ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングで使われたマイクが競売に

ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングで使われた3本のマイクが今回オークションに出されている。

この機材は1993年にパキーダーム・スタジオで使用されたもので、アルバムが24周年を迎えたことを受けて、アルバムのプロデューサーだったスティーヴ・アルビニはオークションを開始している。

GETTY

Photo: GETTY

「このマイクは僕が持ってきたもので、ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングに使用されたんだ。アルバムの20周年で再発された時の写真にも残ってるよ」とスティーヴ・アルビニはインタヴュー動画で語っている。

「あの写真が出てから、このマイクは歴史的埋蔵物となってね。この機材が重要で、意義深い、価値のあるものになったのを知ってすぐに、スタジオで使用するのを止めなきゃならなかったよ」

「僕はニルヴァーナの残ってるメンバーたちに連絡をとったんだ。デイヴ・グロールに連絡をとった時はパット・スメアも一緒でね。あとはクリス・ノヴォゼリックだよね」と彼は続け、ニルヴァーナに関連する品々を保管する場所があるかどうかを尋ねたという。

「両者ともすぐに『それを売るべきだよ』って言ったんだ」

「僕も売るべきだと感じてね。大切に扱ってくれる人の手に渡すべきだってさ。レコーディング・スタジオの慌ただしい環境でリスクにさらすべきじゃないってね」

オークションは2つ開催されており、一つは「Lomo 19A9」のステレオのセットで、もう一つは「Electro-Voice PL20」が単体で販売されている。

販売サイトでは次のように説明されている。「Lomo 19A9デイヴ・グロールのドラムキットで頭上に掲げられて使用されたものです。また、Electro-Voice PL20とLomo 19A9の1本はカート・小ヴァーンのヴォーカルのレコーディングにも使用されています」

オークションはこちらから。

https://reverb.com/shop/electrical-audio

オークションは9月30日まで受け付けられている。

関連NEWS

  1. デイヴ・グロール、カート・コバーンが亡くなってからニルヴァーナを聴けなかった日々を語る

  2. カート・コバーンの娘のフランシス、父親の命日にこれまで未公開だった写真を投稿

  3. 星野源が”前科者”役で挑んだ主演ドラマ「プラージュ」が映像化

  4. グウェン・ステファニー、10/6にクリスマス・アルバムの発売が決定&新曲が公開に

  5. B'z

    B’z松本孝弘&稲葉浩志「HOME」をそれぞれのHOMEからセッション

  6. 奥田民生

    奥田民生 ライブDVD&Blu-ray「MTRY&ひとり股旅スペシャル2018@日本武道館」「MTRY TOUR 2018@カルッツかわさき」を発売

  7. Tom Misch

    Tom Misch、Yussef Dayesとのコラボ作より“Kyiv”のMV公開

  8. frances-bean-cobain

    Frances Bean Cobain、インスタグラムで更なる新曲の一部を公開

  9. Paul Barrere

    Little FeatのPaul Barrereが逝去。享年71歳

  10. Gibson

    Gibson、新型コロナウイルスを受けてアプリを通して3ヶ月の無料レッスンを提供

  11. The Stylistics

    The Stylistics、12月に来日公演が決定

  12. フィフス・ハーモニー、米TV番組での“He Like That”のパフォーマンス映像が公開

  13. 桑田佳祐も出演、映画「茅ヶ崎物語」全国公開スタート

  14. Zara Larsson

    Zara Larsson、2019年第1弾シングル“Don’t Worry Bout Me”の音源が公開

  15. SEKAI NO OWARI

    SEKAI NO OWARI 「The Colors」アジア公演完走! TOUR 2019 「The Colors」の模様を収めたSEKAI NO OWARIBlu-ray & DVDがリリース