  14. デヴィッド・ボウイ、映画『スター・ウォーズ』との奇妙な関わりが明らかに

  15. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、1999年のパリ公演を収録したライヴ音源がデジタルで来週リリースされることに