U2のボノの息子が結成したバンド、同じ名前のバンドとトラブルに

U2のフロントマンであるボノの息子によって結成されたバンドがバンド名を巡ってトラブルに遭っているという。

ボノの第3子であるイーライ・ヒューソンは、インヘイラーというダブリンのバンドのメンバーを務めている。バンドは2016年に結成されており、彼らのウェブサイトによれば「4人組ロックンロール・バンド」で、ジョイ・ディヴィジョンやザ・ストーン・ローゼズに影響を受けているという。

しかし、イギリスのハートフォードシャーを拠点に活動する4人組の別バンドもインヘイラーを名乗っているというとのことで、『ハートフォードシャー・マーキュリー』によれば、このバンドはボノの息子のせいで自分たちへの脚光が妨げられていると主張している。「がっかりさせられるよ」とバンドのヴォーカリストであるルカ・セントロは語っている。「僕たちは2014年にバンドを結成したんだ。そして2015年に僕たちはインヘイラーとして最初のギグをやっているんだ」一方、イーライ・ヒューソンのバンドが結成されたのは、まだ2年前のこととなっている。

ハートフォードシャーのインヘイラーは、アイルランドのメディアがイーライ・ヒューソンのバンドの記事にルカ・セントロの写真を誤って使用しているのを発見したことがきっかけで、はじめてインヘイラーと名乗る第2のバンドの存在を知ったという。

「(もうひとつのインヘイラーの方が)この名前を検索していれば、インヘイラーという別バンドがいるって分かったはずなんだ」とルカ・セントロは語っている。「僕たちはライヴ活動でもなんでも始めていたし、ネットでファンもできていたんだよ。今じゃグーグルでバンドを検索しても、連中のバンドのほうになっちゃうわけでね」

誤って使われた写真を発見した時、ルカ・セントロはそのことをネット上に投稿したのだという。「要するに僕たちはインスタグラムのストーリーでそのことについて上げてみたんだ」と彼は続けている。「そこでは『これは僕たちの名前で、僕らの写真だ。君がボノの息子だろうが気にしないよ』みたいなことを言ったんだ。そしたら連中はバンド名については前から検索していたって言うんだけど、それが本当なのか実際には分かんないよね」

さらにノエル・ギャラガーの娘から「いい加減にして」というメッセージがまでが送られてきたという。

ハートフォードシャーのインヘイラーのサウンドクラウドのページによれば、彼らは最初の音源を2015年12月にリリースしている。一方、イーライ・ヒューソンのバンドのデビュー曲は昨年リリースされている。

関連NEWS

  1. U2

    U2、『ALL THAT YOU CAN’T LEAVE BEHIND (20th Anniversary Edition)』発売が決定

  2. U2

    U2、2001年のボストン公演から2曲のライヴ映像が公開

  3. U2

    U2、12月4日に行われるさいたまスーパーアリーナ公演のステージからニュースを発表すると予告

  4. U2、“Get Out Of Your Own Way”のビデオ撮影をトラファルガー広場で敢行

  5. u2

    U2のBonoの娘である女優のEve Hewson、どんな父親かについて語る

  6. U2

    U2のBono、貧困国でのワクチン接種の必要性を訴えるアニメーション動画が公開

  7. U2

    U2 12/4公演のセットリスト

  8. U2、“Vertigo”のアコースティック・パフォーマンスの動画が公開

  9. Bono

    U2のBono、新型コロナウイルスで自宅にいる人に向けて新曲を披露

  10. U2、ドナルド・トランプ大統領に向けた“Get Out Of Your Own Way”のビデオを公開

  11. U2

    U2のBono、PrinceやBeyonceらに賛辞を寄せる

  12. U2

    U2のBono、スタッフが取り押さえようとするなかステージに上げた男性とダンスを披露

  13. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のアコースティック・バージョンを公開

  14. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、“Shockwave”の歌詞をNoelやBonoを揶揄する内容に変えてパフォーマンス

  15. U2

    U2のBono、60歳の誕生日を迎えて人生を救った60曲のプレイリストを公開