『ニューヨーク・オールド・アパートメント』マーク・ウィルキンス監督オフィシャルインタビューを解禁

ニューヨーク・オールド・アパートメント

最優秀作品賞・監督賞・女優賞等9冠受賞し、欧米映画祭を席巻。NYの片隅で疎外されて生きる母と息子たち、その痛切な葛藤と成長を、やさしい眼差しで描き出す感動作『ニューヨーク・オールド・アパートメント』が、1月12日(金)より、新宿シネマカリテほか全国公開、本作のマーク・ウィルキンス監督のオフィシャルインタビューが到着しました。

ニューヨーク・オールド・アパートメント

住んでいる場所に属せていなく「愛され、受け入れられたい」と切望した、かつての体験による産物
希望は私たちを無防備で愚かにし、私たちの最大の欠陥になり得ると同時に、人間の最大の美徳の一つでもあります。『ニューヨーク・オールド・アパートメント』は、希望の表と裏を両方描いています。ニューヨーク在住中、私はアーノン・グランバーグの小説「De heilige Antonio」(英題:SAINT ANTONIO /『聖なるアントニオ』)を見つけました。ウィット、ユーモア、詩的な美しさに満ちたこの移民の物語に、私が「アメリカン・ドリームの首都」に感じ続けてきた疑問が集約されていると感じました。
私自身は恵まれた移民だと思います。いままでたくさんの移住を経験しました。ドイツで育ち、ベルリンに住み、ニューヨークに住み、今はウクライナのキーウにいます。私自身は人種差別をされた経験はありませんが、目撃したことはたくさんあります。ニューヨークにおいてです。悲しい気持ちになりました。自分が恵まれた境遇なことに罪悪感を感じたりもしました。その罪悪感がゆえに、私とは違った理由でニューヨークに来ることになった登場人物を描くことになったと考えています。
本作は甘美な物語です。純朴そのものなティーンエイジャーの双子・ポールとティト。ミステリアスなクロアチア人女性・クリスティン、兄弟の母親・ラファエラ、スイス人の恋人・エドワルド。これらの登場人物たちは、私自身が「見知らぬ人」「部外者」として扱われた体験に由来する拒絶の感情や、住んでいる場所に属せていなく「愛され、受け入れられたい」と切望した、かつての体験による産物です。私たちは責任の所在を問いかけたり、いたずらに哀れみを誘発するだけではない「移民の物語」を制作することに挑戦しました。主人公たちの等身大な姿を描くことで、実存を保証されたいという私たちの普遍的な欲求を深掘りしました。あなたが不法滞在しているペルー人の自転車配達人であろうと、自暴自棄なクロアチア人の恋人であろうと、孤独なスイスの大衆小説家であろうと、人々は「自分の人生」を受け入れながら生きたい。という願望に突き動かされているという点では、同じなのです。
この映画が日本で公開されることをとても嬉しく思っています。この物語が、何かしら皆さんの心に響いたり、ポール・ティト・クリスティンに親近感を頂いていただければ嬉しいです。

ニューヨーク・オールド・アパートメント

監督:マーク・ウィルキンス 脚本:ラ二・レイン・フェルタム 原作:「De heilige Antonio」(アーノン・グランバーグ)
出演:マガリ・ソリエル、アドリアーノ・デュラン、マルチェロ・デュラン、タラ・サラー、サイモン・ケザー 日本版テーマ曲:THEティバ「winnie」
2020年/スイス/英語、スペイン語/97分/シネスコ/5.1ch/原題: The Saint Of The Impossible/配給・宣伝:百道浜ピクチャーズ
© 2020 – Dschoint Ventschr Filmproduktion / SRF Schweizer Radio und Fernsehen / blue  PG12

関連NEWS

  1. HMV

    HMV、ロンドンのオックスフォード・ストリートに旗艦店が4年ぶりに復活することが決定

  2. NEWS

    英総選挙に向けてグライム・アーティストによる労働党応援イベントが開催されることに

  3. THE BOHEMIANS

    THE BOHEMIANS 平田ぱんだ がロックンロールの名盤について書き綴った異色のバイヤーズ・ガイドをリリース! 単行本の詳細発表

  4. Rough-Trade

    Rough Trade records、代官山蔦屋書店でキャンペーンの開催が決定

  5. JOAN

    joan、来たるデビュー・アルバムより新曲「Flowers」がMVと共に公開

  6. chemicalbrothers

    The Chemical Brothers、『Surrender』20周年盤より“Hey Boy Hey Girl”の新たなミックスが公開

  7. the internet

    the internetのSteve Lacy、ソロ作の日本盤が11月にリリースされることが決定

  8. David Crosby

    David Crosbyが享年81歳で逝去

  9. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2020 in EZO on YouTubeにサニーデイ・サービスの配信追加が決定

  10. コンサートで新型コロナに感染するリスクを調べたドイツの研究結果が明らかに

  11. Walkman

    SONY、Walkmanの40周年記念限定モデル「NW-A100TPS」を発売

  12. ブルーノート・レコード、イセタンメンズ&J-WAVEとコラボレーションした企画が実現

  13. Ke$Ha

    Ke$Ha、ニュー・アルバムの詳細を発表して新曲“Raising Hell”を公開

  14. Fyre Festival

    Fyre Festivalの創始者、負債を返済して新しいフェスを立ち上げる資金を確保したと語る

  15. Everything But the Girl

    Everything But the Girl、20年以上ぶりとなる新作を来年リリースすることを発表

  1. Age Factory、アルバムタイトル曲「SONGS」MV公開、3/4(月)YouTube…

    2024.02.21

  2. Kitri

    Kitriが提示するシンフォニック・プログレ、12分を超えの新曲「Sigh…

    2024.02.21

  3. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第3弾アーティストを発表

    2024.02.21

  4. ウエノコウジ、56歳バースデーライブ有観客チケット完売につき、京…

    2024.02.21

  5. Bruno Mars

    Bruno Mars、東京ドーム公演のグッズがオンラインで販売

    2024.02.21

  6. VAULTBOY

    VAULTBOY、6月に初来日公演を行うことが決定

    2024.02.21

  7. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、oasisがロックの殿堂入りの候補になったことについ…

    2024.02.21

  8. The Beatles

    The Beatles、タワーレコードとの共同企画によるカプセル・コレクシ…

    2024.02.21

  9. ロックの殿堂

    2024年にロックの殿堂入りを果たすアーティストの候補が明らかに

    2024.02.21

  10. CHAI

    CHAI、「KEXP」のために収録された約20分のスタジオ・ライヴ映像が…

    2024.02.21

  1. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第3弾アーティストを発表

    2024.02.21

  2. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2024、第1弾出演アーティストを発表

    2024.02.21

  3. METROCK2024 出演日&第3弾出演アーティスト発表、各日1日券受付開始

    2024.02.14

  4. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、開催決定

    2024.02.03

  5. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’24、第四弾出演アーティストを発表

    2024.02.01

  6. PUNKSPRING 2024、第4弾出演ラインナップを発表

    2024.02.01

  7. COMING KOBE

    COMING KOBE24、第2弾出演アーティスト発表

    2024.02.01

  8. I ROCKS

    LACCO TOWER主催ロックフェス 「I ROCKS 2024 stand by LACCO TOWER…

    2024.01.27

  9. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第2弾アーティストを発表

    2024.01.24

  10. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、開催概要が決定

    2024.01.12