仲井戸”CHABO”麗市、ザ・クロマニヨンズ、桜井和寿(Mr.Children)、斉藤和義、ゆずなど豪華アーティスト参加!三宅伸治デビュー30周年トリビュートアルバムの発売が決定!

80年代後半、MOJOCLUBでセンセーショナルなステージパフォーマンスでファンを魅了し、その後も忌野清志郎や山崎まさよしらとユニットを組むなど、現在も尚、各ミュージシャンからリスペクトを受け続けている三宅伸治のデビュー30周年をお祝いするトリビュートアルバム「ソングライター」が12月20日に発売されることが決定した。

気になる内容だが、三宅伸治のデビュー30周年を記念し、彼の30年間の軌跡である楽曲の数々、MOJO CLUB、THE TIMERS、忌野清志郎氏との共作やソロ活動で発表してきた楽曲たちを彼と親交のあるアーティストがカバーする初のトリビュートアルバムになる。
三宅伸治のまさに「ソングライター」としての魅力が存分に伝わるアルバムとなったようだ。

参加アーティストは、「仲井戸〝CHABO”麗市」、「ザ・クロマニヨンズ」「桜井和寿(Mr.Children)」「斉藤和義」「ゆず」など豪華アーティストに加え、彼のプロデュースするイベントなどでも共演した「大竹しのぶ」「石塚英彦」などジャンルを超えたメンバーとなっている。

これは聴かずにはいられない超豪華トリビュートアルバムの完成となったようだ。

<アルバム参加アーティスト> (敬称略•50音順)
鮎川誠(シーナ&ザ•ロケッツ)、有山じゅんじ、石塚英彦、伊東ミキオ、ウルフルケイスケ
横道坊主、大竹しのぶ、大西ユカリ、押尾コータロー、オーバーオールズ、金子マリ、
木村充揮、KenKen(RIZE)、斉藤和義、ザ•クロマニヨンズ、桜井和寿(Mr.Children),
SODA !浅野忠信、ズクナシ、高木克、竹原ピストル、TOSHI-LOW (BRAHMAN/OAU)、
友部正人、仲井戸”CHABO”麗市、中村耕一、ナタデココ(西慎嗣&岡本定義)
間慎太郎、花田裕之、BEGIN、フラワーカンパニーズ、暴動(宮藤官九郎)、山崎まさよし、
ゆず、ヨモギ(はせがわかおり×本夛マキ)、amour. Pastel Clock. MAKOTO(JABBERLOOP)
(全36組予定)

<収録曲>
JUMP /たたえる歌 / 何にもなかった日 / Forever Young /君が降りてきた夏/土木作業員ブルース/雑踏/約束/涙のプリンセス/ソングライター/プライベート/奇妙な世界/
くさっちまうぜ/BACKしよう/ガマン/SAD SONG /ためらいの谷間/淋しい人/
平気/真夜中/BACK DOORから/ひとつづきの夢/フェニックスハネムーン/
今夜あたり/HARD TIMES /タ立ち/ちぐはぐ/やぁ~ /おめでとう/わからなくなったよ

詳細は、後日発表予定。
【三宅伸治コメント】
今回、たくさんの人に助けてもらった。
ほんとに、素晴らしいトラックばかり。
無人島に持って行くなら、俺は断然このアルバムにすることにした。
皆さん、本当にありがとうございました。
これからもがんばって音楽をやっていきます。
                      2017 秋 三宅伸治

【CD情報】
発売日:2017年12月20日(水)リリース
アーティスト:三宅伸治
タイトル:三宅伸治デビュー30周年トリビュートアルバム「ソングライター」
収録:30曲入り2枚組アルバム予定
品番:TKCA-74606
金額:¥4,200 (税込)
発売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ

【ライブ情報】
12/23(土) 大阪 なんばHatchにてトリビュートライブ実施『三宅伸治30周年 祝!大宴夜 in 大阪』

※詳細は下記をご参照下さい。
【レーベルサイト】
http://www.tkma.co.jp/compi_detail/miyakeshinji-tribute.html

【三宅伸治オフィシャルホームページ】
http://miyake-shinji.com/

【三宅伸治プロフィール】
⽣年⽉⽇:1961年3⽉8⽇ ⾎液型:A型
ブルースやソウルに根ざしたロックンロールを歩み続けるヴォーカリスト/ギタリスト。
1987 年に「BACK しよう」(MOJOCLUB)でデビュー。1989年東芝EMI よりメジャーデビュー。
同時期、覆⾯バンドタイマーズとしても活動する。MOJOCLUB 活動休⽌後はソロ活動を開始、全国各地で精⼒的にライブを⾏う。忌野清志郎をはじめ、仲井⼾“CHABO” 麗市、⽯⽥⻑⽣、⽊村充揮、有⼭じゅんじ、友部正⼈、⼭崎まさよし、ウルフルケイスケなど、様々なアーティストとユニットを組んでライブ活動を⾏ったり、数多くのセッションでイベントなどに参加。また忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUEDAY HORNS のバンマスとして活動し、清志郎⽒との共作で楽曲も多く⼿掛けた。
2012年から⾏われている出⾝地宮崎での⼝蹄疫からの再⽣・復活を⽬的としたイベント「希望と太陽のロックフェス」や2010年から毎年⾏われている
「感謝の⽇」などイベントのプロデュースも⼿掛ける。近年では⽯塚英彦や中村耕⼀、ズクナシなど様々なアーティストのプロデュースも⾏う。弾き語りからバンドスタイルと独⾃のロックンロール道を突き進むソロ活動は、北は北海道から南は九州・沖縄まで年間180本にも及ぶライブを⾏い、その勢いから⽬が離せない。

RECOMMEND NEWS

  1. 松たか子 NHK朝ドラ主題歌で8年ぶりシングル発売

  2. スカパラ 走行中の都営大江戸線でシークレットライブ

  3. リアム・ギャラガー、ブリットポップという言葉が「嫌い」で「侮辱的」と語る

  4. 星野源が”前科者”役で挑んだ主演ドラマ「プラージュ」が映像化

  5. ジミー・ペイジ、レッド・ツェッペリン結成50周年の2018年は驚くべきことが起こると語る

  6. 映画「WE ARE X」がANA国際線の全機内モニターで上映開始

  7. ニール・ヤング、50年以上に及ぶキャリアを網羅した音源をオンラインで無料にて公開

  8. globe 2010年発表のベストアルバムがチャート4位に急上昇

  9. リアム・ギャラガー、ノエルとは休戦したもののオアシスの再結成はないと語ったと報道

  10. 金爆 樽美酒がフットサルを始めた理由は「SASUKE」

  11. 映画『ジャスティス・リーグ』のサウンドトラック、12/6に日本盤のリリースが決定

  12. 宇多田ヒカル「もっとベーシックに戻って」制作した最新曲MV

  13. ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグ、バンドの新作について更に語る

  14. ウィーザー、10月リリースの新作より新曲“Beach Boys”の音源を公開

  15. LUNA SEA Xmas公演はメンバー全員が楽器電源を水素エネルギーから供給