ウルフルズ、2万人集めたデビュー25周年ライブへユースケ・サンタマリアがサプライズ登場

今年デビュー25周年を迎えたウルフルズが、大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場で毎年恒例野外ライブ「クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2017 〜ウルフルズ25祭!!〜」を9月23日(土)に開催した。会場には約2万人のファンが集結し、野外ならではの飲食ができる出店がでていたり、客席のスタンディングエリアに加え、ピクニックエリアでは家族や友人と一緒にライブを見ることができるのが、ヤッサの特徴である。集ったファンがとにかく笑顔で、家族連れでライブを楽しむ姿が多く見られた。
_MG_8658
おそろいのTシャツや手作りの法被など、みんな思い思いの衣装でウルフルズ25周年をお祝いすべく会場に駆けつけた。また、ステージにもウルフルズを祝う各著名人からのお花を飾られ、まさに祭仕様のステージとなっていた。会場に流れていたBGMがフェードアウトし、ライブがついにスタート。まずはサンコンJr. (Dr)、ジョンB (B)、ウルフルケイスケ (Gt)の順にそれぞれ装飾された神輿に乗って舞台下手のスタンドエリアから登場し、大歓声が起きる。会場をゆっくり練り歩きながらセンターステージに向かい、3人がそれぞれメインステージの演奏位置につくと1曲目は5月24日リリースのアルバム『人生』から『こいよ』の演奏がスタート。歌始まりと同時にトータス松本 (Vo)がセンターステージから登場。会場のボルテージは最高潮に上がった!トータス松本が「25周年お祝いにきてくれてありがとう!長くなるから覚悟してや!」とMCをはさみ、デビュー曲『やぶれかぶれ』を熱唱。『SUN SUN SUN’95』では水着を着た44人のダンサーが登場し、息の合ったダンスを見せ、ウルフルズメンバーと一緒に盛り上げ、一気に会場を夏のステージへと化した。『それが答えだ!』ではホーン隊を迎えた史上最多の編成での演奏を披露。また、間奏でダンサー44人が再び加わりまさにお祭り状態となった!ステージ転換中には芸人AMEMIYAが映像出演し、ウルフルズデビュー25年の歴史を歌った『ウルフルズに捧げる歌』を披露し会場を沸かせた。

そして後半戦はメンバー4人のみで『ええねん』からスタートし、1999年~2009年の10年間、ライブ、レコーディングでウルフルズをサポートし、ヤッサは8年ぶりに出演となる伊東ミキオがキーボードで加わり『どうでもよすぎ』を披露した。『大阪ストラット』の途中ではトータス松本が「ジェット風船を膨らまして!」と呼びかけ、お客さんのジェット風船の準備ができると『大阪ストラット』のビートが鳴り止む。続いてホーン隊が『六甲おろし』のイントロを演奏し、それに続きウルフルケイスケが歌唱!甲子園名物ジェット風船を彷彿とさせるほどの、鮮やかなジェット風船が空を飛び回った。『大阪ストラット』が終わると、突如SEが流れ出し、なんとユースケ・サンタマリアが登場。ウルフルズの25周年を祝う為、サプライズ登場。メンバーそれぞれに一言ずつ声を掛けながら花束を渡したが、終始メンバーは驚きを隠せない様子であった。ユースケ・サンタマリアとトータス松本は1995年から2年間、テレビ番組のレギュラーとして共演した。番組スタート時はお互い無名だったが、トータス松本はウルフルズ『ガッツだぜ!!』の大ヒット、ユースケ・サンタマリアは「踊る大捜査線」へ出演と、一躍お互いが多忙になったが、22年のつきあいになる。その後は、気を取り直してライブ再開。『バカサバイバー』で一気にテンションを切り替えると、勢い良くパフォーマンスを続ける。『はげしくやさしく』ではトータス松本が派手な着物に着替え、ダンサーの浴衣姿で会場を盛り上げた。

