エド・シーラン、ダニー・ボイルによるビートルズをテーマにした映画の撮影を行ったことが明らかに

エド・シーランはダニー・ボイルによる映画の撮影に臨んだことが報じられている。

エド・シーランは『トレインスポッティング』で知られるダニー・ボイルが監督を務め、『ノッティングヒルの恋人』で知られるリチャード・カーティスが脚本を務めるミュージカル・コメディに出演するかもしれないと報じられていた。

この映画は「ある朝、目が覚めると自分以外の誰もザ・ビートルズの曲を覚えていなかったという主人公」を描いたものになると言われている。

撮影はザ・ビートルズゆかりの地であるリヴァプールで今週行われ、エド・シーランは現地時間6月5日に最初のシーンを撮影したという。

映画関係者は『ザ・サン』紙に対して、エド・シーランが前日の夜にウィスキーを飲んだため、二日酔いの状態だったと明かしている。「エドは本当にぼーっとした意識でセットにやってきたんだ」

報道によれば、エド・シーランは映画にカメオ出演するほか、オリジナルの音楽をサウンドトラックに提供する可能性もあるという。

「エドは触れるものすべてを黄金に変える力を持っています」と情報筋は以前『デイリー・メール』紙に語っている。「もしもザ・ビートルズについての映画の音楽的な魅力を引き上げられる人物がいるならば、それは彼なのです」

エド・シーランはザ・ビートルズのファンとして知られており、以前にはポール・マッカートニーとリンゴ・スターの前で“In My Life”をアコースティックで披露している。ポール・マッカートニーはその後、エド・シーランに「素晴らしいエドへ」と書いたサイン入りのギターをプレゼントしている。

関連NEWS

  1. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、7月にコラボレーション・アルバムをリリースすることを発表

  2. アデルやエド・シーランら、UKで最も裕福な30歳以下の著名人のランキング2018年版が発表に

  3. Queen

    Queenのブライアン・メイ、映画で“Bohemian Rhapsody”のギター・ソロを撮影する時の映像を公開

  4. 映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラック、オリコンで初の総合首位獲得

  5. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、『ジギー・スターダスト』の東阪Zepp上映に鋤田正義の出演が決定

  6. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、愛猫の1匹が亡くなったことを報告

  7. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、一風変わった見た目をしていたことがキャリアを助けてくれたと語る

  8. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、パートナーに捧げたパブの看板の撤去を命じられていることが明らかに

  9. Elton John

    Elton John、映画『ロケットマン』とFRAY I.Dのコラボ商品の発売が決定

  10. Flying Lotus

    Flying Lotus、初の長編監督作品『KUSO』の再上映が決定

  11. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、マレーシアで大幅にカットされていることが明らかに

  12. クイーンのロジャー・テイラー、映画からサシャ・バロン・コーエンが降板した理由を語る

  13. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、盗作の訴訟を起こされたために楽曲のロイヤリティの支払いが凍結されることに

  14. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、東阪のZeppにて映画『LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER…Live it!』の上映が決定

  15. Richey Edwards

    Manic Street Preachers、Richey Edwardsの伝記映画に対する関与を否定