ボブ・ディラン、11月に『ザ・ブートレッグ・シリーズ第13集』のリリースが決定

ボブ・ディランは『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 – 1981』が11月8日にリリースされることが明らかになっている。なお、輸入盤のデラックス版(8CD+DVD)、スタンダード版(2CD)、アナログ版(4LP+2CD)は11月3日に先行して発売される。

ブートレッグ・シリーズの最新作となる『トラブル・ノー・モア1979 – 1981』は、『スロー・トレイン・カミング』(1979)、『セイヴド』(1980)、『ショット・オブ・ラヴ』(1981)の時期の音源を収録したもので、この時期、ツアーでバックを務めた演奏陣は、ジム・ケルトナー(Dr)、ティム・ドラモンド(B)、フレッド・タケット(G)、スプーナー・オールダム(Key)、テリー・ヤング(Key)らとなっている。

PRESS

Photo: PRESS

1991年にリリースされた『ブートレッグ・シリーズ第1〜3集』に収録された“Ye Shall Be Changed”を除けば、『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 – 1981』デラックス版の曲はすべて未発表音源となる。14曲の未発表曲を含む、多くの未発表ライヴ音源、貴重なスタジオ・アウトテイクが収められている。

デラックス版のボックス・セットにはディラン学者のベン・ロリンズによる紹介文及びアマンダ・ペトルーシク、ロブ・ボウマン、そしてペン・ジレットによるライナーノーツを収めたハードカバーのブックレットが付く。さらに、ディランの1980年ツアーからの未公開映像と、作家リュック・サンテが書き下ろし、アカデミー賞ノミネート歴のあるマイケル・シャノンが読み上げる説教を含む新作長編映画『Trouble No More: A Musical Film』の日本語字幕付DVDが付属する。『Trouble No More: A Musical Film』は9月27日~10月15日に開催されるニューヨーク映画祭で初公開される。

リリースの詳細は以下の通り。

ボブ・ディラン
『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 – 1981』 デラックス・エディション完全生産限定盤(9枚組)
『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 – 1981』 スタンダード・エディション(2枚組)
2017年11月8日発売予定
未発表写真満載の豪華カラー・ブックレット
英文の完全翻訳・書下ろし解説・歌詞・対訳付の日本版ブックレット
Blu-Spec CD 2
9枚組(Disc 1-8, DVD / SICP31090-98 / ¥30,000+税 / 完全生産限定盤)
2枚組(Disc 1-2 / SICP31099-100 / ¥3,600+税)
Disc 1: Live
1. スロー・トレイン/ Slow Train (Nov. 16, 1979)
2. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (Nov. 15, 1979)
3. アイ・ビリーヴ・イン・ユー/ I Believe in You (May 16, 1980)
4. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ/ When You Gonna Wake Up? (July 9, 1981)
5. ホェン・ヒー・リターンズ/ When He Returns (Dec. 5, 1979)
6. マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ/ Man Gave Names to All the Animals (Jan. 16, 1980)
7. プレシャス・エンジェル/ Precious Angel (Nov. 16, 1979)
8. コヴィナント・ウーマン/ Covenant Woman (Nov. 20, 1979)
9. ゴナ・チェンジ・マイ・ウェイ・オブ・シンキング/ Gonna Change My Way of Thinking (Jan. 31, 1980)
10. ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー/ Do Right to Me Baby (Do Unto Others) (Jan. 28, 1980)
11. ソリッド・ロック/ Solid Rock (Nov. 27, 1979)
12. ホワット・キャン・アイ・ドゥ・フォー・ユー/ What Can I Do for You? (Nov. 27, 1979)
13. セイヴド/ Saved (Jan. 12, 1980)
14. イン・ザ・ガーデン/ In the Garden (Jan. 27, 1980)

Disc 2: Live
1. スロー・トレイン/ Slow Train (June 29, 1981)
2. エイント・ゴナ・ゴー・トゥ・ヘル・フォー・エニバディ/ Ain’t Gonna Go to Hell for Anybody (Unreleased song – Apr. 24, 1980)
3. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (July 15, 1981)
4. エイント・ノー・マン・ライチャス、ノー・ナット・ワン/ Ain’t No Man Righteous, No Not One (Unreleased song – Nov. 16, 1979)
5. セイヴィング・グレイス/ Saving Grace (Nov. 6, 1979)
6. ブレスト・イズ・ザ・ネイム/ Blessed Is the Name (Unreleased song – Nov. 20, 1979)
7. ソリッド・ロック/ Solid Rock (Oct. 23, 1981)
8. アー・ユー・レディ/ Are You Ready? (Apr. 30, 1980)
9. プレッシング・オン/ Pressing On (Nov. 6, 1979)
10. ショット・オブ・ラヴ/ Shot of Love (July 25, 1981
11. デッドマン・デッドマン/ Dead Man, Dead Man (June 21, 1981)
12. ウォータード・ダウン・ラヴ/ Watered-Down Love (June 12, 1981)
13. イン・ザ・サマータイム/ In the Summertime (Oct. 21, 1981)
14. ザ・グルームズ・スティル・ウエイティング・アット・ジ・オルター/ The Groom’s Still Waiting at the Altar (Nov. 13, 1980)
15. カリビアン・ウィンド/ Caribbean Wind (Nov. 12, 1980)
16. エヴリィ・グレイン・オブ・サンド/ Every Grain of Sand (Nov. 21, 1981)

