UKのレコード会社の収入、ブリットポップ期以来で最高の伸び率を記録したことが明らかに

最新の報告によれば、2017年におけるUKのレコード会社の収入がブリットポップ期以来、最高の伸び率を記録しているという。

英国レコード産業協会(BPI)が年に一度発表している報告書の2017年版である『オール・アバウト・ザ・ミュージック・レポート』によれば、UKのレコード会社の2017年の売上は前年から10.6%伸びて8億3940万ポンド(約1,276億円)だったという。

これは、1995年に記録した10.7%という伸び率に次ぐ数字となっている。

しかしながら、8億3940万ポンドという収入自体は、2001年に記録した最高額である12億ポンド(約1,820億円)の約3分の2の金額となっている。

また、レポートによれば、音楽の消費量も前年比で9.5%伸びており、今回の収入の伸びに繋がっているという。

また、ストリーミングでの売上も41%増加しているほか、ストリーミング・サービスによる収益も45%増加しているという。

アナログ盤による収益も24%増加しており、アナログ盤の市場は現在CDの5倍となっている。

BPIの最高経営責任者でブリット・アウォーズの代表も務めるジェフ・テイラーは、今回の数字を受けて次のように述べている。「レーベルによるビジネス・モデルの変化や新たなタレントへの投資が身を結び、2017年の急速な成長に繋がっています。2018年には、音楽をストリーミングする利点について消費者間での認識が広まり、また、YouTubeのプレミアムな音楽サービスや家庭でのスマート・スピーカーの人気が高まってサブスクリプション・サービスの利用が促進されることによって、さらに伸び続けることになると見込んでいます」

「このように楽観視できる要素はあるものの、音楽が完全に回復して持続的な成長を続けていくためには、依然として長い道のりが残されています。とりわけ、あらゆるデジタルなプラットフォームでの音楽利用には平等に対価が支払われる必要があり、今なお続く『ヴァリュー・ギャップ』を改善するには政府の介入が不可欠です。また、EUからの離脱が決まって、その過渡期にある今、離脱後もイギリスのミュージシャンたちがEU圏内を自由にツアーできるようにしなければなりません。加えて政府には『デジタル憲章』を用いて違法なサイトが生まれない、消費者にとって安全なオンライン環境を整えてもらえるよう呼びかけていくほか、イギリスが音楽制作に投資することにおいて世界で最善の場所になれるよう、新しい奨励についても検討してもらいたいと考えています。グローバルな市場でUKが直面している競争を考えれば、これらの施策は必要不可欠なのです」

関連NEWS

  1. fes

    ニューヨークとロサンゼルスの市長、フェスやコンサートは2021年まで開催できないと発言

  2. Rough Trade

    Rough Trade、イギリス国内の店舗の営業が4月12日から再開されることに

  3. デヴィッド・ボウイ、007役で知られるロジャー・ムーアの訪問を避けていたことが明らかに

  4. フォー・テット、2年ぶりとなる新作の日本先行発売が決定

  5. NHK紅白歌合戦

    「NHK紅白歌合戦」全出場歌手の曲順発表

  6. コンサートで新型コロナに感染するリスクを調べたドイツの研究結果が明らかに

  7. NEWS

    URBANというジャンル名を使用しないことを求める公開書簡が公開

  8. globe 2010年発表のベストアルバムがチャート4位に急上昇

  9. Rough-Trade

    Rough Trade records、代官山蔦屋書店でキャンペーンの開催が決定

  10. LOUD PARK 17、L.A.ガンズの追加出演が決定

  11. FLOATING POINTS

    FLOATING POINTS、10月にアルバム「CRUSH」を発表&新曲“Last Bloom”が公開

  12. ナイル・ホーラン、ソロ・デビュー・アルバム『フリッカー』が10/20にリリースされることが決定

  13. SUGIZO 『ONENESS M』発売記念トークセッション開催

  14. ジャミロクワイ、本日9/15の日本武道館公演のライヴ写真が公開に

  15. KYLE

    KYLE、1/10に予定されていた来日公演が中止に

  1. THINK of MICHINOKU

    「THINK of MICHINOKU」を再編集した完全版、ダイジェストを フジテ…

    2021.06.15

  2. 埼玉六連戦

    the telephones、「埼玉三連戦~Start Over From SAITAMA~」全公演…

    2021.06.14

  3. 宮田和弥

    ジュンスカ宮田和弥が、3ヶ月連続となる配信シングル「ジブンノウタ…

    2021.06.14

  4. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、Elton JohnやCourteney Coxと共に「Tiny Dancer」のカ…

    2021.06.14

  5. Aerosmith

    AerosmithのBradley Whitford、英EU離脱がツアーの障害になると語る

    2021.06.14

  6. The Linda Lindas

    The Linda Lindas、アメリカのテレビに初出演したパフォーマンス映…

    2021.06.14

  7. The Rolling Stones

    The Rolling Stonesら、ストリーミング・サービスによる支払いを改…

    2021.06.14

  8. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、カムバック・シングルを初披露する日時が明らかに

    2021.06.14

  9. Dua Lipa

    Dua Lipa、新曲「Love Again」のMV公開

    2021.06.14

  10. GREENROOM BEACH

    GREENROOM BEACH、第1弾アーティストはDef tech、Nulbarichら9組

    2021.06.14

  1. SUPERSONIC

    SUPERSONIC 2021、海外アーティストを迎えての開催を目指し9月18日(…

    2021.05.31

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、ラインナップ第2弾発表!

    2021.05.21

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

    2021.04.21

  4. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1、第3弾でThe BONEZ、Dragon Ash…

    2021.04.20

  5. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  6. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01