フリートウッド・マック、リンジー・バッキンガムの脱退を発表

フリートウッド・マックはリンジー・バッキンガムの脱退を発表しており、彼についてグループから解雇された可能性が報じられている。

ギタリストでヴォーカリストのリンジー・バッキンガムは1974年にグループに加入し、1987年までメンバーとして参加している。彼はその後、1996年にフリートウッド・マックに再加入している。

米『ローリング・ストーン』誌の報道によれば、リンジー・バッキンガムは「バンドの今後のツアーに関する意見の相違」のためにフリートウッド・マックから「解雇」されたという。

ツアーでは、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのギタリストであるマイク・キャンベルとクラウデッド・ハウスのニール・フィンがリンジー・バッキンガムの代役を務めるという。

フリートウッド・マックは当初、リンジー・バッキンガムの脱退に関して次のような声明を発表している。「リンジー・バッキンガムは今回のツアーに参加致しません。バンドはリンジーの幸運を祈っています」

フリートウッド・マックはその後、米『ローリング・ストーン』誌にさらなる声明を寄せており、次のように述べている。「私たちは、マイク・キャンベルとニール・フィンという音楽的な才能をマック・ファミリーに迎え入れられたことに興奮しています。私たちはマイクとニールと共にファンが愛するあらゆるヒット曲を披露するほか、私たちの往年のカタログから数曲をサプライズとしてオーディエンスにお届けします。フリートウッド・マックは常にクリエイティヴな進化を遂げてきました。これからのツアーでもそのスピリットを遂行できることを楽しみにしています」

ミック・フリートウッドは今回の発表について次のように語っている。「フリートウッド・マックとは常に、ユニークな才能を持った者たちが集まって素晴らしい楽曲を披露するというものでした。私たちはマイクやニールとセッションしたのですが、そこで素晴らしい化学反応が起き、バンドにこのスタイルこそがフリートウッド・マックとして前進していくためのコンビネーションだと気づかせてくれたのです。新しいものが加わったのは確かですが、そこには依然として紛れもないフリートウッド・マックのサウンドがあるのです」

リンジー・バッキンガムは昨年、フリートウッド・マックのバンドメイトであるクリスティン・マクヴィーとのデュエット・アルバム『リンジー・バッキンガム/クリスティン・マクヴィー』をリリースしている。

フリートウッド・マックのシンガーであるスティーヴィー・ニックスは今年1月、音楽業界におけるセクシャルハラスメントや男女の平等について語っている。

「これをある種の世間的な流行みたいにはせずに、ただ離れて、『そうそう、もう終わったから誰も気にしてないよ』って誰しもが言えるようになる必要があるの」とスティーヴィー・ニックスはCNNに語っている。「誰もが本当の意味で闘い続けなければいけないのよ。さもないと、女性たちはカーペットの下に掃いて隠されてしまって、またそれが繰り返されてしまうから」

バンドの女性メンバーとしてのこれまでの経験として、スティーヴィー・ニックスは彼女とバンドメイトのクリスティン・マクヴィーは何年も性的な嫌がらせを受けたことがなかったと語っている。

「私はすごくラッキーだったと思うわ」とスティーヴィー・ニックスは語っている。「私がフリートウッド・マックに加入した時に、クリスティンと私で誓い合ったおかげかもしれない。私たちがどんどん有名になっても、私たちは絶対にバンドの中で二流市民のように扱われたりなんかしないって誓ったの。それから、もしも有名な男性ミュージシャンと部屋が一緒になって彼らからそういう風に扱われた時は、叫んで部屋を出て行こうっていうこともね」

関連NEWS

  1. Fleetwood Mac

    2020年にUKで最も売れたアナログ盤のランキングが明らかに

  2. Fleetwood Mac

    Fleetwood MacのPeter Greenのトリビュート公演が豪華ラインナップで実現

  3. AC/DCのブライアン・ジョンソン、フリートウッド・マックのミック・フリートウッドと共演

  4. フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガム、バンドからの離脱について初めて語る

  5. Fleetwood Mac

    Fleetwood Mac、Lindsey Buckinghamが復帰することはないと語る

  6. Stevie Nicks

    Fleetwood MacのStevie Nicks、Peter Greenに追悼の意を表明

  7. イギリスで今年の上半期に最も売れたアナログ盤のランキングが明らかに

  8. Led Zeppelin、来年のGlastonbury Festivalに出演しないことが明らかに

  9. リンジー・バッキンガム、フリートウッド・マックを追い出された顛末について語る

  10. elton-john-metallica-travis-scot

    2019年上半期のツアーの興行収入ランキングにElton John、Metallica、Fleetwood Macら

  11. Fleetwood Mac

    Fleetwood Macの結成メンバーであるPeter Greenが享年73歳で逝去

  12. Fleetwood Mac

    Fleetwood Mac、第1期の未発表ライヴとデモ音源を収録した3枚組CDのリリースが決定

  13. fleetwood_pumpkins_hanson

    Smashing Pumpkins、hansonとFleetwood Macをカヴァー

  1. Cocco

    Coccoが昭和歌謡ムード漂う新曲「女一代宵の内」MV公開

    2021.03.03

  2. Greentea Peng

    Greentea Peng、新曲「Nah It Ain’t The Same」がMVと共に公開

    2021.03.03

  3. 大滝詠一

    大滝詠一、全177曲サブスク解禁決定

    2021.03.03

  4. Charli XCX

    Charli XCX、The 1975とNo Romeとスーパーグループを結成したと語る

    2021.03.03

  5. Tempalay

    Tempalay、「シンゴ」先行配信スタート!今夜20時、YouTubeにてMVプ…

    2021.03.03

  6. 大橋トリオ

    大橋トリオ、本日発売ニューアルバム「NEW WORLD」試聴トレーラー映…

    2021.03.03

  7. UNISON SQUARE GARDEN、最新ツアーの模様を収めたライブ映像作品を …

    2021.03.02

  8. Martin Friedman

    Martin FriedmanがZARDの名曲「負けないで」の渾身のカヴァーMVを…

    2021.03.02

  9. アイナ・ジ・エンド

    アイナ・ジ・エンド、新作EP「内緒」が0時より配信開始!! 収録曲「…

    2021.03.02

  10. Justin Bieber、27歳の誕生日にニュー・シングル「Hold On」のリリ…

    2021.03.02

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  5. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14