Disc 3: Rare and Unreleased
1. スロー・トレイン/ Slow Train (Soundcheck – Oct. 5, 1978)
2. ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー/ Do Right to Me Baby (Do Unto Others) (Soundcheck – Dec. 7, 1978)
3. ヘルプ・ミー・アンダースタンド/ Help Me Understand (Unreleased song – Oct. 5, 1978)
4. ゴナ・チェンジ・マイ・ウェイ・オブ・シンキング/ Gonna Change My Way of Thinking (Rehearsal – Oct. 2, 1979)
5. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (Outtake – May 4, 1979)
6. ホェン・ヒー・リターンズ/ When He Returns (Outtake – May 4, 1979)
7. エイント・ノー・マン・ライチャス、ノー・ナット・ワン/ Ain’t No Man Righteous, No Not One (Unreleased song – May 1, 1979)
8. トラブル・イン・マインド/ Trouble in Mind (Outtake – April 30, 1979)
9. イェ・シャル・ビー・チェンジド/ Ye Shall Be Changed (Outtake – May 2, 1979)
10. コヴィナント・ウーマン/ Covenant Woman (Outtake –February 11, 1980)
11. スタンド・バイ・フェイス/ Stand by Faith (Unreleased song – Sept. 26, 1979)
12. アイ・ウィル・ラヴ・ヒム/ I Will Love Him (Unreleased song – Apr. 19, 1980)
13. ジーザス・イズ・ザ・ワン/ Jesus Is the One (Unreleased song – Jul. 17, 1981)
14. シティ・オブ・ゴールド/ City of Gold (Unreleased song – Nov. 22, 1980)
15. シーフ・オン・ザ・クロス/ Thief on the Cross (Unreleased song – Nov. 10, 1981)
16. プレッシング・オン/ Pressing On (Outtake – Feb. 13, 1980)

Disc 4: Rare and Unreleased
1. スロー・トレイン/ Slow Train (Rehearsal – Oct. 2, 1979)
2. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (Rehearsal – Oct. 9, 1979)
3. メイキング・ア・ライアー・アウト・オブ・ミー/ Making a Liar Out of Me (Unreleased song – Sept. 26, 1980)
4. ヤンダー・カムズ・シン/ Yonder Comes Sin (Unreleased song – Oct. 1, 1980)
5. 1980年1月, ポートランドでの公演告知ラジオスポット/ Radio Spot January 1980, Portland, OR show
6. カヴァー・ダウン、プレイ・スルー/ Cover Down, Pray Through (Unreleased song – May 1, 1980)
7. ライズ・アゲイン/ Rise Again (Unreleased song – Oct. 16, 1980)
8. エイント・ゴナ・ゴー・トゥ・ヘル・フォー・エニバディ/ Ain’t Gonna Go to Hell for Anybody (Unreleased song – Dec. 2, 1980)
9. ザ・グルームズ・スティル・ウエイティング・アット・ジ・オルター/ The Groom’s Still Waiting at the Altar (Outtake – May 1, 1981)
10. カリビアン・ウィンド/ Caribbean Wind (Rehearsal – Sept. 23, 1980)
11. ユー・チェンジド・マイ・ライフ/ You Changed My Life (Outtake – April 23, 1981)
12. ショット・オブ・ラヴ/ Shot of Love (Outtake – March 25, 1981)
13. ウォータード・ダウン・ラヴ/ Watered-Down Love (Outtake – May 15, 1981)
14. デッドマン・デッドマン/ Dead Man, Dead Man (Outtake – April 24, 1981)
15. エヴリィ・グレイン・オブ・サンド/ Every Grain of Sand (Rehearsal – Sept. 26, 1980)

