Blink 182のマークとオール・タイム・ロウのアレックスが新バンドを結成&新曲が公開

Blink 182

ブリンク182のマーク・ホッパスはオール・タイム・ロウのアレックス・ガスカースと共に新たなバンド、シンプル・クリーチャーズを結成している。

マーク・ホッパスとアレックス・ガスカースは現地時間1月24日にシンプル・クリーチャーズを結成したことを発表して、ファースト・シングルとなる“Drug”のリリック・ビデオが公開されている。また、3月にはEPがリリースされることも明らかになっている。

マーク・ホッパスは『ケラング!』誌とのインタヴューの中で“Drug”を親しい友人らに聴かせた時に反応がよかったことから、同曲をファースト・シングルとしてリリースすることに決めたことを明かしている。

“Drug”のリリック・ビデオはこちらから。

「“Drug”はシンプル・クリーチャーズを誰かに紹介する時に最初に演奏している曲でね。ファースト・シングルになって当然なんだ」とマーク・ホッパスは語っている。

「みすぼらしいギターのリードが強烈なドラムキックと混じり合っているっていう部分が気に入っていてね。歌詞ついて言えば、愛するものに破壊されることについて歌われているんだ」

アレックス・ガスカースは次のように続けている。「“Drug”は自分が最も求める人や物について歌われている。その人に悪影響を与えるようなものについてね……しばらくは心地のいいものだけど、次第に止められなくなっていくんだ」

「スタジオに入ってすぐ、シンプル・クリーチャーズを最もよく表しているのはこの曲なんじゃないかっていうことを思ってね。リアルで薄汚れた、俺たちのこれまでの音楽性に根付いた曲でありながらも、これまでの作品とは違う地点に連れていってくれるような要素が入っているんだ」

シンプル・クリーチャーズの結成を発表したマーク・ホッパスだが、ブリンク182を後回しにすることはなさそうだ。ブリンク182は先日、ザ・チェインスモーカーズと新曲をレコーディングしたことが明らかになっている。

ザ・チェインスモーカーズはツイッターに次のように綴っている。「ブリンク182とセッションして、素晴らしい曲を作ったんだ。今、死んでもいいくらい幸せだよ」

関連NEWS

  1. Blink-and-the-Chainsmokers-720x462

    The Chainsmokers、Blink 182と新曲をレコーディングしたことが明らかに

  2. ブリンク182、3曲のパフォーマンス映像が公開

  3. Youngblood

    Youngblood、Halseyとのコラボレーションとなる新曲“11 Minutes”が公開