長澤知之、竹原ピストル、仲井戸麗市を迎えたデジタルシングル 「光芒」リリース

長澤知之

シンガーソングライター長澤知之の最新コラボ曲「光芒」が本日5月15日(水)配信リリースされた。

2023年、2マンツアーも開催した竹原ピストルをボーカルに、そしてギターとコーラスに日本のロックレジェンド仲井戸麗市を迎え制作された本作は、長澤と竹原が織りなすラップの応酬に、仲井戸のロックなリフが絡みつく”パンチ”ある仕上がりになっている。

【長澤知之 楽曲コメント】
『光芒 (長澤知之feat.竹原ピストル、仲井戸麗市)』が、5月15日に配信リリースされました。

十代の頃の憧れや怒りをモチーフとして歌っていますが、結局はいつだって最高なものを目指したいし、いつだって最高な人たちといたいっていう曲です。

チャボさん、ピストルさん、本当に素晴らしい経験をさせて頂き、心からありがとうございました。

ピストル先輩には、ストーカーなのかってほどの長文を何度も送らせて頂き(本当にありがとうございます汗)、お忙しい中、メールで相談させて頂きながら曲を作らせていただきました。
曲を仕上げるにあたって、ピストルさんが書いてくださった歌詞から自分は更に影響を受け、色んなところを書き直し、あるいは削いだりしたのですが、ピストルさんの「長澤くん、あの部分消しちゃったの?俺好きだったけどな。全部使っちゃいなよ!」という言葉を頂いて、「おっしゃ!やっぱ全部使っちゃおう!」ってなったり。
とにかくただただエキサイティングな経験をさせていただきました。

そして最高のリリック、テイクをいただいて、本当にありがとうございます。
これしか言えませんが、..いやマジでありがとうございました。

そしてチャボさん。チャボさんとのレコーディングがとにかく楽しかったです。
僕らずっと笑顔だったんじゃないかな…はしゃぎながらワイワイとレコーディングさせて頂きました。 ギターのアプローチを二人で相談している時も、テイクと向き合う真剣なチャボさんをミックスルームから見ている時も、とにかく幸せでした。
最高のギターをありがとうございます。
みんなで一つのマイクに向かって叫んでる時、「おっしゃバンド結成だね。」と冗談を言ってもらえて、幸せでした。
大変光栄な時間でした。本当にありがとうございます!

そしてドラム吉田佳史さん(fromTRICERATOPS)、ベース宮崎遊くん、二人無しではこの曲のパワーは生まれなかったと思います。
最高に楽しい空間を作り上げてくれて感謝します!

長澤知之

【竹原ピストル 楽曲コメント】
(長澤くんパートが埋まっている状態のデモ音源を聴かせていただいてから、ぼくも創作に取り掛かったのですが。)

長澤くんパートにおける“主人公”がヘンテコな仲間達とスタジオに入ってバンドサウンドを掻き鳴らし始めた一方その頃、俺(ぼくのパートにおける主人公。長澤くんパートの主人公と同年代だったとして。)は何をやってたかな。。部活(ボクシング部)ばっかりだったな。。辰吉選手が初めて世界チャンピオンになった頃で。。。

長澤くんの故郷と俺の故郷の共通点ってなんだろうな。。大規模な工業地帯があって、製鉄所があって。。あの海の色。。あの空の色。。。
というような感じでイメージを膨らませて書きました。

それぞれの少年時代、初期衝動が一つの曲を分け合って、ギラギラと生き生きと生きている、そんな風に聴こえたならば嬉しいなと思います。

何よりシンプルに、尊敬して止まない長澤くんに共作のお誘いをいただけたことがとても嬉しかったです。

そして、(ぼく自身もですが、)チャボさんの大っっファンである姉に、このギター、チャボさんが弾いてるんだぜ!!って自慢しようと思います。笑

光栄でした。貴重な機会をありがとうございました!

