オアシス、アイルランドでの再結成ライヴに莫大な金額が提示されていると報道

オアシスは、ダブリンのスレーン・キャッスルでの再結成ライヴを莫大な金額でオファーされていると報じられている。

オアシスが最後にアイルランドで公演を行ったのは2009年の6月となっており、オアシスはそのわずか数ヶ月後に泥沼の解散劇を迎えている。

およそ10年前にバンドが解散して以来、日に日に再結成への需要が高まる中で、アイルランドのプロモーターであるMCDは今回、オアシスの再結成に向けて莫大な金額のオファーを用意していることを明かしている。

「私たちはリアムも招聘していますし、ノエルも招聘しています。リアムは常日頃、いつかオアシスは再結成すると語ってきました」とMCDのオーナーであるデニス・デスモンドは「エクストラ.IE」に語っている。「彼らはスレーンでR.E.M.と共演したこともあります。オファーは常に用意されていますし、それは彼らも知っていることです。金額は毎週上がっています。彼らはそのことも承知しています」

MCDによるオファーの詳細は明らかになっていないものの、ノエル・ギャラガーは以前、2,000万ポンド(約30億円)をもらえればオアシスを再結成するだろうと語っている。

「1公演につき2000万ポンド――それだと相当な稼ぎだよな?」とノエル・ギャラガーは以前『ザ・デイリー・スター』紙に語っている。「でも、まだ誰からもそういったオファーはないよ」

リアム・ギャラガーは先日、ノエル・ギャラガーにオアシスの再結成を持ちかけている。

「ノエルさんよ、よく聞いてくれ。お前が酒を飲めない場所で今回ライヴをやると聞いたんだけどさ。これまでででも最もおかしなことだよな」とリアム・ギャラガーはツイートしている。

「もう許してやるから、ビッグなOを一緒にやって、ドリンクに関するそんなことは止めさせようぜ。俺のおごりだ」

一方で、ノエル・ギャラガーは先日、来年の1月からソロでの新作に取り組み始めることを明かしているほか、ソロでのセカンド・アルバムに取り組んでいるリアム・ギャラガーは先日、ロンドンのユニオン・チャペルで小規模なアコースティック・ライヴを行うことを発表している。

RECOMMEND NEWS

  1. GREENROOM FESTIVAL’18、開催が決定。第1弾アーティストが発表に

  2. ノエル・ギャラガー、オアシスの最盛期は自分がすべてを掌握していたからと語る

  3. コーン、2018年3月に来日公演が決定

  4. ゼッド、2018年3月に来日公演が決定

  5. ビートルズ、クリスマス・ボックスなど12/15に発売される3つのリリースが発表に

  6. アジア中のトラディショナル音楽と食とアートの秋祭! 新宿 ONE ASIA 文化祭 初開催

  7. リンキン・パーク、チェスター・ベニントン追悼の意を込めた“One More Light”のビデオを公開

  8. リバティーンズ、ホテル兼スタジオを計画している不動産を無事購入したことが明らかに

  9. ウィーザー、新作より新曲“Weekend Woman”を公開

  10. BAROQUE、12月東名阪仙4都市ツアーイープラス2次先行受付開始!

  11. キラーズのブランドン・フラワーズ、モリッシーの前で「馬鹿をしでかした」経験を明かす

  12. タラ・ジェイン・オニール、11月に来日公演を行うことが決定

  13. ノエル・ギャラガー、初週で全英1位を獲得もリアム・ギャラガーの売上に届かず

  14. セイント・ヴィンセント、最新シングル“Los Ageless”のミュージック・ビデオを公開

  15. ビートルズ、“What Goes On”の貴重なデモ音源がオークションに