チャールズ・ブラッドリーが逝去。享年68歳

チャールズ・ブラッドリーが亡くなった。享年68歳だった。

チャールズ・ブラッドリーは昨年胃ガンであることが明らかになっていて、今月、胃ガンが肝臓まで転移していることを受けて一連のライヴ日程をキャンセルすることを迫られていた。

GETTY

Photo: GETTY

チャールズ・ブラッドリーのキャリアがスタートしたのは比較的最近で、カヴァー・バンドでのヴォーカリストを務めた後、2002年にシングルをリリースするために2002年にダップトーンと契約している。彼の人生とキャリアは2012年発表のドキュメンタリー『チャールズ・ブラッドリー:ソウル・オブ・アメリカ』で描かれ、多くの聴衆を獲得することとなった。

チャールズ・ブラッドリーは2011年にデビュー・アルバム『ノー・タイム・フォー・ドリーミング』をリリースしており、2013年に続く『ヴィクティム・オブ・ラヴ』をリリースしている。最後のアルバムとなった『チェンジズ』は昨年リリースされている。

今月、ツアーのキャンセルを発表するにあたって、チャールズ・ブラッドリーは「これまの人生で闘ってきた他の多くの障害のようにこの病気とも闘う」ことを誓っており、ファンのサポートが「本当に自分を励まして、前に進めさせてくれている。戻ってこれたら光栄で、嬉しいし、自分の愛のすべてを捧げるつもりだ」と語っていた。

チャールズ・ブラッドリーの代理人は彼のはなむけとして音楽の支援団体「オール・スターズ・プロジェクト」や「ミュージック・ユナイツ」への寄付を呼びかけている。

世界中から彼への追悼の言葉が寄せられており、ラン・ザ・ジュエルズのエル・Pも追悼の意を表明しているほか、ハー・マー・スーパースターは「美しい人でインスピレーション」だったと述べている。

Respect to Brother Charles. So Much Soul.

Questlove Gomezさん(@questlove)がシェアした投稿 –

関連NEWS

  1. シシド・カフカ 配信シングル第2弾はザ・クロマニヨンズ真島昌利が提供

  2. Warp

    Warp Records、30周年特設サイトがオープン

  3. ゼッド、2018年3月に来日公演が決定

  4. Slowthai

    Slowthai、ニュー・アルバムのリリースを発表&新曲「NHS」が公開

  5. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、オースティン・シティ・リミッツでトム・ペティをカヴァー

  6. ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグ、バンドの新作について更に語る

  7. HKT48‏田中美久、西野七瀬からの動画に号泣

  8. Serj Tankian

    Serj Tankian、ソロEPをバンドで完成させなかった理由を語る

  9. 安室奈美恵 ベストアルバムは全52曲収録、ドームツアーも開催

  10. ザ・エックス・エックス、バンド自らが選曲した来日記念盤リミックス集のリリースが決定

  11. ギブソン、破産を申請したことが明らかに

  12. Paul Barrere

    Little FeatのPaul Barrereが逝去。享年71歳

  13. ローリング・ストーンズ、初のオフィシャル・ポッドキャストがスタート

  14. FLOATING POINTS

    FLOATING POINTS、10月にアルバム「CRUSH」を発表&新曲“Last Bloom”が公開

  15. 金子マリ率いるMari kaneko Presents 5th Element Will パール兄弟の窪田晴男を迎え4年ぶりに新作をリリース! 本日より新宿アルタビジョンにてトレーラー映像放映