アークティック・モンキーズのアレックス、新作の作曲でギターを使わなかった理由を改めて語る

アークティック・モンキーズのアレックス・ターナーは、ニュー・アルバムの楽曲を書く際にギターからはほとんどインスピレーションを得られなかったと語っている。

バンドの通算6枚目のニュー・アルバム『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』は、批評家筋からは主として賞賛されている一方、ファンの間では評価が割れており、アレックス・ターナーがレコード制作でピアノを使うようになったことを嘆く声もある。しかし、アレックス・ターナーは、ギターがかつてのように自分のインスピレーションにならなかったと明かしている。

「ギターを弾くことはもちろん大好きなんだ」とアレックス・ターナーは「ラジオX」に語っている。「このレコードでもたくさん弾いているんだけどね。ただ作曲の道具としては、自分を惹きつけてくれる場面がないようなところに達したんだよ」

「ピアノがこのアルバムに導いた要因のひとつ」であり、ピアノがアルバムの「宇宙の中心」になったとして、さらに彼は次のように語っている。「ピアノに座るまではそんなにたくさんのアイディアがあったとは思えないんだ。1度か2度は別として、これまでは曲を書くものじゃなかったんだけどね」

先日もアレックス・ターナーは「BBC ラジオ1」に対し、作曲の際にギターを使うことでアルバムがどうなっていくのか「懐疑的」になってしまったと語っている。

アレックス・ターナーは『NME』にバンドの進化について語っており、彼はアレクサンドラ・セイヴィアーとの共作やザ・ラスト・シャドウ・パペッツでの活動をしてきた5年間で、ただ自分自身を繰り返していくことに居心地が悪くなり、現在形のアーティストとして、何か新しいものに挑戦しなければならないと感じるようになったという。

「気取った言い方をすれば、厳しい荒波ということになるんだろうけどさ。でも、どれだけ自分に選択の余地が残されていたのかは分からないわけでね」と彼はニュー・アルバムでの作曲について語っている。「これは自分の誠実さを保っていくことについての宣言みたいなものなんだ。なにもそれにこだわっているわけじゃないけどさ、これが僕にあったすべてでね。他にどんなやり方があったのか、本当に分からないんだ」

彼は次のように続けている。「もし『AM』をもう一度作ってみようとしていたら、楽曲の初稿すら完成できたか分からないね。もう5年も前のことになってたし、その間にアレクサンドラとのレコードやパペッツをやっていたという事実もあいまってさ。そういうものを持ち込んでも、『AM』からのシフトはよいものにならなかっただろうね」

「『AM』の第2弾をもう一度作ることができそうだという考えから自分はさらに遠ざかったところにいるんだと思う。それをやる機会は失われてしまったんだよ」

一方、アークティック・モンキーズは来月、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行うサプライズ公演の詳細を発表している。

『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』のリリースを記念して、アークティック・モンキーズはウォー・チャイルドの資金を募るチャリティ公演を6月7日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行うという。

関連NEWS

  1. アークティック・モンキーズ、UKツアーに際して写真展を開催することを発表

  2. アークティック・モンキーズ、ニュー・アルバムのリリース時期について最新情報が到着か

  3. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、メロディーと歌詞の関係性について語る

  4. ノエル・ギャラガー、アークティック・モンキーズの新作について自身の考えを語る

  5. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、最新ツアーよりその舞台裏やライヴ映像をまとめた動画が公開

  6. アークティック・モンキーズ、最新作より“Ultracheese”をライヴで初めて披露

  7. アークティック・モンキーズ、新作にクラクソンズやテーム・インパラのメンバーが参加か

  8. アークティック・モンキーズ、今回のツアーで“Library Pictures”を初披露

  9. アークティック・モンキーズ、現在のお気に入りの5曲を挙げる

  10. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、楽曲がBBCの社交ダンス番組のダンス曲として使われて話題に

  11. ivors_2019

    アイヴァー・ ノヴェロ賞、2019年のノミネート作品が発表に

  12. アークティック・モンキーズ、2018年最初のライヴ日程を発表

  13. アークティック・モンキーズのマット・ヘルダース、地元シェフィールドのバーのCM音楽を手掛ける

  14. Matt Helders

    Arctic Monkeys、Matt Heldersが手掛けた新たなマーチャンダイズが発売

  15. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeysのマット・ヘルダース、ミルバーンのジョー・カーナルのソロ作をプロデュース