横浜のカルチャーフェス GREENROOM FESTIVAL’18の初日をレポート

5月26日(土)・27日(日)にサーフカルチャーやビーチカルチャーをルーツに、音楽、アート、フィルムのカルチャーフェスティバル「GREENROOM FESTIVAL」が開催されました。会場は横浜の景色と海風を体感できる赤レンガ倉庫。
フェスと聞くと、遠かったり山奥だったりというイメージがあるかもしれませんが、首都圏近郊なのでとにかくアクセスがよく、会場は駅から徒歩10分ほどの距離にあります。気軽に参加できるので、フェスに行き慣れていない人にもオススメです。
当日はお天気に恵まれ、心地よい海風が吹く中、一足早く夏を感じました。
greenroom

今年は初日の入場チケットがソールドアウトし、出演アーティストには

Jimmy Cliff
Vintage Trouble
ハナレグミ
EGO-WRAPPIN’
THE King ALL STARS
平井 大
MONKEY MAJIK
GLIM SPANKY
never young beach
SOIL&”PIMP”SESSIONS
Nulbarich
七尾旅人
KNOWER
スガ シカオ(solo)
藤原さくら
SANABAGUN.
WONK
小袋成彬
Port of Notes
King Gnu
DATS
LUCKY TAPES
DJ HASEBE
高木完
Rude-α
リベラル
DJ TOGA
DJ NORI
Kenichiro Nishihara
Dazzle Drums

と、ジャンルレスにして、小袋成彬やLUCKY TAPESなどの若手アーティストから、THE King ALL STARSやJimmy Cliffなどのレジェンドアーティストまで、カルチャーが根底にあるからこそ、混ざることができるのも、このGREENROOM FESTIVALの魅力だ。

もちろん、サーフムービーや環境映画を鑑賞することができる「BAY THEATER」など、音楽以外でのビーチカルチャーを牽引する、たくさんのアーティストの作品に出逢えるのも、GREENROOM FESTIVALならでは。

アートエリアのコンテナに飾られた作品は、どれも足を止めて見たくなるものばかり。それぞれの表現スタイルでメッセージが込められたアートに、カメラを向ける人もたくさんいます。
また、アパレルのショップが数多く出店していることもあり、おしゃれな人が多く参加しています。
ファッションを楽しむにもちょうどいい気候です。都市型フェスなので、いかにもフェスっぽい格好の人は少なく、普段着で気軽に参加できます。
下がアスファルトなので靴も服も全く汚れません。他のフェスとは違って、フェスのために服装の準備をしなくていいのも魅力的。

夕日に染まる頃には、会場の雰囲気もガラリと変わり、少しずつライトアップされる会場。
ライトガーランドや様々な色に変化する照明がとても幻想的な空間を演出していました。遠くには観覧車やランドマークタワーの夜景も見え、贅沢な景色と少し冷たい夜風を浴びながらゆったりと音楽に浸ることができるのも醍醐味だ。

音楽やアートと海の繋がりを全身で感じることができるGREENROOM FESTIVAL。
普段耳にする音楽も、この場所で聴くと何か特別なものに変わる瞬間がたくさんある。
様々な作品と触れ合い、横浜の海風を浴びながら特別な空間で聴く音楽はとても贅沢なものだった。

GREENROOM FESTIVAL

Official Site:http://greenroom.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/GreenroomFestival
Instagram:https://www.instagram.com/greenroomfestival/

関連NEWS

  1. Billie Eilish

    Billie Eilish、自身が獲得した名声への考え方について語る

  2. つじあやの

    つじあやの、10年ぶりオリジナルアルバム制作中。テーマは“WOMAN”

  3. Bono&Halsey&Pharrell Williams

    Bono&Halsey&Pharrell Williamsら、映画『SING/シング2』への出演が決定

  4. ウィーザー、亡くなった米『プレイボーイ』誌のヒュー・ヘフナーに追悼の意を表明

  5. リンキン・パーク、AMA授賞式でチェスターに捧げる感動的なスピーチを披露

  6. ニック・ケイヴ、イスラエル公演を行うことにした理由について語る

  7. ザ・キラーズ、BBCでのパフォーマンス映像が公開

  8. VAMPS、活動休止が決まる前の貴重なオフィシャルインタビュー

  9. James Blake

    James Blake、“Assume Form”のショート・フィルムが公開

  10. Royal Albert Hall

    Royal Albert Hall、来年3月までに破産する状況と報道

  11. コンピューター・マジック、最新作より“Clouds”のミュージック・ビデオが公開

  12. gibkiy gibkiy gibkiy 激動の一年を締めくくる年内最後のワンマンを新宿Zircoで開催決定

  13. ノエル・ギャラガー、ロックスターが生まれなくなってしまった原因について語る

  14. 夢みるアドレセンス 一般投票で新メンバーを選考

  15. H ZETTRIO、新曲「What’s Next」が NECのノートPC「LAVIE Note NEXT」CMソングに! 11月中旬以降、全国オンエア!映像には本人も出演。 該当曲12/6(水)配信リリース

  1. Darlene Love

    Darlene Love、訃報を受けてPhil Spectorについて振り返る

    2021.01.19

  2. SKY-HI

    SKY-HI×Kan Sanoのコラボレーション楽曲「仕合わせ」の宇垣美里も出…

    2021.01.18

  3. マカロニえんぴつ

    マカロニえんぴつ Vo.はっとりがソロキャンプに挑戦する、キャンプ…

    2021.01.18

  4. BiSH

    BiSH、8時間配信コンテンツ「FROM DUSK TiLL DAWN」より、正真正銘…

    2021.01.18

  5. MIZ

    MONO NO AWAREの玉置周啓と加藤成順によるアコースティックユニット…

    2021.01.18

  6. JITTERIN'JINN

    ジッタリン・ジン ベストアルバム「8-9-10 !!!(Ver.3)」 3月24日…

    2021.01.18

  7. Neil Young

    Neil Young、アメリカ連邦議会への乱入事件についてのメッセージを…

    2021.01.18

  8. 大橋トリオ

    大橋トリオ、ニューアルバム発売に先駆けて1月20日(水)に「Butterfl…

    2021.01.18

  9. 福原みほ

    福原みほ、ビルボードライブ横浜での追加公演が決定

    2021.01.18

  10. 小松政夫

    小松政夫の遺作!最後の新曲MVを週末開催の「さるハゲロックフェス…

    2021.01.18

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  5. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14