X JAPAN 創刊229年「ロンドン・タイムズ」表紙に 日本バンドで初

が、 現地13日付のロンドン・タイムズ(The Times)の表紙面で紹介されている。 英国で1788年に創刊された世界最古の新聞媒体と言われている本紙で、 日本のバンドが表紙に登場するのは、 この229年ある歴史の中で初の事となった。

プレスリリース画像

記事のタイトルは
“The world’s unluckiest band: the bizarre story of
直訳すると、 「世界一不幸なバンド: 奇妙なの物語」。 一見おかしな書かれ方に思うが、 その記事の内容はとても興味深い物になっている。

“Formed in 1982 by the drummer and composer Yoshiki (Hayashi), have the grandiosity of Queen, the heavy-metal hysteria of Iron Maiden and the symphonic sophistication of classical music, all tied up with a healthy dose of melodrama…Yoshiki’s plan to turn into a global phenomenon doesn’t seem so far-fetched” – The Times Friday 13th October 2017

1982年に結成され、 ドラマー・コンポーザーYOSHIKIが率いるバンドは、 QUEENに加え、 Iron Maidenのヘヴィメタ・ヒステリア、 洗練されたクラシック音楽のシンフォニーを融合させたような壮大さの中に十分なメロドラマがある。 を世界的現象にしたいというYOSHIKIの計画は、 そう遠くない未来まで来ているようだ。

冒頭、上記の書き出しから、以降YOSHIKIの幼少期、Kiss, David Bowie, Led Zeppelin, Sex Pistolsとの出会いからロックの道へ。 さらにバンドの解散と復活、メンバーの死など、その後起こる数々のドラマをかなり深いところまでの歴史として掘り下げ、読者に紹介している。

現在、のドキュメンタリー映画「WE ARE X」の公開がヨーロッパ各地で始まっており、 YOSHIKIはヨーロッパ各国を訪れ、 精力的にプロモーションツアーを行っている。

毎日数十媒体もの現地メディアの取材を受ける日々が続いており、 の注目度の高さがうかがえる。 また主要都市の劇場で行われているプレミア上映会では、YOSHIKIが登壇しQ&Aが行われるなど、 各地の映画館は欧州中の熱狂的なファンで溢れかえっている。 映画の中にも出てくる、一度は遠ざかったかに見えた「世界への挑戦」。 しかし今、 は確実に世界に向かって前進している。

関連NEWS

  1. リアム・ギャラガー、初めて買ったレコードについて語る

  2. ボブ・ディラン、『血の轍』のセッションを収録したブートレッグ集第14弾のリリースが決定

  3. フレディ・マーキュリーの伝記映画、マイク・マイヤーズが出演交渉中と報道

  4. ミュー、約30分に及ぶスタジオ・ライヴ映像が公開

  5. YOSHIKI プロデュース宣言!? “Xポーズ”ならぬ“Sポーズ”を披露

  6. アンダーワールド、代表曲を起用したプラネタリウム作品の上映が決定

  7. ビョーク、新作『ユートピア』からの新曲“Blissing Me”を公開

  8. エアロスミス、スティーヴン・タイラーの病気のために南米ツアーをキャンセル

  9. デヴィッド・ボウイ、“Starman”の歌詞の下書きがオークションに出品されることに

  10. 安室奈美恵 J-WAVE「TOKIO HOT 100」に生出演決定

  11. マリリン・マンソン、ジャスティン・ビーバーを「馴れ馴れしい野郎」と批判

  12. マリリン・マンソン、テキサス州銃乱射事件を受けてマシンガンを使った自身の演出について声明

  13. ビースティ・ボーイズ、ゲームのトレイラー映像に自身の楽曲の使用を許可したことが話題に

  14. ももクロ百田夏菜子初ソロ主題歌、山寺宏一とデュエット

  15. LUNA SEA 新曲MVはシンプルゆえに際立つ存在感