ノエル・ギャラガー、ソーシャル・メディア時代のロック・バンドについて語る

ノエル・ギャラガーはソーシャル・メディア時代のロック・バンドについて自身の見解を語っている。

ノエル・ギャラガーはレッドブルによる雑誌『レッド・ブレティン』のインタヴューに応じており、名声について、ロックスターについて、ロック・ミュージックの現状について語っている。

「始めた時は有名になんかなりたくなかったんだ。金持ちにはなりたかったけどね。名声? そんなのはどうでもいいわけでさ。名声と付き合うのは得意だけどね。それに悩まされることもないしね。でも、それが原動力になることはないわけだよ。俺は自分のことをロックスターだと考えたことはないわけでね。表向きにはそうなんだろうけど、俺はロックスターみたいに歩きたくないし、あんな感じで喋りたくないね」

「今、ロックスターがいるかい? ロックスターなんて残ってないんだ。イングランドの今のロックスターは? そんなの時代遅れか、40代を超えているだろ。もしくは、何も言うべきことがなく、曲を書いてないかね。もしくは、変な髪型でダサい靴を履いてるとかさ」

彼は次のように続けている。「そう、今のロック・ミュージックっことでいくと、デイヴ・グロールとかは『叫ぶのをやめてもらえないかな?』と思うんだ。そして、グリーン・デイなんかについては『文句を言うのはやめてもらえないかな』と思うわけでさ。みんな同じ格好して、タトゥーが入ってて、ピアスをして、髪を染めているんだ」

「俺はそういう人間じゃないし、そんな風になったこともない」

「バンドがファンのものになってしまってるんだよ。ソーシャル・メディアでやりとりをするようになってしまったからね。ファンはバンドにやってもらいたいことを指図するようになって、レコード会社もバンドがやるべきことを指図するんだ」

「申し訳ないけど、俺は誰のものでもない。俺の考えも、何を着るかも、誰にバンドにいてもらいたいかも指図できないんだ」

先日、ノエル・ギャラガーは“It’s A Beautiful World”のリミックスEPをオンラインで公開している。

4曲が収録された同作は元々4月21日のレコード・ストア・デイに12インチのモノクロのアナログ盤でリリースされていた。

音源はこちらから。

関連NEWS

  1. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、70代になってもMick Jaggerのように続けていたいかという質問に答える

  2. イングランド代表、W杯での敗退を受けてサポーターが“Don’t Look Back In Anger”を熱唱

  3. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、自身の葬儀でかけてほしい3曲を明かす

  4. ノエル・ギャラガー、米TV番組でのパフォーマンス映像が公開

  5. oasis

    Noel Gallagher、『モーニング・グローリー』のレコーディングでLiamに腹が立ったことを振り返る

  6. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、歳を取るにつれて音楽的に冒険したいと思うようになったと明かす

  7. オアシス、メンバー同士を最初に引き合わせた人物がバンドの再結成の可能性に言及

  8. ノエル・ギャラガー、ポール・ウェラーと共演してザ・ジャムとビートルズのカヴァーを披露

  9. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、今年3作目の来たるEPに収録される新曲の一部が公開

  10. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、今年のBMIプレジデント賞を受賞することが明らかに

  11. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、Stella McCartneyの誕生会でPaul McCartneyと共演

  12. ノエル・ギャラガー、オアシス脱退翌日にメタリカのラーズ・ウルリッヒからもらったメールを明かす

  13. リアム・ギャラガー、兄のノエル・ギャラガーにオアシスの再結成を持ちかける

  14. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、シンガーとしてのBoneheadについて「最低」と語る

  15. Lars Ulrich

    Lars Ulrich、Oasisの“Don’t Look Back In Anger”のカヴァーを振り返る