オアシス、アイルランドでの再結成ライヴに莫大な金額が提示されていると報道

オアシスは、ダブリンのスレーン・キャッスルでの再結成ライヴを莫大な金額でオファーされていると報じられている。

オアシスが最後にアイルランドで公演を行ったのは2009年の6月となっており、オアシスはそのわずか数ヶ月後に泥沼の解散劇を迎えている。

およそ10年前にバンドが解散して以来、日に日に再結成への需要が高まる中で、アイルランドのプロモーターであるMCDは今回、オアシスの再結成に向けて莫大な金額のオファーを用意していることを明かしている。

「私たちはリアムも招聘していますし、ノエルも招聘しています。リアムは常日頃、いつかオアシスは再結成すると語ってきました」とMCDのオーナーであるデニス・デスモンドは「エクストラ.IE」に語っている。「彼らはスレーンでR.E.M.と共演したこともあります。オファーは常に用意されていますし、それは彼らも知っていることです。金額は毎週上がっています。彼らはそのことも承知しています」

MCDによるオファーの詳細は明らかになっていないものの、ノエル・ギャラガーは以前、2,000万ポンド(約30億円)をもらえればオアシスを再結成するだろうと語っている。

「1公演につき2000万ポンド――それだと相当な稼ぎだよな?」とノエル・ギャラガーは以前『ザ・デイリー・スター』紙に語っている。「でも、まだ誰からもそういったオファーはないよ」

リアム・ギャラガーは先日、ノエル・ギャラガーにオアシスの再結成を持ちかけている。

「ノエルさんよ、よく聞いてくれ。お前が酒を飲めない場所で今回ライヴをやると聞いたんだけどさ。これまでででも最もおかしなことだよな」とリアム・ギャラガーはツイートしている。

「もう許してやるから、ビッグなOを一緒にやって、ドリンクに関するそんなことは止めさせようぜ。俺のおごりだ」

一方で、ノエル・ギャラガーは先日、来年の1月からソロでの新作に取り組み始めることを明かしているほか、ソロでのセカンド・アルバムに取り組んでいるリアム・ギャラガーは先日、ロンドンのユニオン・チャペルで小規模なアコースティック・ライヴを行うことを発表している。

RECOMMEND NEWS

  1. リアム・ギャラガー、オアシスの最初の3作を全編演奏したいと語る

  2. 安室奈美恵と過ごす最後のクリスマス セブン-イレブン新CM開始

  3. ザ・フラテリス、2018年3月に新作をリリースすることを発表&新曲を公開

  4. VAMPS ”籠城型ツアー”の集大成を映像化

  5. マリリン・マンソン、ジャスティン・ビーバーを「馴れ馴れしい野郎」と批判

  6. フレンドリー・ファイアーズ、再始動を匂わせる動画を公開

  7. TWICEが歴代1位に、1stシングル初週売上が20.1万枚

  8. ベル・アンド・セバスチャン、3枚のEPを3ヶ月連続でリリースすることを発表&新曲を公開

  9. ビョーク、ニュー・アルバム『ユートピア』の日本盤の世界同時発売が決定

  10. U2、新曲を公開してニュー・アルバムの詳細を正式発表

  11. ポール・マッカートニーによるファッツ・ドミノへの追悼文の全文訳を掲載

  12. Superfly「ドクターX」主題歌がドラマとともに好調なスタート

  13. 本日バンド結成28周年!the pillows ライブ映像作品リリース決定、特典映像は“きき茶”

  14. リアム・ギャラガー、兄のノエルと再会することになったことを明かす

  15. シガレッツ・アフター・セックス、11月に東京1夜限りの来日公演が決定