フレンドリー・ファイアーズ、カムバック・シングル“Love Like Waves”の音源を公開

フレンドリー・ファイアーズはカムバック・シングルとなる“Love Like Waves”の音源を公開している。

フレンドリー・ファイアーズは現地時間4月5日にロンドンのブリクストン・アカデミーでライヴを行っており、それに際して“Love Like Waves”の音源を公開している。バンドは昨年の秋からシーンへの復帰を一連のトレイラー映像で予告していた。

“Love Like Waves”のリリック・ビデオはこちらから。

フレンドリー・ファイアーズはリリースまでしばらく時間が空いたことについて次のように語っている。「クリエイティヴィティというのは刹那的なものでね。溢れ出すこともあれば、自信が作品の完成へと導いてくれることもある。苦労する時だってあるわけで、そうやって格闘してみても、より困難な事態を迎えて、何も出てこないような時だってあるんだ」

「それで、僕らはその困難な長い時期の最後に辿り着いて、より溢れ出すような状況に近付いている感じがしているんだ。僕らが過去に設定した基準に見合う楽曲を作っているんだよ。僕らの間の人間関係は良好だし、僕らの人生における最も重要な取り組みである、このバンドのためにも新章を書き上げたいんだよ」

彼らは次のように続けている。「ここまで辿り着くのには時間がかかったし、覆水盆には返らないわけだけどさ。長い休みをとるのが最善の策であったかもしれない時期を経て、僕らはやっと戻ってきたんだ。僕らはエドの古いガレージで作業をしてて、まさに始めた時のような感じなんだ。僕らが個々人のハマっているもの――それは主にモジュラー・シンセだとかだけどさ、それがやっとコントロール下に置かれた感じなんだ」

フレンドリー・ファイアーズは2008年にセルフタイトルのデヴュー・アルバムを発表していて、続くセカンド・アルバム『パラ』を2011年にリリースしている。しかし、2014年にジ・アスフォデルスとコラボレーションした楽曲“Velo”を公開して以来、新曲は発表されていない。なお、2016年には、フロントマンのエド・マクファーレンが「1980年代のデジタル草創期のシンセサイザーによる貴重な未発表サウンドトラック」を集めたコンピレーション・アルバム『グリステンズ』を発表している。

関連NEWS

  1. フレンドリー・ファイアーズ、“Love Like Waves”のミュージック・ビデオが公開

  2. フレンドリー・ファイアーズ、ディスクロージャー共同プロデュースの新曲“Heaven Let Me In”が公開

  3. Friendly Fires

    Friendly Fires、8年ぶりとなる新作のリリースを発表&新曲を公開

  4. Friendly Fires

    Friendly Fires、8年ぶりとなる新作より“Silhouettes”のMVが公開

  5. フレンドリー・ファイアーズ、ディスクロージャー共同プロデュースの“Heaven Let Me In”のビデオが公開

  6. Friendly Fires

    Friendly Fires、2曲のスタジオ・ライヴ映像が公開

  7. Friendly Fires

    Friendly Fires、2曲のパフォーマンス映像が公開

  8. フレンドリー・ファイアーズ、再始動を匂わせる動画を公開