チャールズ・ブラッドリーが逝去。享年68歳

チャールズ・ブラッドリーが亡くなった。享年68歳だった。

チャールズ・ブラッドリーは昨年胃ガンであることが明らかになっていて、今月、胃ガンが肝臓まで転移していることを受けて一連のライヴ日程をキャンセルすることを迫られていた。

GETTY

Photo: GETTY

チャールズ・ブラッドリーのキャリアがスタートしたのは比較的最近で、カヴァー・バンドでのヴォーカリストを務めた後、2002年にシングルをリリースするために2002年にダップトーンと契約している。彼の人生とキャリアは2012年発表のドキュメンタリー『チャールズ・ブラッドリー:ソウル・オブ・アメリカ』で描かれ、多くの聴衆を獲得することとなった。

チャールズ・ブラッドリーは2011年にデビュー・アルバム『ノー・タイム・フォー・ドリーミング』をリリースしており、2013年に続く『ヴィクティム・オブ・ラヴ』をリリースしている。最後のアルバムとなった『チェンジズ』は昨年リリースされている。

今月、ツアーのキャンセルを発表するにあたって、チャールズ・ブラッドリーは「これまの人生で闘ってきた他の多くの障害のようにこの病気とも闘う」ことを誓っており、ファンのサポートが「本当に自分を励まして、前に進めさせてくれている。戻ってこれたら光栄で、嬉しいし、自分の愛のすべてを捧げるつもりだ」と語っていた。

チャールズ・ブラッドリーの代理人は彼のはなむけとして音楽の支援団体「オール・スターズ・プロジェクト」や「ミュージック・ユナイツ」への寄付を呼びかけている。

世界中から彼への追悼の言葉が寄せられており、ラン・ザ・ジュエルズのエル・Pも追悼の意を表明しているほか、ハー・マー・スーパースターは「美しい人でインスピレーション」だったと述べている。

Respect to Brother Charles. So Much Soul.

Questlove Gomezさん(@questlove)がシェアした投稿 –

関連NEWS

  1. リンキン・パーク、チェスター・ベニントン追悼の意を込めた“One More Light”のビデオを公開

  2. “EYES TALK” YOSHIFUMI SHIMIZU PHOTO EXHIBITION

    名古屋・Spazio-ritaにて写真家清水義史氏の写真展“EYES TALK” YOSHIFUMI SHIMIZU PHOTO EXHIBITION開催

  3. ママズ・ガン、2018年1月から2月にかけて来日公演が決定

  4. マリリン・マンソン、ジャスティン・ビーバーが送ってきた謝罪メールの内容を明かす

  5. ハードフロア、『交響詩篇エウレカセブン』新劇場版挿入曲の“Acperience 7”のビデオが公開

  6. 和田アキ子がついにアメブロ開設へ

  7. ストーン・テンプル・パイロッツ、新ヴォーカリストを迎えた初ライヴを敢行&新曲を公開

  8. 100 Club

    100 Club、救済措置によって存続が保証されることに

  9. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売を記念して高見沢俊彦によるプレイリストが公開

  10. リンキン・パーク、11月に予定されていた来日公演の中止を正式に発表

  11. THE 100 CLUB

    NMEとTHE 100 CLUB、SXSWの延期を受けてショーケース・イベントを開催することに

  12. BiSH 自身出演「Mステ」内TVCMで”最大のお知らせ”

  13. ジ・インターネット、2018年1月に来日公演が決定

  14. POPSPRING 2018、第2弾ラインナップ発表

  15. シーア、映画に提供した新曲“Rainbow”のミュージック・ビデオを公開