ペイヴメント、結成30周年を迎える2019年に再結成か?

ペイヴメントはバンドの結成30周年となる2019年に「おそらく」再結成する可能性があるとバンドのオリジナル・メンバーが語っている。

ペイヴメントは元々1999年に解散しているが、2009年に一度再結成して翌年リユニオン・ツアーを行なっている。新たな再結成の可能性については、スコット・カンバーグの50歳の誕生日に行われた昨年のギグで、フロントマンのスティーヴン・マルクマスが、スパイラル・ステアーズ名義の活動でも知られるギタリストのスコット・カンバーグと共演してペイヴメントの楽曲を披露して以来、憶測が広がっていた。

GETTY

Photo: GETTY

今回の最新インタヴューでスコット・カンバーグは数年後となる再結成について次のように語っている。「まだ本当に話し合っているというわけではないんだけどね。でも、結成30周年となる2019年にたぶん何かするかもって話はちょっとしているんだ。だから、こうご期待だよ」

この発言は以下のインタヴューの経過時間の約3分ごろから聴くことができる。

なお、サンフランシスコのザ・チャペルで実現した昨年の共演では、スティーヴン・マルクマスとスコット・カンバーグは“Falling Away”、“Date W/ Ikea”、“Kennel District”、“Summer Babe”を披露している。

昨年の共演時の映像はこちらから。

2015年にはスティーヴン・マルクマスがペイヴメントの他のメンバーからの再結成の誘いを断っていたことが明らかになっている。バンドメイトだったボブ・ナスタノヴィッチは2015年にポッドキャスト「クリエイティブ・コントロール」のインタヴューで、スティーヴン・マルクマスは再結成の誘いに興味を持っていないと明かしている。「その話は浮上しなかったんだよね。企ては失敗だったんだ」とボブ・ナスタノヴィッチは語っている。

関連NEWS

  1. Def Tech

    Def Tech、「Surf Me To The Ocean」が2021ワールドサーフィンゲームス日本代表「NAMINORI JAPAN」公式応援ソングに決定

  2. ローリング・ストーンズ、初のオフィシャル・ポッドキャストがスタート

  3. 映画『ジャスティス・リーグ』のサウンドトラック、12/6に日本盤のリリースが決定

  4. アメリカ

    アメリカ国内で40%以上の人が新しい音楽を聴いているという調査結果が明らかに

  5. Mabel

    MABEL、9月のプロモーション来日時に行われるショーケース・イベント開催

  6. Homeshake

    Homeshake、3月に予定されていた来日公演の振替日程が決定

  7. the pillows 初アナログ盤、再現ツアーで披露2作品を限定販売

  8. 安室奈美恵 ベストアルバムがついに発売、すでにオーダーは100万枚超

  9. Oliver Malcolm

    Oliver Malcolm、ニュー・シングル“The Machine”の音源が公開

  10. 「有吉反省会」出演後にCDが完売、死神バンドことTHE SOUND BEE HDとは?

  11. GraceVanderWaal

    Grace VanderWaal、映画デビュー作『スターガール』の予告編映像が公開

  12. Matador

    Matador、40周年を記念した再発企画のオリジナル・グッズが日本発売されることに

  13. NEW HOPE CLUB

    NEW HOPE CLUB、5月に予定されていた来日公演の振替公演が決定

  14. Nirvana

    Nirvana、3人のメンバーがDave Grohlの娘やBECKと共演

  15. KEN ISHII

    KEN ISHII、DJドセムとのコラボレーション曲を含む2曲の新曲が公開