ボブ・ディラン、『血の轍』のセッションを収録したブートレッグ集第14弾のリリースが決定

ボブ・ディランはブートレッグ・シリーズの第14集となる『モア・ブラッド、モア・トラックス』が完全生産限定デラックス版とスタンダード版で11月2日に世界同時リリースされることが決定している。

本作はボブ・ディランが1974年におこなった重要な6回のレコーディング・セッション、ニューヨークの4日間(9月16、17、18、19日)とミネアポリスの2日間(12月27、30日)を収録したものとなる。このセッションでディランは1975年発売の名作『血の轍(ブラッド・オン・ザ・トラックス)』を完成させている。

『血の轍』は、元々1974年9月にニューヨーク・シティで四日間に渡って録音された。すぐにアルバムはマスタリングされ、テスト盤の配布も始まった。ところがその録音から3ヶ月後、ディランは、アルバムはもっと別のアプローチで作られるべきだと感じ、12月末に収録曲のうちの5曲をミネアポリスのサウンド80スタジオで録音し直している。ニューヨーク・セッションのごく一部は海賊盤業者やコレクターに流出したが、今まで全貌はどんな形でも発表されることはなかった。

スタンダード・エディション(CD1枚)では、オリジナル・アルバムに収録された10曲が、すべてニューヨーク・セッション録音の別バージョンで収録され、“Up to Me”の未発表別テイクも収録される。

デラックス・エディション(完全限定盤/CD6枚組)には、ニューヨーク・セッションのアウトテイク、未完成なども含めたすべてと、ミネアポリスのサウンド80セッションの現存する5曲が録音順にまとめられている。

『モア・ブラッド、モア・トラックス(ブートレッグ・シリーズ第14集)』のライナーノーツにジェフ・スレイトはつぎのように記している。「スタジオのディランはヘッドフォンをつけることさえせずにライヴですばらしい演奏を――彼が録音したなかでも最高の演奏を――次々と録音している。ほかの多くの演奏者たちと違って、サウンドの完成度を高めるためのオーヴァーダブもほとんど施していない。録音された曲のなかには、ディラン――ギターとハーモニカと一連な偉大な曲を携えたひとりのシンガー ――がいて、適切な箇所で聞く者の心を躍らせ、必要な箇所で聞く者の心を打ち砕く……またここに収められた歌と演奏は、僕たちが聞いたどのヴァージョンよりも純粋な状態にある。アルバム『血の轍』制作のとき、ディランはプロデューサーのフィル・ラモーンに命じて、ほとんどのマスターの速度を2パーセントから3パーセント、上げるよう指示した。この方法は、1960年代から70年代にかけて、とくにAMラジオ向けのレコードに頻繁に用いられた。そうすることで曲の勢いが増し、リスナーの気をひきやすいと考えられていたのだ。公式のものも非公式のものも、これまで発表されていたニューヨーク・セッションの曲のほとんどは、ディランの要請によって速度を上げたヴァージョンだった。『モア・ブラッド、モア・トラックス(ブートレッグ・シリーズ第14集)』で初めて、ディランが録音したときのままの形の曲を聞くことができる」

本作からは“If You See Her Say Hello”のテイク1の音源が公開されている。

10月12日(金)までに『モア・ブラッド、モア・トラックス(ブートレッグ・シリーズ第14集)』 デラックス・エディション完全生産限定盤を、ご予約頂いた方には、早期予約特典として『モア・ブラッド、モア・トラックス モア缶バッチコレクション(5個セット)』がプレゼントされるという。

