プリンス、幻の『ブラック・アルバム』のアナログ盤が新たに1枚発見される

プリンスは幻の『ブラック・アルバム』のアナログ盤が新たに1枚発見されている。

『ブラック・アルバム』は1987年に『ザ・ファンク・バイブル』というタイトルでリリース予定だったが、プリンスはリリースの直前にアルバムが「邪悪」であり、精神的な悪魔によって作られたものとし、リリースが中止されている。

50万枚のアルバムはすべて回収され、破棄されており、その後レーベルはCDやカセットで同作をリリースすることは許可されたが、アナログ盤は制作されていなかった。

昨年、アメリカで5枚のアナログ盤が発見されていた『ブラック・アルバム』だが、今回新たにカナダで1枚が発見されており、コロンビア・レコードのプレス工場の元従業員が所有していたことが明らかになっている。

「1987年に、彼はカナダにあるコロンビア・レコード・カナダのプレス工場で働いていました」と、音楽にまつわるレア・アイテムを取り扱う「レコードメッカ」を運営する元ワーナー・ブラザーズの副社長であるジェフ・ゴールドは説明している。

「『ブラック・アルバム』が回収され、コピーが破棄されることになったとき、彼は自分用に1枚取っておいたのです。アメリカで5枚のアナログ盤が見つかったというニュースを『ローリング・ストーン』誌で読むまで彼はその価値を認識していなかったとして、それで私に連絡をくれたのです」

ジェフ・ゴールドの助けもあり、『ブラック・アルバム』のアナログ盤は現地時間6月4日に27,500ドル(約300万円)の値段で音楽のデータベース・サイト「ディスコグス」に出品されている。アナログ盤は開封済みで何度か再生されていたこともあり、これまでに発見されたコピーの中で最も高値がついた42,298ドル(約465万円)という値段からは大きく下回るものとなっている。

今回「ディスコグス」に出品された『ブラック・アルバム』のアナログ盤は、すでに購入済みとなっている。

一方、デーモン・アルバーンは先日、かつてプリンスとコラボレーションする可能性があったものの、プリンスがスタジオでの喫煙を許さない人であったために断ったことを明かしている。

「可能性のあった話の一つだよ」とデーモン・アルバーンは語っている。「そういう話がいくつかあるんだ」

関連NEWS

  1. Prince

    Prince、『1999』の再発盤が日本盤でもリリースされることに

  2. プリンスの遺族、亡くなる1周間前に治療にあたった病院を訴えることに

  3. Prince

    Prince、オフィシャル・ツイッター・アカウントが開設されたことが明らかに

  4. Prince

    Prince、『パープル・レイン』のツアーで使用していたギターが約6000万円の値をつける

  5. Prince

    Prince、Beyonceが序文を寄せた写真集の日本語訳版が12/6に発売

  6. Prince

    Prince、幻のカセット『ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス』国内盤の予約が本日より開始

  7. Prince

    Prince、『サイン・オブ・ザ・タイムズ』再発盤より“Forever In My Life”の未発表音源が公開

  8. BECK

    BECK、『ペイズリー・パーク・セッション』EPの音源がYouTubeでも公開

  9. Prince

    Prince、5/15より『パープル・レイン』ツアーのシラキュース公演映像がYouTubeで公開

  10. Prince

    Princeの音楽をモチーフにしたミュージカル映画の制作が進められていることが明らかに

  11. Prince

    Prince、人種問題について残したメッセージが62回目となる誕生日に際して公開

  12. Prince

    Prince、4月21日に亡くなってから3年を迎えたことを受けて世界各国のファンが追悼を表明

  13. Prince

    Prince、『サイン・オブ・ザ・タイムズ』再発盤より未発表曲“Cosmic Day”の音源が公開

  14. Prince

    Prince、亡くなる直前まで取り組んでいた回想録の刊行日が明らかに

  15. Prince

    Prince、『1999』の再発盤より“1999”の1982年のライヴ映像が公開