ビースティ・ボーイズのマイクD、アダム・ヤウクの死とどう向き合ったかについて語る

ビースティ・ボーイズのマイクDは「ヴァルチャー」による新たなロング・インタビューの中で、グループの元メンバーであるMCAことアダム・ヤウクの死や、今日のアメリカで子供を育てること、今の音楽に見られるビースティ・ボーイズの影響について語っている。

インタヴューはクインシー・ジョーンズやザ・ストロークスのインタヴューも行っているデヴィッド・マルケーゼによるもので、「ヴァルチャー」に掲載されている。マイクDは2012年に癌のために亡くなったアダム・ヤウクについて振り返り、グループとしての活動終了後、どのように自分が前に進むことになったのかについて語っている。「時間はかかったよね。ヤウクの死はあらゆる面でとてもつらいもので、次に自分が何をしたいかを考える以前に、心の底から彼の死を偲ぶ時間が必要だったんだ」

その後に始めたラジオ番組については次のように語っている。「ラジオで番組をやるのは好きなんだ。僕らがバンドとしてやっていた、お互いに音楽をプレイしながらアイデアを生み出していくっていうプロセスの代わりになっている感じがするんだよ。僕が興味をそそられるのは、ビジネスのためにやっているわけじゃないって思えるようなものなんだ。それこそが、僕らがバンドとしてやっていたことだからね。僕たちは何事も恐れずに挑戦していたんだ」

マイクDは続けて、彼らがデビューした80年代からシーンにおける「白人ラッパー」の扱いがいかに変化してきたかについて語っている。「僕らがプーマのジャージを着てリムジンから降りてきたっていう、最初で唯一の出来事があったんだけどさ。その時の自分たちがマジで滑稽に思えたんだ。まるで道化師の気分でね。僕たちは自分たちらしくなる必要があることを学んで、カルチャーの面でなんとかうまくやることができて、ラッパーとして認められることに成功したんだ」

マイクDはさらに自身の考えを語っている。「今は興味深い時代だと思うよ。理論上はすべてのことが既に実行されていて、文化的に何だって可能なわけだからね。観念的には、昔よりも文化的な壁は少ないはずだよ」

マイクDは今年1月、アドロックことアダム・ホロヴィッツと共に取り組んでいるビースティ・ボーイズの回想録について、「今年の秋には出る予定」であると語っている。

ビースティ・ボーイズはこの回想録に少なくとも2013年から取り組んでおり、当時ランダムハウスのシュピーゲル&グラウと出版契約を結んだことが報じられていた。しかし、2015年秋の刊行が当初予定されていたものの、2017年の時点で回想録は完成していない。今回、マイクDは回想録がようやく日の目を見ることを示唆している。

関連NEWS

  1. ビースティ・ボーイズのマイクDとアドロック、ファーストの成功後は無一文だったことを語る

  2. Beastie Boys

    Beastie Boys、Spike Jonzeが手掛けたドキュメンタリーのトレイラー映像が公開

  3. Beastie Boys

    Beastie Boys、過去の4作品が限定版のカラー・ヴァイナルとして再発されることに

  4. Beastie Boys

    Beastie Boys、新ベスト盤『ビースティ・ボーイズ・ミュージック』のリリースが決定

  5. ビースティ・ボーイズ、回想録のオーディオブック版にジャーヴィス・コッカーらが朗読者として参加

  6. ビースティ・ボーイズ、ゲームのトレイラー映像に自身の楽曲の使用を許可したことが話題に

  7. ビースティ・ボーイズ、“Sabotage”が腹立たしいエンジニアに向けられた楽曲であることを明かす

  8. Beastie Boys

    Beastie Boys、『イル・コミュニケーション』の25周年を記念したドキュメンタリーが公開

  9. ビースティ・ボーイズ、今秋に刊行される回想録の詳細が明らかに

  10. Beastie Boys

    Beastie Boys、『Paul’s Boutique』の30周年を記念してadidasよりスニーカーを発売

  11. Beastie Boys

    Beastie Boys、Spike Jonzeが手がけるフォトブックの刊行を発表

  12. Beastie Boys

    Beastie Boys、Spike Jonzeが手掛けたドキュメンタリーの長編トレイラーが公開

  13. Beastie Boys

    Beastie BoysのアドロックとマイクD、3公演のライヴ・イベントの開催を発表

  14. Beastie Boys

    Beastie Boys、Spike Jonzeが監督するドキュメンタリー作品の公開を発表

  15. ビースティ・ボーイズのアダム・ヤウクを讃える体験型サイトが新たに公開

  1. Taylor Swift

    Taylor Swift、“The Last Great American Dynasty”を映画化するファ…

    2020.09.21

  2. YAYYAY

    YAYYAY [ユウ(チリヌルヲワカ/ex.GO!GO!7188)・須原杏・林田順平・S…

    2020.09.21

  3. At The Drive-in

    At The Drive-in、『RELATIONSHIP OF COMMAND』の20周年にコメント

    2020.09.21

  4. Maxïmo Park

    Maxïmo Park、ニュー・シングル“Child Of The Flatlands”の音源が公開

    2020.09.21

  5. Clairo

    Clairo、生配信で行ったチャリティ・パフォーマンスで2曲の新曲を披露

    2020.09.21

  6. Smashing PumpkinsのBilly Corgan、ティー・ショップを再オープン

    2020.09.21

  7. John Fogerty

    John Fogerty、“Fortunate Son”を選挙集会に使ったDonald Trump大統…

    2020.09.21

  8. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『アズ・イット・ワズ』にまつわ…

    2020.09.20

  9. Nick Mason

    Pink FloydのNick Mason、“One Of These Days”のライヴ映像が公開

    2020.09.20

  10. The Who

    The Who、2006年にスイスで行われたライヴの続編映像が公開

    2020.09.20

  1. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  2. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス、第4弾アーティストにNot…

    2020.09.02

  3. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2020、第3弾出演アーティストにOAU、怒髪天、四…

    2020.08.28

  4. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  5. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  6. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  7. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  8. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  9. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  10. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14