竹原ピストル

【仲井戸麗市 楽曲コメント】
<長澤知之「光芒」に寄せて..... .....思えば俺は、60年代、1960年代の半ば、 東京は新宿辺りのストリートを彷徨いていた。 思えば多分長澤知之は、90年代、1990年代半ば~ 終りにさしかかる辺りのどこぞのストリートを 彷徨いていたに違いない....。世代も出処も おそらく何もかもが違う俺達は「R&R」という マジックの引き合わせによって出会えた...のだろう。 「光芒」...俺の関われるフィーリングを 自分のレベルの範囲に於いて注がせてもらった... あふれる「ことば」をもってして 描き出す彼の「音像」にいささかでも貢献できたなら... 嬉しい...。「俺達二人の時代」とはまた別の時代辺りの ストリートを彷徨いていたであろう竹原ピストルの 精高なる参画が「光芒」の純度を増幅させた.... 「R&R」は世代も出処も多分、何もかもをも飛び越えてしまうのだ....。 長澤知之...こういうヤツが居なけりゃ日本の音楽シーンの何たらなんぞ、 くそおもしろくもねぇ....。yeah!ますますぶちかましてくれい! yeah! yeah! yeah! 2024.5 仲井戸"CHABO"麗市 この「光芒」が収録される2019年以来5年ぶりとなるミニアルバム『スカイブルー、エモーション』が5月22日(水)にリリースされる。 本作は、THE BED ROOM TAPE(NABOWA:景山奏によるソロ・プロジェクト)をアレンジ・演奏に迎えた「朝陽」、2023年10-11月NHKみんなのうたで放送され大きな話題を呼んだ松崎ナオとのデュエット曲「ぼくも」、気鋭のピアニストはらかなこを迎え制作された「約束」というコラボ企画として配信リリースされた3曲と、疾走感溢れるメロディックな「渋谷のスーパーラット」、ライブ会場限定でリリースし即完売した「知らないことはこわいかい」に、「光芒」、“愛、生と死”をテーマにした「GHOST」、ミニアルバムのタイトルチューン「スカイブルー、エモーション」と、3曲の新曲が収録されている。 リリースにあわせて、新アーティスト写真を公開。また、ミニアルバムを引っ提げた自身10回目となる自主企画『Nagasa Oneman 10 〜スカイブルー、エモーション〜』の開催も発表された。 6月22日(土)大阪・BANANA HALLを皮切りに全4箇所の弾き語り形式のワンマンツアーとなる。

Nagasa Oneman 10 〜スカイブルー、エモーション〜

6月22日(土)大阪・BANANA HALL
OPEN16:30 / START17:00

6月27日(木)愛知・KDハポン
OPEN19:00 / START19:30

6月29日(土)福岡・ROOMS
OPEN16:30 / START17:00

7月5日(金)東京・荻窪The Top Beat Club
OPEN19:00 / START19:30

【チケット】
▼コミュニティサイト『IN MY ROOM -NAGASAWA TOMOYUKI CLUB-』先行チケット
2024年5月15日(水)12:00〜5月19日(日)23:59まで ※抽選制
料金:¥4,700(税込) ※全自由、整理番号付き、ドリンク代別
URL:https://nagasawainmyroom.com/

▼一般発売(プレイガイド)
料金:¥5,500(税込) ※全自由、整理番号付き、ドリンク代別
2024年5月25日(土)10:00〜発売

【その他注意事項(年齢制限等)】
未就学児入場不可・小学生以上チケット必要
同行者登録不要

  1. Paledusk”Paledusk pre. LOVE YOUR PALEHELL FINAL SERIES&#8…

    2024.05.27

  2. SKYE

    日本のロック黎明期に結成された伝説のバンドSKYE、2ndアルバムのリ…

    2024.05.27

  3. BABYMETAL、7/10にメンバー3人の二十歳の聖誕祭シリーズ3作品の同…

    2024.05.27

  4. Harrison Butker

    Eddie Vedder、物議を醸しているHarrison Butker選手の卒業スピーチ…

    2024.05.27

  5. Kerry King

    SlayerのKerry King、Iron Maidenの最近の作品は聴く気にならないと…

    2024.05.27

  6. oasis

    oasis、『Definitely Maybe』のスタジオを撮影した謎のティーザー映…

    2024.05.27

  7. 初めてのきみに会いに行くよ!初見さん大歓迎!!きみとバンドの清…

    2024.05.27

  8. Kid Rock

    Kid Rock、酔っ払った状態で記者の顔に銃を振りかざしたと報道

    2024.05.27

  9. Brian May

    Brian May、スロヴァキアで行われたライヴでThe Offspringと共演

    2024.05.27

  10. Hard-Fi

    Hard-Fi、10年以上ぶりとなるニュー・シングル「Don’t Go Making Pl…

    2024.05.27

  1. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第3弾出演アーティスト発表

    2024.05.24

  2. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  3. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  4. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  7. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  8. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13