デヴィッド・ボウイ、ニューヨークで彼がデザインされたサブウェイ・カードが発売に

デヴィッド・ボウイは、ニューヨークで自身がデザインされたサブウェイ・カードが発売されている。

音楽ブログ『ブルックリン・ヴィーガン』の報道によれば、デヴィッド・ボウイがかつて住んでいたソーホーの自宅から数ブロックの距離にあるブロードウェイ – ラファイエット駅で、デヴィッド・ボウイがデザインされたサブウェイ・カードが新たに販売されているという。

また、ブロードウェイ – ラファイエット駅は駅全体でデヴィッド・ボウイを大々的にフィーチャーしている。現在ブルックリン美術館で開催されている回顧展「DAVID BOWIE is」の広告が駅構内や周辺のあちこちに展示されているほか、巨大な壁画も描かれている。

報道によれば、デヴィッド・ボウイのサブウェイ・カードの値段は6ドル50セント(約700円)で、2回分の利用が可能だという。

ニューヨークで特別な仕様のサブウェイ・カードが発売されたのはこれが初めてではなく、昨年にはデヴィッド・リンチの名作『ツイン・ピークス』の新シーズンのプロモーションの一環として『ツイン・ピークス』のサブウェイ・カードが発売されているほか、シュプリームとコラボしたサブウェイ・カードも発売されている。

また、大西洋を隔てた反対側では、イギリスのエイルズベリーのマーケット・スクウェアでデヴィッド・ボウイの初となる銅像が公開されている。デヴィッド・ボウイは1970年代初頭、エイルズベリーのコンサート会場、フライアーズでジギー・スターダストとしての初パフォーマンスを行ったとされている。しかしながら、公開から48時間も経たないうちに落書きの被害に遭っている。

デヴィッド・ボウイは、4月21日の今年のレコード・ストア・デイに3アイテムがリリースされることが決定している。

。一つ目は3枚組未発表ライヴ・アルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト』で、本作は1978年6月30日・7月1日にロンドンのアールズ・コートで開催されたライヴを収録したものとなっている。トニー・ヴィスコンティがライヴ・レコーディングを行ない、79年1月17日~22日にかけてモントルーにあるマウンテン・スタジオにてボウイ本人とデヴィッド・リチャーズによってミックスが行われている。3枚のLPを封入するパッケージには、鋤田正義とクリス・ウォルターによる写真が使用されている。

2つ目はデヴィッド・ボウイの71歳の誕生日となった今年の1月8日に配信がスタートした“Let’s Dance”のデモ・バージョンをフル・レングスで収録した12インチ・シングルとなっている。このフル・レングス・ヴァージョンは7分34秒の長さで、先日公開されたデモ音源(エディット・ヴァージョン)同様、昨年12月にナイル・ロジャースがミックスを手掛けた音源となる。カップリングには1983年9月12日、カナダはバンクーバーにあるパシフィック・ナショナル・エキシビジョン・コロセウム公演時の“Let’s Dance”のライヴ音源が収録される。

3つ目は1977年にアメリカでプロモーション用として配布されたコンピレーション『ボウイ・ナウ』で一般に流通するのは今回が初めてとなる。収録されているのはアルバム『ロウ』と『ヒーローズ』に収録されている楽曲で、『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン』ボックス・セットでも使用されているトニー・ヴィスコンティによる最新リマスター音源が使用されている。パッケージのインナースリーヴには、77年にベルリンで撮影されたモノクロの貴重な写真が使われている。

関連NEWS

  1. パール・ジャム、デヴィッド・ボウイの“Rebel Rebel”をシカゴ公演でカヴァー

  2. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、リリース50周年を記念した“Space Oddity”の新たなビデオが公開

  3. 回顧展「DAVID BOWIE is」、1月にAR版アプリとしてリリースされることが明らかに

  4. デヴィッド・ボウイ、6/29に78年から82年の間にレコーディングした3作品がリリースされることに

  5. David Bowie

    David Bowie、90年代のライヴを収録したライヴ・アルバム第6弾のリリースが決定

  6. DAVID BOWIE

    『ピーキー・ブラインダーズ』のキリアン・マーフィー、劇中の帽子をDAVID BOWIEに贈った逸話を語る

  7. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、ストリーミング限定EPより“Baby Universal ’97”の音源が公開

  8. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、1997年の『アースリング』ツアーのライヴ音源が配信開始

  9. デヴィッド・ボウイ、2000年のグラストンベリー・フェスの模様が完全版でリリースされることに

  10. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、名作をモチーフにしたVansとのコラボレーション・アイテムが発表に

  11. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、1999年のパリ公演を収録したライヴ音源がデジタルで来週リリースされることに

  12. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、3枚組7インチ・シングル・ボックス『クレアヴィル・グローヴ・デモ』のリリースが決定

  13. Bon Jovi

    Bon Jovi、有名になる前にMick Jaggerとスタジオで遭遇した逸話を語る

  14. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、ストリーミング限定EPより“Stay ’97”の音源が公開

  15. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、誕生日を記念して17世紀に建てられた教会が“Life On Mars”を演奏

  1. Linkin Park

    Linkin Park、Spotifyでの「In The End」の再生回数が10億回を突破…

    2021.06.16

  2. SHAKKAZOMBIE

    SHAKKAZOMBIEのBIG-Oに捧げるトリビュートEP『BIG-O DA ULTIMATE』…

    2021.06.16

  3. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、新型コロナウイルスへの対応についてボリス・ジョ…

    2021.06.16

  4. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、自分が兄弟ともし共作したらナイフで刺してしまう…

    2021.06.16

  5. Fear, and Loathing in Las Vegas

    Fear, and Loathing in Las Vegas、有観客で「The Animals in Scree…

    2021.06.16

  6. BiSH

    BiSH、8/29国営讃岐まんのう公園で「BiSH SPERMS 野外伝 supported…

    2021.06.15

  7. The Offspring

    The Offspring、新作の特製サイコロが当たるキャンペーンの実施が決…

    2021.06.15

  8. ブルーノート・レコード

    ブルーノート・レコード、UTとのコラボレーション・コレクションが…

    2021.06.15

  9. Original Love

    Original Love、デビュー30周年を記念して、デビュー・アルバムを3…

    2021.06.15

  10. Neil Young

    Neil Young、Crazy Horseとの新作に取り組んでいることを明かす

    2021.06.15

  1. SUPERSONIC

    SUPERSONIC 2021、海外アーティストを迎えての開催を目指し9月18日(…

    2021.05.31

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、ラインナップ第2弾発表!

    2021.05.21

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

    2021.04.21

  4. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1、第3弾でThe BONEZ、Dragon Ash…

    2021.04.20

  5. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  6. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01