オアシス、アイルランドでの再結成ライヴに莫大な金額が提示されていると報道

オアシスは、ダブリンのスレーン・キャッスルでの再結成ライヴを莫大な金額でオファーされていると報じられている。

オアシスが最後にアイルランドで公演を行ったのは2009年の6月となっており、オアシスはそのわずか数ヶ月後に泥沼の解散劇を迎えている。

およそ10年前にバンドが解散して以来、日に日に再結成への需要が高まる中で、アイルランドのプロモーターであるMCDは今回、オアシスの再結成に向けて莫大な金額のオファーを用意していることを明かしている。

「私たちはリアムも招聘していますし、ノエルも招聘しています。リアムは常日頃、いつかオアシスは再結成すると語ってきました」とMCDのオーナーであるデニス・デスモンドは「エクストラ.IE」に語っている。「彼らはスレーンでR.E.M.と共演したこともあります。オファーは常に用意されていますし、それは彼らも知っていることです。金額は毎週上がっています。彼らはそのことも承知しています」

MCDによるオファーの詳細は明らかになっていないものの、ノエル・ギャラガーは以前、2,000万ポンド(約30億円)をもらえればオアシスを再結成するだろうと語っている。

「1公演につき2000万ポンド――それだと相当な稼ぎだよな?」とノエル・ギャラガーは以前『ザ・デイリー・スター』紙に語っている。「でも、まだ誰からもそういったオファーはないよ」

リアム・ギャラガーは先日、ノエル・ギャラガーにオアシスの再結成を持ちかけている。

「ノエルさんよ、よく聞いてくれ。お前が酒を飲めない場所で今回ライヴをやると聞いたんだけどさ。これまでででも最もおかしなことだよな」とリアム・ギャラガーはツイートしている。

「もう許してやるから、ビッグなOを一緒にやって、ドリンクに関するそんなことは止めさせようぜ。俺のおごりだ」

一方で、ノエル・ギャラガーは先日、来年の1月からソロでの新作に取り組み始めることを明かしているほか、ソロでのセカンド・アルバムに取り組んでいるリアム・ギャラガーは先日、ロンドンのユニオン・チャペルで小規模なアコースティック・ライヴを行うことを発表している。

関連NEWS

  1. リンゴ・スター、イギリスのEU離脱についてどんどん進めるべきだと語る

  2. gibkiy gibkiy gibkiy 激動の一年を締めくくる年内最後のワンマンを新宿Zircoで開催決定

  3. 柴咲コウ ベストアルバム2作同時リリース決定、ライブで披露の新曲も初収録

  4. ギブソン、破産を申請したことが明らかに

  5. DURUMMER KAZIによる主催イベント開催

  6. リアム・ギャラガー、オアシスの再結成を断る条件を明かす

  7. ベック、“Up All Night”の日本語字幕入りミュージック・ビデオが公開

  8. RIZE 結成20周年イヤー企画、ファン投票による ”ALL TIME BEST mixed by MIGHTY CROWN” の制作が決定!

  9. シシド・カフカ 配信シングル第2弾はザ・クロマニヨンズ真島昌利が提供

  10. スチュワート・コープランド、エイドリアン・ブリューらのギズモドローム、2018年4月に来日公演が決定

  11. TOOL

    TOOL、5月にアメリカで行う7公演をさらに発表

  12. リンキン・パーク、ファンが制作した“One More Light”のリリック・ビデオを公式公開

  13. 窪田正孝、筧美和子ら出演の愛憎劇「犬猿」主題歌はACIDMAN

  14. アリアナ・グランデ、マンチェスター公演を襲ったテロについて涙ながらに語る

  15. カセットストアデイジャパン2017のアンバサダーに初音ミクが就任! 初音ミクの楽曲から厳選されたオムニバス形式のカセットアルバムもリリース!