PUFFY ちびまる子ちゃん新エンディング曲は「笑ってしまい歌えない」

毎週日曜夕方6時より全国FNS系列で放送中のアニメ「」の新エンディング主題歌を、(大貫亜美、吉村由美)が担当することが発表された。 PUFFY_2017_main_s エンディング主題歌のタイトルは『すすめナンセンス』、10月8日放送分からオンエアーされる(一部地域を除く)。この『すすめナンセンス』は、の主題歌として老若男女誰からも愛される『おどるポンポコリン』と同じく、作詞を「」の原作者さくらももこ、作曲を織田哲郎が担当。タイトル通りのナンセンスかつコミカルな世界を、が歌っている。 完成したエンディング主題歌のアニメーション映像には、はじめ、お馴染みのキャラクターが登場する中、アニメで描かれたも登場し、ストーリーを盛り上げている。 < コメント> まさか自分達が、のエンディング主題歌を歌うことになるなんて。 そしてそのまさかが現実にやってくる日がくるなんて。 摩訶不思議な歌詞には相当のことがない限りは驚かないですが、 今回は摩訶不思議+笑ってしまい歌えないというパンチありすぎの歌詞。 こんな歌詞を歌えるのは、以外いないんじゃないでしょうか、と我ながら思いました。 そして最高に楽しい作品になりました。 (大貫亜美・吉村由美) <さくらももこ コメント> 久しぶりに、ものすごくナンセンスな歌が作りたいと思ったんです。ナンセンスな歌といえば私にとって織田哲郎さんなんです。『おどるポンポコリン』と『走れ正直者』以来の、織田哲郎&さくらももこナンセンスワールドを作りたいと思ったとき、パッとが浮かんだのです。本当にとても愉快な歌ができました。こんなに面白い創作ができて喜びでいっぱいです。 <織田哲郎 コメント> の二人と初めて会ったのはもう20年以上も前なのに二人の変わってなさったら何なの。びっくり。そして二人が歌い始めた途端にそこはすっかり心地よいワールド。さくらももこさんの独特の世界感が色に広がってとても素敵な作品に仕上がったと思います。 (C)さくらプロダクション/日本アニメーション

関連NEWS

  1. KEN ISHII

    KEN ISHII、13年ぶりとなる新作の詳細が明らかに&Jeff Millsとのコラボ曲も収録

  2. テイラー・スウィフト、最新ビデオで過去の自分と取っ組み合う場面の舞台裏映像を公開

  3. ベック、新作より“Colors”のミュージック・ビデオが公開に

  4. Ke$Ha

    Ke$Ha、ニュー・アルバムの詳細を発表して新曲“Raising Hell”を公開

  5. 100 CLUB

    NMEと100 CLUBによるSXSWの延期を受けてのショーケース・イベントが延期に

  6. THE YELLOW MONKEY、約17年ぶりの東京ドーム公演 二日間で10万人を魅了!

  7. BarackObama

    Barack Obama元大統領夫妻、2019年夏のプレイリストを公開

  8. Daniel Ek

    Spotifyの創業者のDaniel Ek、アーセナルの買収資金を確保したと語る

  9. 10-FEET

    10-FEET、約2年ぶりのシングル「ハローフィクサー」7/24(水)発売

  10. リバティーンズ、9/22に予定されていたブラックプール公演を延期することを発表

  11. YUKI ソロデビュー15周年第二弾シングルMV公開、本人以外がフルCGに

  12. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、アレクサ・チャンと復縁か

  13. SUGIZO 『ONENESS M』発売記念トークセッション開催

  14. エミネム、『カミカゼ』と“Killshot”で今年2つの記録を作っていることが明らかに

  15. シシド・カフカ 3ヶ月連続リリース第1弾は横山剣とのデュエット