レディオヘッド、未発表曲“Come To Your Senses”のフル・ライヴ音源がオンラインで公開

レディオヘッドは、“Come To Your Senses”として知られる未発表曲のフル・ライヴ音源がオンライン上で公開されている。

“Come To Your Senses”はこれまで公式にはリリースされていないものの、2006年6月24日にカリフォルニア州バークレーのグリーク・シアターで行われた公演のサウンドチェック時に演奏された約1分間の音源が公開され、ファンの知るところとなっていた。グリーク・シアターでの公演は、レディオヘッドの7作目となる『イン・レインボウズ』のリリースに先駆けたツアーの一環となっており、新曲の一部も公開されていた。

当時「Hoserama」というユーザーによって1分間の音源が公開されていた“Come To Your Senses”だが、グリーク・シアターでの公演から20年が経ったことを受け、「Hoserama」がサウンドチェック時にレコーディングされたフル・ライヴの音源を新たに公開していることがレディットのユーザーによって発見されている。

“Come To Your Senses”のフル・ライヴ音源はこちらから。

レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは先日、イタリアのミラノで行ったソロ公演でバンドが2015年に映画『007 スペクター』のために書いた“Spectre”をライヴで初めて披露している。

レディオヘッドは以前、2015年に公開された『007 スペクター』のために主題歌の制作を依頼されていたものの、最終的にはサム・スミスの“Writing’s On The Wall”が主題歌として起用されている。レディオヘッドは同年の12月にクリスマス・プレゼントとして“Spectre”を無料で公開している。

関連NEWS

  1. レディオヘッドのフィル・セルウェイとリンゴ・スター、ニューヨークの公演で共演

  2. Ed O'Brien

    レディオヘッドのEd OBrien、“Olympik”のライヴ映像が公開

  3. Radiohead

    Radiohead、2012年のコーチェラ・フェスティバルの映像が公開

  4. ラナ・デル・レイ、レディオヘッドとの“Creep”をめぐる争いが終わったことを明かす

  5. Thom Yorke、Burial、Four Tet

    Thom Yorke、Burial、Four Tet、アナログ盤のみで2曲のコラボ曲を発表

  6. Radiohead

    Radiohead、独自のクリスマス・カードを制作できるウェブサイトを公開

  7. トム・ヨーク、『サスペリア』のサントラ日本限定Tシャツ付きセットのTシャツ・デザインが公開

  8. Radiohead

    Radiohead、ドラム・クルーが亡くなったステージ崩壊事故についての審問が再開

  9. Thom Yorke

    Thom Yorke、初めて手がけたクラシック楽曲の音源が公開

  10. Pearl Jamのエディ・ヴェダー、RadioheadやJack Whiteを引き合いにライヴの素晴らしさを語る

  11. Radiohead

    Radiohead、2016年にスイスで行われた公演が配信されることに

  12. Radiohead

    Radioheadら、イギリスの音楽業界で立ち上げられた気候変動問題への取り組みを支援

  13. RadioheadのThom Yorke

    RadioheadのThom Yorkeら、イギリスの総選挙で保守党が大勝を収めたことに言及

  14. Jonny Greenwood

    RadioheadのJonny Greenwood、BBCのクラシック・イベントで新曲を初披露

  15. Thom Yorke、ドナルド・トランプ大統領の訪英に際して彼を揶揄