ウッドストック50周年を記念した公式フェスティバル、ウッドストック50の開催が決定

1969年のウッドストック・フェスティバルの主催者は50周年を記念したオフィシャル・フェスティバルを計画していることを発表している。

ウッドストック・フェスティバルはニューヨーク州ベセルで1969年の8月15日から18日にわたって開催され、40万人が訪れたとされており、長きにわたって音楽史における伝説的なフェスティバルとされている。フェスティバルではジミ・ヘンドリックス、ザ・フー、ジャニス・ジョプリン、スライ&ザ・ファミリー・ストーンなどが、有名なステージを繰り広げた。

オリジナルのウッドストック・フェスティバルの共同主催者にして共同プロデューサーであるマイケル・ラングは現地時間1月9日に今回開催される50周年を記念したフェスティバルを計画していることを発表し、「1969年のフェスティバルに対する唯一の公認の記念イベント」になるとしている。

ウッドストック・ミュージック&アーツ・フェア2019と題された、この3日間のイベントはベセルよりもニューヨーク州北部となるワトキンス・グレンの100エイカーの土地で、8月16日から18日にわたって開催される。フェスティバルにはロック、ヒップホップ、カントリーの大スターや注目株など、60を超えるアーティストが3つのステージに出演する予定だという。第1弾アーティストは来月発表される予定となっている。

View this post on Instagram

The bird of peace is back #Woodstock50☮❤🎵

Woodstockさん(@woodstock)がシェアした投稿 –

「憶測を終わりにして、正式にウッドストック50を発表する時は来ました」とマイケル・ラングはプレス・リリースで述べている。「1969年のオリジナルのフェスティバルは、公民権運動、女性の権利、反戦運動といった闘わずにはいられなかった問題に対する当時の若者からのリアクションであり、私たちのミッションはラヴ&ピースと音楽を共有しようというものでした」

「現在もこの国には似たような断絶があり、そして、我々が学んだことは音楽には人々を団結させる力があるということです。なので、今こそウッドストックの精神を甦らせ、参加し、我々の声を上げる時なのです」

『ニューヨーク・タイムズ』紙にマイケル・ラングはウッドストック50にとって改革運動こそが最重要事項になってほしいという自身の希望を語っている。「単にコンサートが行われる以上のことにしたいのです。そして、人々が立ち上がり、声を上げ、投票へと向かわせるこの試みに多くのバンドが参加してくれることを願っています。もし自分の感じていることを体現してくれる候補者がいないのであれば、そうした人物を探す、ないしは、自分自身が出馬してほしいのです」

プレス・リリースによれば、1月末には18歳から25歳の大学生を対象とした限定数の早割チケットが発売されるという。100000万枚を超えるチケットの一般発売については今後数週間のうちに発表される予定となっている。

なお、オリジナルのウッドストックが開催された現地ベセルではベセル・ウッズ・ミュージック・アンド・カルチャー・フェスティバルというフェスティバルが同日に開催されることも先日発表されている。

関連NEWS

  1. レディング&リーズ・フェスティバル、2018年の第2弾ラインナップを発表

  2. DOWNLOAD JAPAN 2020

    DOWNLOAD JAPAN 2020、フェスに出演するバンドのメンバーを募集

  3. LOVE LOVE LOVE 15周年企画 野外キャンプフェスイベント開催

  4. コーチェラ・フェスティバル、2019年の開催日程が明らかに

  5. CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL 2019 出演アーティスト第2弾発表

    CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL 2019 出演アーティスト第2弾発表

  6. Reading and Leeds Festivals

    Reading and Leeds Festivals、会場で体調を崩した男性が亡くなったことが明らかに

  7. MUTEK.JP 2020

    MUTEK.JP 2020、追加出演アーティストが発表

  8. MUTEK.JP 2019

    MUTEK.JP 2019、追加出演ラインナップが発表に

  9. Gilroy Garlic Festival

    Gilroy Garlic Festivalで起きた銃乱射事件で3人が死亡して15人が負傷

  10. レッチリ、ゴリラズら、明日10/7午前4時よりオースティン・シティ・リミッツの模様が生中継

  11. レディング&リーズ・フェスティバル、2018年の第1弾ラインナップを発表

  12. roskilde

    roskilde festival、2019年のラインナップが発表に

  13. Reading and Leeds Festivals

    Reading and Leeds Festivals、2021年に出演する6組のヘッドライナーを発表

  14. Glastonbury Festival

    Glastonbury Festivalの法務顧問、現時点では来年6月に開催予定だと語る

  15. KNOTFEST JAPAN

    KNOTFEST JAPAN2020振替公演、Triviumの出演が決定

  1. yonawo

    yonawo、祈りと希望・決意を込めた2021年最初の配信シングル「ごき…

    2021.01.22

  2. Cibo MattoのMiho Hatori

    Cibo MattoのMiho Hatori、新作より「Tokyo Story」のMV公開

    2021.01.22

  3. THE YELLOW MONKEY、3月10日にリリースするドームツアーコンプリー…

    2021.01.22

  4. 向井太一

    向井太一、1月20日にリリースした新曲『Love Is Life』のMVを公開

    2021.01.22

  5. Danz CM

    Computer MagicがDanz CMと改名、「Danz CM」名義でのファースト・…

    2021.01.22

  6. Bruce Springsteen

    Bruce Springsteen、ジョー・バイデン大統領就任に伴う特番のパフォ…

    2021.01.22

  7. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、自分たちのチョコレート・バーを販売すること…

    2021.01.22

  8. BABYMETAL

    BABYMETAL、日本武道館公演PREMIUM EDITIONを全国各地の映画館で一…

    2021.01.22

  9. Red Hot Chili Peppers

    Red Hot Chili Peppersや布袋寅泰ら、Gang Of Fourのトリビュート作…

    2021.01.22

  10. 大橋トリオ

    大橋トリオ「ohashiTrio HALL TOUR 2020~This is music too~」大…

    2021.01.22

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  5. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14