リリースの詳細は以下の通り。

ボブ・ディラン
『モア・ブラッド、モア・トラックス(ブートレッグ・シリーズ第14集)』 
スタンダード・エディション
2018年11 月2日世界同時発売予定
英文完全翻訳掲載のカラー・ブックレット
書下ろし解説・歌詞・対訳付の日本版ブックレット
Blu-Spec CD 2
1枚組(SICP31210 / ¥2,400+税)
1. ブルーにこんがらがって (9/19/74, Take 3, Remake 3)
2. 運命のひとひねり (9/16/74, Take 1)
3. 嵐からの隠れ場所 (9/17/74, Take 2)
4. きみは大きな存在 (9/16/74, Take 2)
5. 雨のバケツ (9/18/74, Take 2, Remake)
6. 彼女にあったら、よろしくと (9/16/74, Take 1)
7. リリー、ローズマリーとハートのジャック (9/16/74, Take 2)
8. 朝に会おう* (9/19/74, Take 1, Remake)
9. 愚かな風 (9/19/74, Take 4, Remake)
10. おれはさびしくなるよ (9/17/74, Take 1, Remake)
11. アップ・トゥ・ミー (9/19/74, Take 2, Remake)
*を除き全て未発表

ボブ・ディラン
『モア・ブラッド、モア・トラックス(ブートレッグ・シリーズ第14集)』 デラックス・エディション完全生産限定盤(6枚組)
2018年11 月2日世界同時発売予定
未発表写真満載の豪華フォト・ブック(輸入)
英文解説ブックレット(輸入)
三方背BOX(輸入)
英文の完全翻訳・書下ろし解説・歌詞・対訳付の日本版ブックレット
Blu-Spec CD 2
6枚組(SICP31211-6 / ¥20,000+税)
DISC 1
A & R Studios, New York
September 16, 1974
1. 彼女にあったら、よろしくと(テイク 1)– solo
2. 彼女にあったら、よろしくと*(テイク2)– solo
3. きみは大きな存在(テイク 1)– solo
4. きみは大きな存在(テイク 2)– solo
5. 運命のひとひねり(テイク 1)– solo
6. 運命のひとひねり(テイク 2)– solo
7. きみは大きな存在(テイク 3)– solo
8. アップ・トゥ・ミー(リハーサル)– solo
9. アップ・トゥ・ミー(テイク 1)– solo
10. リリー、ローズマリーとハートのジャック(テイク 1)– solo
11. リリー、ローズマリーとハートのジャック(テイク 2)– solo

DISC 2
A & R Studios, New York
September 16, 1974
1. 運命のひとひねり(テイク 1A) – with band
2. 運命のひとひねり(テイク 2A) – with band
3. 運命のひとひねり(テイク 3A) – with band
4. コール・レター・ブルース(テイク 1)– with band
5. 朝に会おう*(テイク 1)– with band – edited version included on Blood On The Tracks test pressing and previously released on Blood On The Tracks
6. コール・レター・ブルース*(テイク 2)– with band – previously released on The Bootleg Series, Vols. 1-3: Rare and Unreleased, 1961-1991
7. 愚かな風(テイク 1)– with band
8. 愚かな風(テイク 1、リメイク)– with band
9. 愚かな風(テイク 3、インサート)– with band
10. 愚かな風(テイク 5)– with band
11. 愚かな風(テイク 6)– with band
12. おれはさびしくなるよ(リハーサル、テイク 1)– with band
13. おれはさびしくなるよ(テイク 2)– with band
14. おれはさびしくなるよ(テイク 3)– with band
15. おれはさびしくなるよ(テイク 4)– with band
16. おれはさびしくなるよ(テイク 5)– with band
17. おれはさびしくなるよ(テイク 6)– with band
18. おれはさびしくなるよ(テイク 6、リメイク)– with band
19. おれはさびしくなるよ(テイク 7)– with band
20. おれはさびしくなるよ(テイク 8)– with band

DISC 3
A & R Studios, New York
September 16, 1974
1. ブルーにこんがらがって(テイク 1)– with bass

A & R Studios, New York
September 17, 1974
2. きみは大きな存在(テイク 1、リメイク)– with bass and organ
3. きみは大きな存在*(テイク 2、リメイク)– with bass, organ, and steel guitar –included on Blood On The Tracks test pressing and previously released on Biograph
4. ブルーにこんがらがって(リハーサル)– with bass and organ
5. ブルーにこんがらがって(テイク 2、リメイク)– with bass and organ
6. スペイン語は愛の言葉(テイク 1)– with bass and piano
7. コール・レター・ブルース(リハーサル)– with bass and piano
8. おれはさびしくなるよ(テイク 1、リメイク)– with bass and piano
9. 嵐からの隠れ場所* (テイク 1)– with bass and piano – previously released on the Jerry McGuire original soundtrack
10. 雨のバケツ(テイク 1)– with bass
11. ブルーにこんがらがって(テイク 3、リメイク)– with bass
12. 雨のバケツ(テイク 2)– with bass
13. 嵐からの隠れ場所(テイク 2)– with bass
14. 嵐からの隠れ場所(テイク 3)– with bass
15. 嵐からの隠れ場所*(テイク 4)– with bass – previously released on Blood On The Tracks

