リバティーンズ、ホテル兼スタジオを計画している不動産を無事購入したことが明らかに

ザ・リバティーンズは新たな報道によれば、ホテル兼レコーディング・スタジオにすることを計画しているマーゲイトの集合住宅を無事購入したという。

昨年、ピート・ドハーティはこの計画について明らかにしており、「僕らはリバティーンズ・ホテルをオープンするつもりなんだ。スタジオ、ナイトクラブやバーがあるね」と語り、次のように続けている。「料金を払えば誰にでも利用可能なんだよ」

GETTY

Photo: GETTY

カール・バラーもこの計画について触れ、今年次のように説明していた。「今は試練の最中なんだ。僕らが待っている最後のことというのが計画に対する許可でね。それが通ったら、レコーディングしたり、リハーサルをやったり、作曲したり、やりたいことは何でもできる場所に取り掛かるよ」

今回、バンドはケント州の海沿いの街に20部屋がある不動産を購入しており、「地元の反対」があったものの既に転居していると『ザ・サン』紙は報じている。その報道によれば、この計画は地元住民を「狼狽させる」ことになったとして、バンドが地域を「クレイジーなパーティー・エリア」にしてしまうことを恐れていたという。

情報筋は『ザ・サン』紙に次のように語っている。「これはピートとカールの夢だったのです。彼らはアンディ・ウォーホルのファクトリーのようにしたいのです」

現在のところ、このリバティーンズのホテルがいつ営業を開始するのかは明らかになっていない。

ザ・リバティーンズは、予定されていたブラックプール・エンプレス・ボールルームでのショウが延期となったことを発表している。これはブラックプール・エンプレス・ボールルームの「不可欠なメンテナンス作業」が必要なためとのことで、公演は12月に振り替えられている。

今回の沿岸地域を回るツアーでは、ラット・ボーイ、ザ・パディントンズ、ルーシー・バラー、トランポリンなどがサポート・アクトを務めている。

関連NEWS

  1. Paul Stanley

    KISSのPaul Stanley、2度目の新型コロナウイルスのワクチンを摂取したことが明らかに

  2. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC2019、特典BOX付き1DAYチケット完売を受けてマグカップ付き1DAYチケットの販売が決定

  3. リアム・ギャラガー、「俺がブラーと問題があったことはない」と語る

  4. ブルーノート・レコードを描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

  5. DOHERTY_GALLAGHER

    Liam Gallagher、Peter Dohertyの息子との意外な交流を明かす

  6. Warp Records

    Warp Records、30周年を記念してアーティストや著名人による第4弾プレイリストが公開

  7. トム・ペティ、訃報に際してマネージャーが発表した声明の全文訳を掲載

  8. レディオヘッドのフィル・セルウェイとリンゴ・スター、ニューヨークの公演で共演

  9. Tones And I

    Tones And I、DJ KOOとコラボレーションしたCMが完成

  10. RAINBOW DISCO

    RAINBOW DISCO CLUB 2020、フルラインナップが発表に

  11. 松たか子 NHK朝ドラ主題歌で8年ぶりシングル発売

  12. アークティック・モンキーズのマット・ヘルダース、地元シェフィールドのバーのCM音楽を手掛ける

  13. 号泣必至の予告映像解禁「8年越しの花嫁」主題歌はback number

  14. レコード店

    イングランド、6月15日よりレコード店の営業が可能に

  15. ジ・インターネット、新作より“Come Over”のミュージック・ビデオが公開