トム・ペティ、生死の淵にあると報じられる

GETTY

Photo: GETTY

トム・ペティは亡くなったという報道があったが、あらためて今なお生存していると報じられている。様々なメディアの報道によって情報が錯綜したが、最新の報道ではトム・ペティは「生に踏みとどまっている」ものの「1日ももたないと見られている」という。 「TMZ」は現地時間10月1日にトム・ペティがカリフォルニア州マリブの自宅で意識不明の状態で発見され、UCLAサンタ・モニカ病院に搬送されたと最初に報じている。報道によれば、トム・ペティは「呼吸をしておらず、心肺停止の状態」だっという。 トム・ペティは生命維持の措置を受けており、容態は「生死の淵」にあるという。「TMZ」はさらに「トム・ペティは病院に到着した後、脳の活動が見られず、生命維持の措置を受ける決定がなされた」と報じている。しかし、トム・ペティの訃報については「誤り」だとし、「生に踏みとどまっている」ものの「1日ももたないと見られている」という。 「CBSニュース」はロサンゼルス警察がトム・ペティの訃報を認めたと報じたが、ロサンゼルス警察は声明を発表し、「ロサンゼルス警察はシンガーのトム・ペティの訃報について一切の情報を持っていません。最初の報道はいくつかのメディア筋によって過って提供されたものです」と述べている。「CBSニュース」も最初の報道を撤回している。 トム・ペティは66歳を迎えており、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのリード・シンガーであるほか、ボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共にトラヴェリング・ウィルベリーズを結成している。 トム・ペティはザ・ハートブレイカーズを1976年に結成し、同年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。同作には名曲“American Girl”が収録されている。大きなブレイクを果たしたのは1979年発表の『破壊(Damn The Torpedoes)』で、最新作は2014年発表の通算13作目『ヒプノティック・アイ』となっている。 トム・ペティは先日バンドの40周年記念ツアーを終えている。ツアーの最終公演は9月22日にハリウッド・ボウルで開催されている。

関連NEWS

  1. Daniel Ek

    Spotifyの共同創業者のDaniel Ek、アーセナルの買収に依然興味があることが明らかに

  2. Daniel Johnston

    Johnston、追悼のために壁画に数々のファンが集まっていることが明らかに

  3. KEN ISHII

    KEN ISHII、DJドセムとのコラボレーション曲を含む2曲の新曲が公開

  4. グーグル、Google Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表

  5. GLAY『聖者のいない町』がドラマ「マクガイバー」ED曲に決定

  6. ジャスティン・ビーバー、『パーパス』ツアーのグッズがZOZOTOWN限定企画で販売

  7. JuiceWrld

    Juice WRLD、新曲“Run”の音源が公開

  8. ファーギー、ニッキー・ミナージュ参加の“You Already Know”のビデオを公開

  9. Celeste

    BBC Sound of 2020、今年の優勝者が明らかに

  10. Jayda G

    Jayda G、7月リリースのシングルより新曲“Both Of Us”のMV公開

  11. 橋本梨菜 24歳バースデーに魅せたこんがり美巨乳の絶品スタイル

  12. モリッシー、初めてのツイートを行う

  13. ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる

  14. NEWS

    アメリカのアルバム・セールス、新型コロナウイルスの影響で50年以上ぶりの低水準に

  15. NHK紅白歌合戦

    「NHK紅白歌合戦」全出場歌手の曲順発表