ノエル・ギャラガー、オアシスのロックの殿堂入りについて自身の見解を明かす

GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはオアシスがロックの殿堂に招待されても出席しないだろうとしている。

オアシスはデビュー・アルバム『ディフィにトリー・メイビー』から25年を迎える2019年にロックの殿堂入りの資格を得ることになる。通常、ロックの殿堂入りを果たしたバンドは式典でパフォーマンスを行っている。

「ETカナダ」によれば、ノエル・ギャラガーは現地時間9月28日にロサンゼルスのキャピトル・レコーズ・スタジオで新作『フー・ビルト・ザ・ムーン?』のプロモーションを行ったとのことで、その場でロックの殿堂側から既に連絡は受けているものの、「実現はしないだろう」と語ったという。

オアシスがロックの殿堂入りに値すると思うかについて訊かれると、ノエル・ギャラガーは「まあ、そりゃ値すると思うよ」と答えている。

ここ数ヶ月にわたってノエル・ギャラガーと弟のリアム・ギャラガーによる口論は落ち着く気配を見せていない。

リアム・ギャラガーは先日、ツイッターで兄のノエル・ギャラガーのアメリカ・ツアーのチケット価格を批判している。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「アメリカでうちの奴に会うのに350ドルかかるとさ。なんて最低な野郎かね。一体いつになったら終わんだろ」

リアム・ギャラガーは先日、オアシス解散に関する「唯一の後悔」について兄のノエル・ギャラガーが「チンポ野郎になった」ことだと語っている。

「オアシス解散に関して俺が謝るべきことは何もないんだよ」とリアム・ギャラガーは英『ビッグ・イシュー』誌に明かしている。「俺がやったことじゃない。全部ノエルさ。そういうカードが配られたから、先に進んだだけでね。まあ、バンドが恋しいよな。あいつらとやってたことが恋しいよね」

リアム・ギャラガーはさらに次のように続けている。「唯一後悔があるとすれば、ノエルがチンポ野郎になっちまったことだな。自惚れて『ザ・サン』紙を楽屋に連れてきたりとかさ。他のことは、みじんも後悔してないよ。みんな、俺たちの言ってることは分かってくれてると思うし、俺たちは元いた場所に戻るのにこびへつらうようなことはしないからね。全部よかったんだよ」

関連NEWS

  1. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、今後の活動予定について語る

  2. ワイト島フェスティバル、2019年のヘッドライナーが発表に

  3. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、oasisの再結成をめぐってNoel Gallagherの妻を改めて批判

  4. プリンス、幻のアナログ盤に約220万円の値がつけられることに

  5. ノエル・ギャラガー、“Live Forever”がイギリス史上最高の楽曲に選ばれたことにコメント

  6. ベルセバのスチュアート・マードック、ノエルによる90年代のほうが自由だったという意見に反論

  7. U2、マーヴィン・ゲイの“What’s Going On”のカヴァー音源をスポティファイで公開

  8. Zara Larsson

    Zara Larsson、2019年第1弾シングル“Don’t Worry Bout Me”の音源が公開

  9. XL

    XL Recordingsのリチャード・ラッセル、EVERYTHING IS RECORDEDより新曲が公開

  10. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、Noel Gallagherはミッドライフ・クライシスを迎えていると語る

  11. The Waterboys

    The Waterboys、4月に予定されていた来日公演が中止に

  12. ノエル・ギャラガー、“It’s A Beautiful World”のリミックスEPをオンラインで公開

  13. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、新型コロナウイルスが収束したらoasisを再結成したいと再び呼びかける

  14. 坂本龍一 ドキュメンタリー「Ryuichi Sakamoto: CODA」で東京国際映画祭の第4回SAMURAI賞を受賞。”音で感じられる映画であって欲しい”

  15. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、新曲“Blue Moon Rising”を本日リリース