ピーター・ガブリエル、本日よりソロ作品のスポティファイでの配信が開始

ピーター・ガブリエルは本日5月18日よりソロ作品のスポティファイでの配信が開始されている。

これまでもいくつかの楽曲に関してはスポティファイで配信されていたが、アルバム単位でスポティファイで配信されるのは始めてとなる。

第1弾として『ソー』、『アス』、そして『アップ』、またベスト盤の『シェイキング・ザ・ツリー』『ヒット』を含む計12パッケージの配信が始まっている。

今後、サウンドトラック・アルバム、オーケストラ/ソング・スワップ・アルバム、ライヴ・アルバム、Bサイド集そしてリミックス集などの過去作品が毎月配信されていくという。

スポティファイのピーター・ガブリエルのアーティスト・ページはこちらから。

ピーター・ガブリエルは今年2月にリリースされたXLレコーディングスの創設者であるリチャード・ラッセルのアルバム『エヴリシング・イズ・レコーデッド・バイ・リチャード・ラッセル』に参加している。