DISC 4
A & R Studios, New York
September 17, 1974
1. おれはさびしくなるよ(テイク 1、リメイク 2)– with bass
2. おれはさびしくなるよ*(テイク 2、リメイク 2)– with bass – previously released on Blood On The Tracks

A & R Studios, New York
September 18, 1974
3. 雨のバケツ(テイク 1、リメイク)– solo
4. 雨のバケツ(テイク 2、リメイク)– solo
5. 雨のバケツ(テイク 3、リメイク)– solo
6. 雨のバケツ(テイク 4、リメイク)– solo

A & R Studios, New York
September 19, 1974
7. アップ・トゥ・ミー(テイク 1、リメイク)– with bass
8. アップ・トゥ・ミー(テイク 2、リメイク)– with bass
9. 雨のバケツ(テイク 1、リメイク 2)– with bass
10. 雨のバケツ(テイク 2、リメイク 2)– with bass
11. 雨のバケツ(テイク 3、リメイク 2)– with bass
12. 雨のバケツ*(テイク 4、リメイク 2)– with bass – previously released on Blood On The Tracks
13. 彼女にあったら、よろしくと(テイク 1、リメイク)– with bass – previously included on Blood On The Tracks test pressing
14. アップ・トゥ・ミー(テイク 1、リメイク 2)– with bass
15. アップ・トゥ・ミー(テイク 2、リメイク 2)– with bass
16. アップ・トゥ・ミー(テイク 3、リメイク 2)– with bass
17. 雨のバケツ(リハーサル)– with bass
18. 朝に会おう*(テイク 1、リメイク)– with bass – previously released on the “Duquesne Whistle” 7” single
19. 朝に会おう(テイク 2、リメイク)– with bass
20. 雨のバケツ(テイク 5、リメイク 2)– with bass

DISC 5
A & R Studios, New York
September 19, 1974
1. ブルーにこんがらがって(リハーサル、テイク 1、リメイク 2)– with bass
2. ブルーにこんがらがって(テイク 2、リメイク 2)– with bass
3. ブルーにこんがらがって*(テイク 3、リメイク 2)– with bass – included on Blood On The Tracks test pressing and previously released on The Bootleg Series, Vols. 1-3: Rare and Unreleased, 1961-1991
4. 運命のひとひねり(テイク 2、リメイク)– with bass
5. 運命のひとひねり*(テイク 3、リメイク)– with bass – previously released on Blood On The Tracks
6. アップ・トゥ・ミー(リハーサル、テイク 1、リメイク 3)– with bass
7. アップ・トゥ・ミー*(テイク 2、リメイク 3)– with bass – previously released on Biograph
8. 愚かな風(リハーサル、テイク 1-3、リメイク)– with bass
9. 愚かな風(テイク 4、リメイク)– with bass
10. 愚かな風(テイク 4、リメイク)– with organ overdub – included on Blood On The Tracks test pressing and previously released on The Bootleg Series, Vols. 1-3: Rare and Unreleased, 1961-1991
11. きみは大きな存在(テイク 1、リメイク 2)– with bass
12. 朝に会おう(テイク 1、リメイク 2)– with bass
13. 朝に会おう(テイク 2-3、リメイク 2)– with bass

DISC 6
A & R Studios, New York
September 19, 1974
1. きみは大きな存在(テイク 3-6、リメイク2)– with bass
2. ブルーにこんがらがって(リハーサル、テイク 1-2、リメイク 3)– with bass
3. ブルーにこんがらがって(テイク 3、リメイク 3)– with bass

