ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグ、バンドの新作について更に語る

ヴァンパイア・ウィークエンドのフロントマンであるエズラ・クーニグは、バンドの新作について新たに語っているほか、自身が手掛けたネットフリックスのアニメ「ネオ・ヨキオ」に出演するスペシャル・ゲストについて明かしている。

GETTY

Photo: GETTY

ニューヨークを中心に活動するヴァンパイア・ウィークエンドは、サード・アルバム『モダン・ヴァンパイア・オブ・ザ・シティ』を2013年にリリースしている。シンガーであるエズラ・クーニグはこれに続く新作について「80%は完成した」と先日明かしており、アルバムのワーキング・タイトルについて『三菱マキアート』と名付けていることも明かしている。

「Beats 1」のゼイン・ロウの番組に出演したエズラ・クーニグは、新作についての過去の発言については詳細に言及しなかったものの、次のように語っている。「アルバムはもうすぐだよ。もう少しで完成するっていう感じなんだ。他にはほとんど言い表しようがないかな」

エズラ・クーニグはまた、アルバムには「あらゆるキャラクターの登場人物」が参加していることを明かしたほか、アルバムのために「多すぎるほどの」曲を書いたことを明かしている。

「前作は僕たちの作品でも暗い方だったからね。少し淀んだ感じでね」とエズラ・クーニグは続けている。「多くの死についてで、悲しい感じだった。残念なことに、僕はそれを完全には払拭できていないんだ。必ずそういう要素は入ってきてしまうわけでさ。と言っても、『三菱マキアート』っていうタイトルは気に入っていてね。他の感情にもう一度向き合えるまで、少し目を覚まさなきゃいけないっていうことを思い出させてくれる感じがするんだ。アルバムは混ざりあった感じになると思う。そうなって欲しいね。前作はなんていうか、かなり秋や冬っていう感じがあったわけでさ。だから、少なくとも春の要素を感じさせるものを入れたかったんだ。人生は前進あるのみだからね。そういうわけで、『マキアート』が目を覚ましてくれて、『三菱』が幸せにしてくれるんだよ」

「頭に銃を突きつけられたら、明日にでもアルバムを出すことだってできるんだよ」とエズラ・クーニグは続けている。「僕は自分たちがこれまで作ってきたすべてのアルバムを心から愛しているし、他の人たちで目にしてきたような新しいアルバムを作るのに2年間もかかるような領域にヴァンパイア・ウィークエンドを絶対に持っていかないって、自分自身に常に言い聞かせてきたんだ」

「アルバムをふさわしいものにする必要があるわけだけどさ。そしたら、お楽しみが待ってるんだ」とエズラ・クーニグは語っている。

エズラ・クーニグはまた、自身がエグゼクティヴ・プロデューサーを務めるアニメ「ネオ・ヨキオ」に、俳優のスティーヴン・フライとコメディアンのリチャード・アイオアディがカメオ出演していることを明かしている。

現地時間9月22日からネットフリックスで配信される「ネオ・ヨキオ」には、ジェイデン・スミス、ジュード・ロウ、スーザン・サランドン、スティーヴ・ブシェミ、ジェイソン・シュワルツマン、タヴィ・ゲヴィンソン、デサス・ナイス、ザ・キッド・メロらが声優として出演している。

関連NEWS

  1. GREENROOM FESTIVAL’18、開催が決定。第1弾アーティストが発表に

  2. デペッシュ・モード、最新作より“Cover Me”のミュージック・ビデオを公開

  3. ビョーク、ニュー・シングル“The Gate”を急遽本日リリース

  4. グラストンベリー・フェスティバル、次回の開催日程が発表に

  5. Tim Burgess

    Tim Burgess、ソロ作より“Laurie”のMV公開

  6. プリンス、幻のアナログ盤に約220万円の値がつけられることに

  7. ゲスの極み乙女。新曲MV 「週刊文春」と驚愕コラボ

  8. ビョーク、ニュー・シングル“The Gate”のミュージック・ビデオを公開

  9. U2、“Get Out Of Your Own Way”のビデオ撮影をトラファルガー広場で敢行

  10. ノエル・ギャラガー、初週で全英1位を獲得もリアム・ギャラガーの売上に届かず

  11. SORRY

    Sorry、今週リリースの新作より新曲“As The Sun Sets”のMV公開

  12. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、アレクサ・チャンと復縁か

  13. ベック、来日を記念した各種グッズが当たる店頭イベントがタワーレコード渋谷店で開催

  14. Billboard Charts

    Billboard Charts、facebookの動画再生回数を算入することが明らかに

  15. NEWS

    URBANというジャンル名を使用しないことを求める公開書簡が公開