レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー、回想録の刊行日が決定

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーによる回想録の刊行日が決定したと報じられている。

『アシッド・フォー・ザ・チルドレン(原題)』と題された著書が9月25日に刊行されると「エクスクレイム!」は報じている。

フリーが回想録に取り組んでいることは2014年に発表されていた。

グランド・セントラル・パブリッシング社がウェブサイトに掲載した説明文では次のように述べられている。「不朽のレッド・ホット・チリ・ペッパーズの結成メンバーであり、伝説的ベーシストであるフリーがついに魅力溢れる自身の人生について語ります。ロサンゼルスのストリートの小僧から世界的に知られるロックスターになるまでの、どん底の底辺から目眩がするような成功が完全に描かれます」

フリーは今年2月に処方薬の危険性を警告するために過去の中毒との闘いについて明かしている。

フリーはアメリカでの処方薬の危険性にまつわる深刻さを伝えるため、『タイム』誌の「オピオイド・ダイアリーズ」という特集に寄稿している。

「俺は生まれた日から薬物乱用に取り囲まれていたんだ」と彼は綴っている。「人生におけるすべての大人が自分の問題を和らげるために自分を麻痺させていて、アルコールとドラッグは常にどこにでもあった。俺がハッパを吸い始めたのは11歳の時で、それから鼻で吸い、注射を打ち、吸って、10代と20代を通して麻薬をやり続けることになった」

しかし、腕の怪我で渡された処方薬が再び酩酊させることになったという。

「数年前、スノーボードで腕を骨折して大きな手術をしたんだ。医師は完全に元通りにしてくれて、今なおベースが弾けることには心から感謝してるんだ。でも、医師は2ヶ月分のオキシコンチンを処方したんだ。ボトルには1日4錠と書いてあった。それを飲んだら、ものすごくハイになってさ。それは肉体の痛みだけじゃなく、感情も鎮めてくれた。1日に1錠しかとらなかったんだ。でも、子供の前には出られなかったし、俺のクリエイティヴな精神は減退し、俺は塞ぎ込むことになった。1ヶ月で飲むことをやめたよ。でも、簡単に別の薬の処方を求めたことがあり得たかもしれないんだ」

関連NEWS

  1. John Frusciante

    John Frusciante、来たる新作より新曲が公開

  2. レッチリのチャド・スミス、コールドプレイやガンズのメンバーが参加したスーパーグループを結成

  3. John Frusciante

    Red Hot Chili PeppersのJohn Frusciante、かつてのギター・テックに連絡をとっていたことが明らかに

  4. レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャドとジョシュ、パール・ジャムのマイクと“Purple Rain”をカヴァー

  5. Red Hot Chili Peppers

    Red Hot Chili Peppersや布袋寅泰ら、Gang Of Fourのトリビュート作に参加

  6. Red Hot Chili Peppers

    Red Hot Chili Peppers、エジプトのピラミッドで公演を行うことを発表

  7. AmericanRock

    米国ロック・グッズの祭典「THE AMERICAN ROCK」、8月にお台場で開催が決定

  8. Red Hot Chili Peppers、The Cars

    Red Hot Chili Peppers、The Carsの楽曲をカヴァーしてRicを追悼

  9. Kobe Bryant

    Kobe BryantにTravis BarkerやKanye Westら、追悼の意を表明

  10. レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー、ユダヤ教のシナゴーグで起きた銃乱射事件に言及

  11. Red Hot Chili PeppersやFoo Fighters、Guns N’ Rosesらのメンバー、一夜限りのスーパーグループを結成

  12. Red Hot Chili Peppers

    Red Hot Chili PeppersのFlea、回想録でバンドのキャリアに触れていない理由を明かす

  13. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、今後の活動予定について語る

  14. Josh Klinghoffer

    元レッチリのJosh Klinghoffer、“Rat Bastards at Every Turn”を弾き語りで披露

  15. Josh Klinghoffer

    元Red Hot Chili PeppersのJosh Klinghoffer、自身の脱退はバンドにとって単純な決断だったと語る