リリー・アレン、新作のプロモーションとして自身のアイコラ画像をツイート

リリー・アレンは、以前に別のユーザーがツイートしていた自身のアイコラ画像をツイートしている。

リリー・アレンは自身のアイコラ画像を引用リツイートして、「『ノー・シェイム』6月8日」という新作のリリース情報ともに「2014年のきちんと整えられた私のヴァギナを見てよ。ここから3人の人間が出てきたのよ」とキャプションに綴っている。

リリー・アレンは続けて、「口うるさいヤツ注意報」というキャプションがつけられた別のユーザーが投稿した自身の写真をリツイートして、「それからもう一枚」というキャプションと共にアルバムのプレオーダーのリンクを添えている。

リリー・アレンの一連の投稿はこちらから。

『ノー・シェイム』はリリー・アレンにとって2014年発表の『シーザス』以来の新作となっており、新作からは、“Trigger Bang”、“Higher”、“Three”の3曲が公開されている。

リリー・アレンは先日、前作『シーザス』の制作がいかに新作『ノー・シェイム』に影響を与えたかという質問に対し、「何もかもよ」と答えている。

「『シーザス』に向けたアイディアはよかれと思ってのものだったんだけどね」とリリー・アレンは「ステレオガム」に語っている。「でも、アルバムを書き始めてから産後うつに陥って、新たに母親になるっていうことを自覚できずに自己喪失に陥ってしまったんだと思うの」

「私は生活費を稼ぐためにポップスターにならないといけないって思っていたんだけど、気分が乗らなくて、それでポップスターならこうするだろうって思ったことをやってみたの。そしたら、それがまったくの見当違いだったってわけ」

リリー・アレンは『シーザス』に収録されている音楽は「それほど悪くはない」としながらも、同作のキャンペーン中にしたアーティストとしての決断のいくつかについては後悔していると語っている。

関連NEWS

  1. Lily Allen

    Lily Allen、ワイト島フェスでグレンフェル・タワー火災の犠牲者に黙祷を捧げる

  2. Lily Allen

    Lily Allen、スクーター・ブラウンとの騒動をめぐってTaylor Swiftを擁護

  3. Lily Allen

    Lily Allen、アダルト・グッズのプロデュースを手がけていることが明らかに

  4. Lily Allen

    Lily Allen、所属するレーベルから契約を切られたとする報道に言及

  5. Lily Allen

    Lily Allen、インターネットから離れるためにスマートフォンをやめることを宣言

  6. Lily Allen

    Lily Allen、公言している3つ目の乳首について語る

  7. リリー・アレン、#MeToo運動は音楽業界に大きな影響を与えていないと語る

  8. lily-allen-liam-gallagher

    Lily Allen、Liam Gallagherと飛行機内で性的関係を持ったことについて語る

  9. リリー・アレン、来年回想録を刊行する予定であることが明らかに

  10. リリー・アレン、9月に回顧録を刊行することを正式に発表

  11. リリー・アレン、日本行きの飛行機内でリアム・ギャラガーと関係を持ったという噂に言及

  12. Lily Allen

    Lily Allen、俳優のDavid Harbourとの結婚許可証を取得

  13. lagerfeld

    Karl Lagerfeldの訃報を受けて音楽業界などから追悼の声

  14. リリー・アレン、ツイッターでの炎上についての思いを明かす

  15. Thom Yorke

    Thom YorkeやLily Allenら、抗議運動や集会を厳しく取り締まる法案を批判