Disc 5: Live in Toronto 1980
1. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (April 18, 1980)
2. アイ・ビリーヴ・イン・ユー/ I Believe In You (April 18, 1980)
3. コヴィナント・ウーマン/ Covenant Woman (April 19, 1980)
4. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ/ When You Gonna Wake Up? (April 18, 1980)
5. ホェン・ヒー・リターンズ/ When He Returns (April 20, 1980)
6. エイント・ゴナ・ゴー・トゥ・ヘル・フォー・エニバディ/ Ain’t Gonna Go To Hell For Anybody (Unreleased song – April 18, 1980)
7. カヴァー・ダウン、プレイ・スルー/ Cover Down, Pray Through (Unreleased song – April 19, 1980)
8. マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ/ Man Gave Names To All The Animals (April 19, 1980)
9. プレシャス・エンジェル/ Precious Angel (April 19, 1980)

Disc 6: Live in Toronto 1980
1. スロー・トレイン/ Slow Train (April 18, 1980)
2. ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー/ Do Right To Me Baby (Do Unto Others) (April 20, 1980)
3. ソリッド・ロック/ Solid Rock (April 20, 1980)
4. セイヴィング・グレイス/ Saving Grace (April 18, 1980)
5. ホワット・キャン・アイ・ドゥ・フォー・ユー/ What Can I Do For You? (April 19, 1980)
6. イン・ザ・ガーデン/ In The Garden (April 20, 1980)
7. バンド紹介/ Band Introductions (April 19, 1980)
8. アー・ユー・レディ/ Are You Ready? (April 19, 1980)
9. プレッシング・オン/ Pressing On (April 18, 1980)

Disc 7: Live in Earl’s Court, London – June 27, 1981
1. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody
2. アイ・ビリーヴ・イン・ユー/ I Believe In You
3. ライク・ア・ローリング・ストーン/ Like A Rolling Stone
4. マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ/ Man Gave Names To All The Animals
5. マギーズ・ファーム/ Maggie’s Farm
6. アイ・ドント・ビリーヴ・ユー/ I Don’t Believe You
7. デッドマン・デッドマン/ Dead Man, Dead Man
8. 北国の少女/ Girl From The North Country
9. やせっぽちのバラッド/ Ballad Of A Thin Man

Disc 8: Live in Earl’s Court – London – June 27, 1981
1. スロー・トレイン/ Slow Train
2. レッツ・ビギン/ Let’s Begin
3. レニー・ブルース/ Lenny Bruce
4. ミスター・タンブリン・マン/ Mr. Tambourine Man
5. ソリッド・ロック/ Solid Rock
6. 女の如く/ Just Like A Woman
7. ウォータード・ダウン・ラヴ/ Watered-Down Love
8. いつまでも若く/ Forever Young
9. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ/ When You Gonna Wake Up
10. イン・ザ・ガーデン/ In The Garden
11. バンド紹介/ Band Introductions
12. 風に吹かれて/ Blowin’ In The Wind
13. イッツ・オール・オーヴァー・ナウ、ベイビー・ブルー/ It’s All Over Now, Baby Blue
14. 天国への扉/ Knockin’ On Heaven’s Door

Disc 9: Bonus DVD
Trouble No More – A Musical Film
DVD EXTRAS:
ショット・オブ・ラヴ/ Shot of Love
カヴァー・ダウン、プレイ・スルー/ Cover Down, Pray Through
井戸端の女/ Jesus Met the Woman at the Well (Alternate version)
エイント・ゴナ・ゴー・トゥ・ヘル・フォー・エニバディ/ Ain’t Gonna Go to Hell for Anybody (Complete version)
プレシャス・エンジェル/ Precious Angel (Complete version)
スロー・トレイン/ Slow Train (Complete version)

関連NEWS

  1. Dominic Fike

    Dominic Fike、デビュー作より「Vampire」のMV公開

  2. ELO、35年ぶりとなるアメリカ・ツアーを行うことを発表

  3. Superfly 髪をバッサリ切って復活、10周年記念ライブで力強い歌声

  4. m-flo LISA復帰発表早々ミュージックシーンの歴史塗り替える

  5. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、今後の活動予定について語る

  6. Warp

    Warp Records、30周年特設サイトがオープン

  7. Easy Life

    Easy Life、ニュー・シングル“Daydreams”が公開

  8. ウドー音楽事務所が招聘した海外アーティストのサインやギター、秘蔵写真の展示会が有楽町で開催

  9. UKのレコード会社の収入、ブリットポップ期以来で最高の伸び率を記録したことが明らかに

  10. リバティーンズ、12月にブラックプールで予定されていた公演がキャンセルに

  11. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』の発売を記念して日本公式ツイッターで8日間連続プレゼントを実施

  12. 豪華コラボ満載の「Perfume FES!!2017」大熱狂で幕

  13. RAMMSTEIN

    RAMMSTEINのTill Lindemann、ソロ・プロジェクトより“Ach so gern”のMVが公開

  14. ザ・ストラッツ、“One Night Only”のミュージック・ビデオを公開

  15. リアム・ギャラガー、ソロよりもオアシスが好きでも無理強いはできないと語る