ポール・マッカートニーやメタリカら、今年のオースティン・シティ・リミッツに出演することが決定

ポール・マッカートニーやメタリカ、アークティック・モンキーズらが今年のオースティン・シティ・リミッツのヘッドライナーを務めることが明らかになっている。

今年のオースティン・シティ・リミッツは10月5日から7日、10月12日から14日という2週末にかけてジルカー・パークにて開催される。

ポール・マッカートニー、メタリカ、チャイルディッシュ・ガンビーノ、アークティック・モンキーズ、トラヴィス・スコット、オデッサ、ザ・ナショナルがヘッドライナーを務めることが発表されており、他にカミラ・カベロ、ショーン・メンデス、デヴィッド・バーン、チャーチズ、セイント・ヴィンセント、ファーザー・ジョン・ミスティ、ブロックハンプトンらが出演することが発表されている。

ポール・マッカートニーはカタログ作品4作品が5月18日にリイシューとしてリリースされることが決定している。

リリースされるのは『NEW』、『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』、『ウイングス・グレイテスト・ヒッツ』、『スリリントン』の4作品で、それぞれCD(輸入盤はデジパック、日本盤のみ初の紙ジャケット仕様)と180g盤LP(黒盤)、そしてユニバーサル・ミュージック・ストア限定でカラー・ヴァイナルLPの3形態での発売となる。

『NEW』と『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』のアナログ盤LPが発売されるのはオリジナル盤発売以来初となる。それぞれ180g重量盤でカラー・ヴァイナルもリリースされ、12×12インチのインサートとダウンロード・カードが封入される。

『ウイングス・グレイテスト・ヒッツ』は180g重量盤の青色のカラー・ヴィニールLPが限定盤としてリリースされ、LPには20×30インチのポスターとダウンロード・カードが封入される。

1971年にレコーディングされたが、1977年になってやっと発売された『スリリントン』は、パーシー・“スリルズ”・スリリントンという偽名のクレジットで発売されたアルバムで、ポールとリンダ・マッカートニーが自らの作品の『ラム』をインストゥメンタル/ジャズ・ヴァージョンとして再構築した作品となっている。『スリリントン』のアナログ盤LPがリリースされるのは1977年のオリジナル発売以来で、この作品でもダウンロード・カードが封入された180g重量盤の赤と黒のマーブルのカラー・ヴィニールLPが限定盤として登場する。

関連NEWS

  1. Paul McCartney

    Paul McCartney、動物愛護団体とコラボした“Looking For Changes”の新たなビデオが公開

  2. Paul McCartney

    Paul McCartney、最新作より「When Winter Comes」のMV公開

  3. Paul McCartney

    Paul McCartney、14歳の時に買ったギター・アンプを長年使っていた逸話が話題に

  4. Paul McCartney

    Paul McCartney、来年のGlastonbury Festivalへの出演を現時点で考えていないと語る

  5. Paul McCartneyやYoko Onoら、John Lennon

    Paul McCartneyやYoko Onoら、John Lennonの没後40年に際して追悼の意を表明

  6. ポール・マッカートニー、来日公演に向けたコメント動画が公開

  7. ポール・マッカートニー、名作『アビイ・ロード』のタイトルが決まった瞬間について語る

  8. Paul McCartneyとIdris Elbaがサインを入れたギターがオークションに

  9. ポール・マッカートニー、ニューヨーク公演でブルース・スプリングスティーンと共演

  10. ポール・マッカートニー、ドラッグを使用した際に神を見たという体験について語る

  11. Paul McCartney

    Paul McCartney、中止になったイタリア公演をめぐってイタリア政府の方針を批判

  12. The Beatles

    Paul McCartney、The Beatlesのジャケット写真を手掛けたロバート・フリーマンに追悼の意を表明

  13. Paul McCartney

    Paul McCartney、ロックダウンに協力する世界中の人々に賛辞を寄せる

  14. The Beatles

    Paul McCartney、John Lennonと生前和解できたことについて振り返る

  15. Paul McCartney

    Paul McCartney、The Beatlesの曲でも弾き方を忘れてしまうことがあると明かす