リアム・ギャラガー、ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることが明らかに

リアム・ギャラガーはザ・ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることが明らかになっている。

ザ・ローリング・ストーンズは5月から6月にかけて5年ぶりとなるUK&アイルランド・ツアーを行うことが決定しているが、そのサポート・アクトが発表されている。

5月22日のロンドン公演にリアム・ギャラガーが、5月25日のロンドン公演にフローレンス・アンド・ザ・マシーンが、5月29日のサウサンプトン公演にザ・ヴァクシーンズが、6月2日のコヴェントリー公演にザ・スペシャルズが、6月5日のマンチェスター公演と6月9日のエジンバラ公演にリチャード・アシュクロフトが、6月15日のカーディフ公演にエルボーが、6月19日のトゥイッケナム公演にジェイムス・ベイが出演することが今回発表されている。

先日、ザ・ローリング・ストーンズのドラマーであるチャーリー・ワッツはバンドが解散しても「困る」ことはないとしている。

「ドラムを叩くのは大好きだし、ミックやキースと演奏するのも大好きだけど、あとどれだけやるかは分からないよ」とチャーリー・ワッツは『ガーディアン』紙に語っている。「ザ・ローリング・ストーンズがもういいよということになっても困ることはないからね」

彼は次のように続けている。「友好的じゃない形で終わるのはイヤだね。ミックでも、自分でも、キースでも、誰でもいいけれど、どんな理由にせよもうやりたくないと言ってほしい。分かったっていうだけだからね。口論とかにはなってほしくないよね」

「やめたら何をやるかは分からないね」とチャーリー・ワッツは語っている。「キースは一度始めたら続けるんだと熱心に言うけどね。僕の大きな懸念はもう十分だとなってしまうことだよね。幸いなことにかつてやってたようにはもう動かないからね。それぞれの公演の間には長い間隔をとるようにしてるんだ」

関連NEWS

  1. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、最新シングル“Shockwave”のマーチャンダイズが日本で販売開始

  2. リアム・ギャラガー、フー・ファイターズのフェスティバルでクラウドサーフを披露

  3. The LibertinesのPeter Doherty、Liam Gallagher

    The LibertinesのPeter Doherty、Liam Gallagherとボクシングの試合を希望する

  4. oasis

    oasis、“Wonderwall”のジャケットにLiam Gallagherが登場しなかった理由を写真家が語る

  5. Ronnie Wood

    The Rolling StonesのRonnie Wood、外出制限の中で中毒患者へのアドバイスを寄せる

  6. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、10月に医療従事者向けに無料のコンサートを開催することを発表

  7. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、フォークでスープを食べる動画を投稿してNoel Gallagherを揶揄

  8. リアム・ギャラガー、ブリット・アウォーズにノミネートされなかったノエルに皮肉

  9. リアム・ギャラガー、『アズ・ユー・ワー』の限定ピクチャー・ディスク盤が発売されることに

  10. Mick Jagger

    The Rolling StonesのMick Jagger、亡くなった映画プロデューサーに追悼の意を表明

  11. ローリング・ストーンズの展覧会「EXHIBITIONISM」、2019年3月より日本開催が決定

  12. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、自身について最もグーグルで検索されている質問に答える

  13. リアム・ギャラガーのプリティ・グリーン、ビートルズ『イエロー・サブマリン』50周年商品を発売

  14. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、The Stone Rosesのデビュー・アルバムの魅力について語る

  15. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、英TV番組で披露した「All You’re Dreaming Of」のパフォーマンス映像が公開