ジェニファー・ロペス、カーディ・BとDJキャレドが参加した新曲“Dinero”を公開

ジェニファー・ロペスはカーディ・BとDJキャレドが参加した新曲“Dinero”を公開している。

ジェニファー・ロペスにとって“Dinero”は2月にリリースされたスクリレックスとのコラボ楽曲“US”に続く新曲となっており、現地時間5月20日に開催されるビルボード・ミュージック・アワードで初めてパフォーマンスされる予定となっている。ジェニファー・ロペスは今年、シングルとして“En Anillo”もリリースしている。

ジェニファー・ロペスは本日ビルボード・ミュージック・アワードへの出演に先駆けて“Dinero”の音源を公開しており、同曲ではカーディ・Bがラップを披露しているほか、DJキャレドのトレードマークともいえるアドリブも盛り込まれている。

“Dinero”の音源はこちらから。

一方、カーディ・Bは先日、自身も参加したリタ・オラの最新シングル“Girls”が批判されていることを受けて擁護している。

リタ・オラは5月11日にカーディ・Bやビービー・レクサ、チャーリーXCXを迎えた新曲“Girls”をリリースしているが、同曲はヘイリー・キヨコやケラーニといったアーティストをはじめとしたLGBTQコミュニティから「理解していない」といった批判を受ける事態となっている。

ヘイリー・キヨコは“Girls”について「利よりも害が大きい」と自身の考えを述べているほか、ケラーニも「マズい歌詞」があるとして批判している。

カーディ・Bは今回、リタ・オラを初めとした“Girls”に参加したアーティストは「決して誰かを傷つけようとしたり悪意があったわけじゃない」としてこの曲を擁護している。

「気付かないかないうちにLGBTQコミュニティに対して攻撃的な言葉を使っていたのよね。ごめんなさい」とカーディ・Bはツイートしている。「みんながみんな、正しい『用語』を知っているわけじゃないの。私は学んだし、使うのをやめたわ」

関連NEWS

  1. Cardi B

    Cardi B、バーニー・サンダース上院議員が政界進出への意欲を示した彼女への支持を表明

  2. Chance The Rapper

    Chance The RapperやCardi Bら出演のオーディション番組、日本版予告編が公開

  3. Jennifer Lopez

    2020年のスーパーボウルのハーフタイム・ショウ、出演者が決定

  4. チャンス・ザ・ラッパーやカーディ・Bら、ネットフリックスのオーディション番組で審査員に

  5. Jennifer Lopez

    Jennifer Lopez、アレックス・ロドリゲスと婚約したことを発表

  6. Taylor SwiftやBillie Eilish

    Taylor SwiftやBillie Eilishら、2021年のグラミー賞授賞式への出演が決定

  7. Cardi B

    Cardi B、“Press”のMVが公開

  8. Jennifer LopezとShakira

    Jennifer LopezとShakira、スーパーボウルのハーフタイム・ショウの映像が公開

  9. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、コラボレーション・アルバムの参加ゲストがすべて明らかに

  10. Cardi B

    Cardi B、夫のオフセットとはもう離婚しないと発言

  11. ニッキー・ミナージュ、カーディ・Bの電話番号をリークしたという批判に反論

  12. CardiB BrunoMars

    Bruno Mars、Cardi Bとの新曲“Please Me”の音源が公開

  13. Cee Lo Green

    Cee Lo Green、Cardi BやMegan Thee Stallionを批判したことを謝罪

  14. Cardi B

    Cardi B、ニュー・シングル“Press”の音源が公開

  15. Cardi B

    Cardi B、Megan Thee Stallionとのコラボとなる新曲“WAP”が公開