レディオヘッド、未発表曲“Come To Your Senses”のフル・ライヴ音源がオンラインで公開

レディオヘッドは、“Come To Your Senses”として知られる未発表曲のフル・ライヴ音源がオンライン上で公開されている。

“Come To Your Senses”はこれまで公式にはリリースされていないものの、2006年6月24日にカリフォルニア州バークレーのグリーク・シアターで行われた公演のサウンドチェック時に演奏された約1分間の音源が公開され、ファンの知るところとなっていた。グリーク・シアターでの公演は、レディオヘッドの7作目となる『イン・レインボウズ』のリリースに先駆けたツアーの一環となっており、新曲の一部も公開されていた。

当時「Hoserama」というユーザーによって1分間の音源が公開されていた“Come To Your Senses”だが、グリーク・シアターでの公演から20年が経ったことを受け、「Hoserama」がサウンドチェック時にレコーディングされたフル・ライヴの音源を新たに公開していることがレディットのユーザーによって発見されている。

“Come To Your Senses”のフル・ライヴ音源はこちらから。

レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは先日、イタリアのミラノで行ったソロ公演でバンドが2015年に映画『007 スペクター』のために書いた“Spectre”をライヴで初めて披露している。

レディオヘッドは以前、2015年に公開された『007 スペクター』のために主題歌の制作を依頼されていたものの、最終的にはサム・スミスの“Writing’s On The Wall”が主題歌として起用されている。レディオヘッドは同年の12月にクリスマス・プレゼントとして“Spectre”を無料で公開している。

RECOMMEND NEWS

  1. レディオヘッドのトム・ヨーク、ソロでのヨーロッパ・ツアーの初日に新曲を披露

  2. レディオヘッドのジョニー・グリーンウッド、新たに映画のサウンドトラックがリリースされることが決定

  3. レディオヘッドのトム・ヨーク、映画『007』のために書いた“Spectre”をライヴで初披露

  4. レディオヘッドのトム・ヨーク、アルゼンチン公演でハプニングから“The Gloaming”をアカペラで披露

  5. トム・ヨーク、南極を守る運動に提供した新曲“Hands Off The Antarctic”が公開

  6. レディオヘッドのトム・ヨーク、楽曲を提供した長編作品『サスペリア』の予告編が公開に

  7. レディオヘッドのトム・ヨーク、楽曲を提供した長編作品『サスペリア』から新たな予告編が公開に

  8. レディオヘッドのトム・ヨーク、映画『ファイト・クラブ』の音楽を依頼されていたことを明かす

  9. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、最新作が『OKコンピューター』と比較されていることについて言及

  10. レディオヘッドやレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、2018年にロックの殿堂入りか

  11. リアム・ギャラガー、一連のツイートでレディオヘッドを批判

  12. レディオヘッドのトム・ヨーク、インスタグラムへの最初の投稿で新曲の一部を公開

  13. レディオヘッドのトム・ヨーク、ソロ・ツアーの初日に“Unmade”をライヴで披露

  14. レディオヘッドのトム・ヨーク、映画音楽を手掛けるジョニー・グリーンウッドに嫉妬していたと明かす

  15. Thom-Yorke

    RadioheadのThom Yorke、Open Againのスタジオ・セッション映像を公開