Sound 80 Studio, Minneapolis, MN
December 27, 1974

4. 愚かな風*– previously released on Blood On The Tracks
5. きみは大きな存在*– previously released on Blood On The Tracks

Sound 80 Studio, Minneapolis, MN
December 30, 1974
6. ブルーにこんがらがって*– previously released on Blood On The Tracks
7. リリー、ローズマリーとハートのジャック*– previously released on Blood On The Tracks
8. 彼女にあったら、よろしくと*– previously released on Blood On The Tracks

関連NEWS

  1. Bob Dylan

    Bob Dylan、4月に予定されていた来日公演が中止に

  2. SoundCloud

    SoundCloud、リスナーがアーティストに直接支払いをできるシステムを採用することに

  3. ラナ・デル・レイ、“White Mustang”のミュージック・ビデオを公開

  4. オンライン・ケルティック・クリスマス

    オンライン・ケルティック・クリスマス、12月12日・13日に配信での開催が決定

  5. 「有吉反省会」出演後にCDが完売、死神バンドことTHE SOUND BEE HDとは?

  6. リンキン・パーク、チェスター・ベニントン追悼の意を込めた“One More Light”のビデオを公開

  7. Corey Taylor

    Corey Taylor、再びホラー映画に出演することが決定

  8. グレース・ヴァンダーウォール、フル・アルバムのリリースを発表&新曲を公開

  9. フー・ファイターズ、最新作のレコーディングでのスタジオ開放主義について語る

  10. Abbey Road Studios

    Abbey Road Studios、90周年を記念したイベントの更なる詳細が発表

  11. gibkiy gibkiy gibkiy 激動の一年を締めくくる年内最後のワンマンを新宿Zircoで開催決定

  12. TWICEが歴代1位に、1stシングル初週売上が20.1万枚

  13. ボブ・ディラン、日本企画による60年代の音源を収録した来日記念ライヴ盤のリリースが決定

  14. Billie Eilish

    Billie Eilish、デビュー・アルバムのリリースに不安を覚えていたことを明かす

  15. Bob Dylan

    Bob Dylan、来日を記念して独自企画盤『日本のシングル集』の発売が決定

  1. Pink Floyd

    Pink Floyd、『驚異』の再発盤の修復度合が分かる比較映像が公開

    2022.01.22

  2. Yard Act

    Yard Act、Elton Johnの「Tiny Dancer」のカヴァーが公開

    2022.01.22

  3. Robert Glasper

    Robert Glasper、キング牧師記念日に米TV番組で2曲のパフォーマンス…

    2022.01.22

  4. Richie Hawtin

    Richie Hawtinが共同開発したワイヤレス・ヘッドフォンの発売が開始

    2022.01.22

  5. Iron Maiden

    Iron MaidenのBruce Dickinson、最新作を全編演奏する計画を語る

    2022.01.22

  6. Every Time I Die

    Every Time I Die、20年以上のキャリアを経て解散することを発表

    2022.01.22

  7. David Bowie

    David Bowie、イギリスで21世紀に最もアナログ盤を売り上げたアーテ…

    2022.01.22

  8. Don Henley

    Steely Dan、EaglesのDon Henleyが「Peg」に参加しかけた逸話が明ら…

    2022.01.22

  9. 『ブラックボックス:音声分析捜査』 本物の音声分析官からこだわっ…

    2022.01.22

  10. Bruce Springsteen

    Bruce Springsteen、全米で2021年に最も収入を上げたミュージシャン…

    2022.01.22

  1. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’22、第1弾出演アーティストを発表

    2022.01.19

  2. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZOを8月に開催

    2022.01.01

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.22 開催決定

    2021.12.24

  4. ルルティモバーチョ

    恵比寿ガーデンホールでのクリスマスイベント“ルルティモバーチョ”…

    2021.10.26

  5. ROCKS FORCHILE 2021

    ROCKS FORCHILE 2021が事前登録制のフリーイベントとして開催、第一…

    2021.10.05

  6. OMNIBUS

    音楽フェス「OMNIBUS」が11月に初開催!11/6に鈴木真海子、ODD Foot…

    2021.09.01

  7. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL、2022年の開催決定

    2021.08.22