『ガッツだぜ!!』では、ステージからの特効、ウルフルケイスケ、ジョンBのそれぞれの楽器から花火が出るなど周年らしい演出の数々。『もーあかんブギ』のアウトロでは花火が舞い上がり、本編最後は最新曲『バカヤロー』で締め、会場では涙するファンの姿もあった。アンコールではまず1曲目に『バンザイ~好きでよかった~』を披露し、会場のファンも手を突き上げ「ばんざーい」と一緒に歌う。MCでは「今日は感無量でした!ありがとうございました!」と今まで支えてくれたファンに感謝を伝えた。最後には恒例の『いい女』を披露し、デビュー曲から最新曲まで、全25曲をパフォーマンスを魅せつけ、ファンへの感謝とともに幕を閉じた。国民的ロックバンド、そして日本に元気を与えるバンド、ウルフルズは25年経っても健在であることを魅せつけたライブだった。(カメラ/渡邉一生)
【セットリスト】
01. こいよ!
02. やぶれかぶれ
03. すっとばす
04. SUN SUN SUN ’95
05. あの娘に会いたい
06. 借金大王
07. ワルツ!
08. 笑えれば
09. それが答えだ!
10. サンキュー・フォー・ザ・ミュージック
11. ええねん
12. どうでもよすぎ
13. 僕の人生の今は何章目ぐらいだろう
14. 大阪ストラット
15. バカサバイバー
16. 愛がなくちゃ
17. 迷ったらDo It
18. はげしくやさしく
19. せやなせやせや人生は
20. ガッツだぜ!!
21. ヤング ソウル ダイナマイト
22. もーあかんブギ
23. バカヤロー
【アンコール】
En01. バンザイ~好きでよかった~
En02. いい女

関連NEWS

  1. the pillows

    the pillows『Fool on the planet』LP&ヒストリーブック『ハイブリッド レインボウ2』を横浜アリーナ公演にて販売

  2. BONOBO

    BONOBO& JON HOPKINS、4月に来日公演が決定

  3. コンピューター・マジック、最新作より“Clouds”のミュージック・ビデオが公開

  4. レコード店

    イングランド、6月15日よりレコード店の営業が可能に

  5. コンサートで新型コロナに感染するリスクを調べたドイツの研究結果が明らかに

  6. テイラー・スウィフト、“All Too Well”の歌詞に出てくるスカーフについてマギー・ギレンホールが語る

  7. Billie JoeとBillie Eilish

    Green DayのBillie JoeとBillie Eilish、成功のプレッシャについて語り合う

  8. Tones And I

    Tones And I、DJ KOOとコラボレーションしたCMが完成

  9. streaming

    アメリカのストリーミング売上、音源売上全体の79%を占めることが明らかに

  10. ビヨンセ、『レモネード』のアナログ盤に過ってカナダのパンク・バンドの音源が収録されることに

  11. 柴咲コウ ベストアルバム2作同時リリース決定、ライブで披露の新曲も初収録

  12. RIZE 結成20周年イヤー企画、ファン投票による ”ALL TIME BEST mixed by MIGHTY CROWN” の制作が決定!

  13. 好玩電台

    菅原慎一×竹内将子がパーソナリティーを担当、LIVELOVERS内にて、アジアカルチャーに特化したポッドキャスト番組「好玩電台」スタート!

  14. gibkiy gibkiy gibkiy 激動の一年を締めくくる年内最後のワンマンを新宿Zircoで開催決定

  15. Ke$Ha

    Ke$Ha、ニュー・アルバムの詳細を発表して新曲“Raising Hell”を公開

  1. Billie Eilish

    Billie Eilish、the American Music Awardsで「Therefore I Am」を…

    2020.11.27

  2. Gorillaz

    Gorillazのフィギュアが発売決定

    2020.11.26

  3. THE YELLOW MONKEY

    THE YELLOW MONKEY、国立代々⽊第一体育館のライブストリーミング配…

    2020.11.26

  4. Foo Fighters

    Foo Fighters、米TV番組で最新シングル「Shame Shame」を披露した映…

    2020.11.26

  5. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、UKの貧しい子どもへの寄付を募る配信イベントに出…

    2020.11.26

  6. Lady Gaga

    Lady Gaga、伊坂幸太郎原作の映画『バレット・トレイン』に出演する…

    2020.11.26

  7. Sia

    Sia、2月にリリースされる新作より新曲「Hey Boy」が公開

    2020.11.26

  8. Jimi Hendrix

    Jimi Hendrix、2本のギブソン製ギターが復刻されることに

    2020.11.26

  9. マラドーナ

    Liam GallagherやBrian Mayら、亡くなったマラドーナに追悼の意を表…

    2020.11.26

  10. 赤い公園

    赤い公園、最新シングルから「オレンジ」「pray」MV同時公開

    2020.11.26

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  3. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  4. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  5. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  7. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  8. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  9. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  10. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01