コーンのジョナサン・デイヴィス、バンドの次回作について語る

コーンのジョナサン・デイヴィスはコーンの次回作について最新情報を明かしており、来年のリリースを見込んでいるという。

コーンの現時点での最新作は2016年リリースの『ザ・セレニティー・オブ・サファリング』となっており、1993年結成のバンドにとって通算12作目のスタジオ・アルバムとなっている。

カルチャー・サイト「ホワットカルチャー」に対して、ジョナサン・デイヴィスはバンドが次のアルバムに着手し始めたと語っている。「(ギタリストの)ヘッドとマンキーは何人かの違うプロデューサーと一緒に曲を書いていて、リフに取り組んで、それを蓄えているところなんだ。そうしたものすべてをまとめているところなんだよね」と彼は語っている。「7月にバンドとして集まって、スタジオでアイデアを出し始めて、それに取り組んでいくつもりだよ」

彼は続けて2019年夏頃のリリースを見据えていると説明している。「今後のことなんだけどね」と彼は語っている。「(ソロの)ヨーロッパ・ツアーから戻ったら、彼らがやったものへのヴォーカルを書き始めるんだ。1年を通して制作に取り組むことになるだろうし、願わくば来年の今頃には出したいよね」

ジョナサン・デイヴィスはまた、コーンがバンドメンバー以外にアルバムの曲を書くための外部ライターを登用しているとの噂について言及している。「全部俺たちが書いてるよ」とジョナサン・デイヴィスは語っている。「今だって俺たち自身の音楽は俺たちで書いてるよ」

ジョナサン・デイヴィスは5月25日にソロとして初となるアルバム『ブラック・ラビリンス』をリリースしている。同作には、コーンのドラマーであるレイ・ルジアーやリンプ・ビズキットのウェス・ボーランドが参加している。

昨年、ジョナサン・デイヴィスはリンキン・パークのチェスター・ベニントンの死を受けて、追悼の意を表明していた。「彼が経験してきた鬱やそうしたすべてについて理解してるんだ」とジョナサン・デイヴィスは『ケラング!』誌に語っている。「いつも幸せそうで、優しそうだったけど、それが最もつらいよね。いろんなことを我慢できないってさせるひどい病気なんだ。俺も気づいた時は言葉もなかったよ」

「彼の笑顔が好きだったんだ。彼と会うのをいつも楽しみにしてたんだ。一緒にフェスティバルなんかに出演してると、必ず来てくれて俺を探してくれたんだ。いつも有難かったよ。チェスターの旅は見ていて素晴らしかった。俺はあいつが大好きだったんだよ」

関連NEWS

  1. KORN

    KORN、最新作より“You’ll Never Find Me”の公式ライヴ映像が公開

  2. Korn

    KOЯN、最新シングル“You’ll Never Find Me”のMVが公開

  3. コーンのジョナサン・デイヴィスの妻が逝去。享年39歳

  4. Korn、大阪と名古屋での単独公演に出演するサポート・アクトが決定

  5. Slipknot

    KNOTFEST JAPAN 2020、Slipknotに加えてKORN、ANTHRAXの出演者が決定

  6. Jonathan Davis

    Jonathan Davis、新型コロナウイルスの後遺症に悩まされていることが明らかに

  7. コーン、2018年3月に来日公演が決定

  8. コーンのジョナサン・デイヴィス、妻の死を受けて長文の声明を発表

  9. KORN

    KORN、新作より新曲“Can You Hear Me”が公開

  10. コーンのジョナサン・デイヴィス、5月にソロ・デビュー・アルバムをリリースすることを発表

  11. Korn

    Kornのジョナサン・デイヴィス、難しい時期を支えてくれたファンへの感謝の思いを述べる

  12. KORN

    KORN、オンライン・ストアで販売していたマスクが売り切れに

  13. KNOTFEST JAPAN 2020

    KNOTFEST JAPAN 2020、タイムテーブルが公開

  14. KOЯN

    KOЯN、9月に新作をリリースすることが決定&新曲“You’ll Never Find Me”が公開

  15. Marilyn Manson

    Marilyn Manson、Courtney LoveやYOSHIKIが参加した50歳の誕生日パーティーの模様が公開